BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

  • HOME
  • >
  • 教えて暗号資産
  • >
  • 仮想通貨(暗号資産)NIDTとは?特徴や将来性を徹底解説【Nippon Idol Token/日本アイドルトークン】
仮想通貨(暗号資産)NIDTとは?特徴や将来性を徹底解説【Nippon Idol Token/日本アイドルトークン】

仮想通貨(暗号資産)NIDTとは?特徴や将来性を徹底解説【Nippon Idol Token/日本アイドルトークン】

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

仮想通貨(暗号資産)NIDTとは?特徴や将来性を徹底解説【Nippon Idol Token/日本アイドルトークン】

NIDT(Nippon Idol Token/日本アイドルトークン、以下NIDT)は株式会社オーバースが推進する新規アイドル創造プロジェクト『IDOL3.0 PROJECT』内のエコシステム「経済圏」で利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

総合プロデューサーに秋元康氏が就任し、国内で4例目のIEO「取引所上場による資金調達」を果たしたNIDTですが、どのような特徴をもつ仮想通貨(暗号資産)なのか知りたい人も多いはず。

本記事では、NIDTの特徴や将来性を最新の情報を交えて解説していきます。

NIDTとIDOL3.0 PROJECTとは?

NIDTは、『IDOL3.0 PROJECT』に紐づいたユニークな仮想通貨(暗号資産)です。

このプロジェクトは、新しいアイドル活動の領域を拡大することをミッションとしており、従来のアイドル活動における課題をブロックチェーン技術とメタバースを活用した新しいエコシステムにより解決を図ります。

 

メタバース活用によるアイドル活動の領域を拡大

メタバースを活用することにより、仮想空間でのイベントを可能にし、コロナ禍のような事態でもアイドル活動が継続可能となります。また、地域や言語の壁を越えたグローバルなファン交流を実現することができます。

経験豊富な人材が集結

秋元康氏が総合プロデューサーに就任し、運営スタッフにはAKB48や乃木坂46などの大手アイドルグループの育成経験を持つキングレコード株式会社をはじめとする人材が集結しています。アイドル運営も盤石な体制です。

新しい資金調達によるファン目線の運営

従来、プロジェクト運営の意思決定には資金提供企業の影響を大きく受けていました。IEOによる資金調達を実施することでファンが直接の資金提供者となることができ、よりファンに寄り添った運営が可能になります。

このように、NIDTは従来のアイドル活動で直面していた課題を解決し、新しい推し活ビジネスを創出するプロジェクト内で利用される仮想通貨(暗号資産)となります。

NIDTを購入する目的

前項ではNIDTがプロジェクトと密接に関わる仮想通貨(暗号資産)であることを説明していきましたが、実際にNIDTを購入することで何ができるのか、具体的なユースケースを本項で説明していきます。

NIDTを用いたサービスへの参加

プロジェクト内で流通する通貨の役割として利用できる予定です。

  • NFT等のデジタルグッズの購入などに利用
  • 物販等の購入
  • メンバーへの投げ銭
  • コンサートやイベント等のチケットの購入

NIDTを保有することによる特典

NIDT保有者は以下の特典を享受できます。

  • アイドル活動の運営の一部における意思決定(投票権)
  • 限定イベントへの招待
  • メタバース空間のライブチケットの優先取得

2024年2月より「ファンランク/ファンレベル」の運用が正式に開始されました。ユーザーごとのファンランク/ファンレベルが設定され、経験値を上げることで様々な特典を受けることができます。

第一段の特典は、NIDTの一定保有によるクーポンの付与です。クーポンはWHITE SCORPION OFFICIAL FANCLUB内で利用できるようです。

ステーキング対応予定

ステーキングの導入が予定されています。ステーキングとは、一定期間以上特定の仮想通貨(暗号資産)を保有してその対価としてリターンを得る仕組みです。トークンを長期的に保有したい人にはおすすめの仕組みとなります。

現在、NIDTは保有することによる特典の取得が大きなメリットとなっておりますが、プロジェクトの発展に伴い、ユースケースも拡大していくことでしょう。

NIDTの将来性

仮想通貨(暗号資産)の購入を検討するうえで、今後の将来性は一番の懸念点になります。本項ではNIDTのチャートから直近の活動まで順を追って考察していきます。

NIDTの現在までのチャート

2023年4月に上場したNIDTですが、3月10日時点で終値35.3円を記録しています。

出典:coinbook

<直近のプロジェクト活動>

12月7日       デビュー配信シングル「眼差しSniper」リリース
          「眼差しSniper」MV(ミュージックビデオ)公開
           FCサイト正式オープン
12月23日      IEO申込者限定VIPイベント開催
12月23日/24日    特別握手会、個別握手会開催
12月29日      IDOL WAVE in TOKYO出演

12月30日      オンラインお話し会開催
2024年
1月7日       2nd配信シングル「コヨーテが鳴いている」リリース
2月7日       3rd配信シングルリリース
2Q         メタバース始動

1月には20円台までの急激な下降がありましたが、市場参加者がまだまだ少ないトークンのため、まとまった売り圧に大きく影響されてしまうようです。最近では30円台前後をつけており、価格を戻してきています。

NIDTの将来性

プロジェクト活動としては、3月10日にWHITE SCORPIONの4thシングル「雑踏の孤独」が配信スタートし、5thシングルのタイトル「Satisfaction graffiti 」も発表されました。

2024年3月24日(日)に開催予定の『デジタルブロマイドvol.2』握手会の商品には一部完売が発生しており、グループの活動やファンコミュニティは活性化しつつあります。

しかしながら、プロジェクトとしては実質的な利益が見込める状態になり、はじめて運営が目指すエコシステムの循環およびトークン価値の上昇が期待できます。

したがって、アイドル活動の成功とNIDT経済圏への人の流入がプロジェクト成功の鍵と言えるでしょう。最新のプロジェクト情報をしっかりと注視しつつ、長期的な視野で見守る必要があります

推し活をテーマにした類似プロジェクト

『OSHI3』プロジェクト

東証プライム上場企業gumiによる、ゲーム内コンテンツにフォーカスした推し活プロジェクトです。ゲーム内での推しの育成や投票イベントにて、OSHIトークンが活用できる経済圏の実現を目指しています。

以前から海外取引所での取扱いはありましたが、国内では2024年2月27日にBITPOINTに上場しました。3月10日時点で終値6.1円を記録しています。

『Direct to Fan』プロジェクト

UVERworldやサカナクション等のファンクラブ運営を行う株式会社Fanplusによる、アーティストやクリエイターとファンが直接つながる「Direct to Fan」の経済圏形成を目指すプロジェクトです。

国内IEOに向けてCoincheckと契約締結したとの発表がされました。仮想通貨(暗号資産)は、Fanplus社がファンクラブ運営を担うアーティストやタレントのファン体験の媒介手段に用いられる予定とのこと。

同じ「推し活」をテーマにしたプロジェクトですが、ジャンルやコンテンツ展開等、所どころ違いがみられます。どのようなエコシステムを構築していくのか、NIDTとの比較対象としてリサーチするのも面白いかもしれません。

NIDTを扱っている取引所

現在、国内でNIDTの取り扱いがあるのは2社です。

支社名 DMMビットコイン coinbook
取引手数料 無料 Maker 0.05%/Taker 0.20%
暗号資産(仮想通貨)の入金 無料 無料
暗号資産(仮想通貨)の出金 無料 20NIDT

上記2社ではNIDTのキャンペーンを不定期に実施しているので、自身が利用するタイミングで併せて確認することをおすすめします。

Maker /Taker等の取引所専門用語についての説明は割愛しますが、詳しく知りたい場合は以下記事もご参照ください。


【関連記事】

・暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料10社比較! 手数料を安く抑える方法も解説

・コインブック coinbook|毎月更新|日本の暗号資産(仮想通貨)取引所を徹底分析!

・DMMビットコイン|毎月更新|日本の暗号資産(仮想通貨)取引所を徹底分析!

まとめ

NIDTは、株式会社オーバースが推進する新規アイドル創造プロジェクト『IDOL3.0 PROJECT』内のエコシステムで利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

メタバースやブロックチェーン技術を活用した新しい試みは、従来のアイドル活動における課題を解決し、新しいファンとアイドルの在り方を実現できる可能性を秘めたプロジェクトと言えるでしょう。

今後のプロジェクト進展がNIDTの利用範囲拡大や価値上昇に影響することを踏まえると、最新情報の動向は随時注視することをおすすめします。

仮想通貨(暗号資産)には所持することでプロジェクト参加の権利を得られるものが多く、これを機会にNIDT以外の仮想通貨(暗号資産)を調べてみても面白いかもしれません。

仮想通貨(暗号資産)の運用に興味が出てきたらぜひプロに運用を任せるレンディングを検討してみましょう。

レンディングとは、保有する仮想通貨(暗号資産)を第三者に貸し出し、利息を得る運用方法を指します。難しい知識は不要でありながら、銀行の預金金利よりも高い利率で運用できる点が魅力です。

レンディングサービスを提供するBitLendingでは、以下の仮想通貨(暗号資産)をレンディングできます。本記事で紹介したNIDTは取扱いがないものの、いずれもよりメジャーな銘柄ばかりです。

預けて増やす暗号資産レンディング  最高利率10%「BitLending」ビットレンディング
ビットコインBTC

ビットコイン

BTC

8%

イーサリアム ETH

イーサリアム

ETH

8%

リップル XPP

リップル

XRP

6%

USテザー USDT

USテザー

USDT

10%

USDコイン USDC

USDコイン

USDC

10%

ダイ DAI

ダイ

DAI

10%

仮想通貨(暗号資産)運用に少しでも不安を感じる方は、プロの手によるレンディングのご利用をご検討ください。