BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

NFTの稼ぎ方!始め方から稼ぐコツを初心者向けに解説

NFTの稼ぎ方!始め方から稼ぐコツを初心者向けに解説

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

NFTは、ニュースやメディアで目にする機会が多くなり、注目度が高まっています。しかし、普段の生活で触れる機会がないため、どのようなものなのか理解が難しいと感じている方もみえると思います。

そこで今回は、NFTの特徴や始め方、稼ぎ方のコツを初心者向けに解説します。

そもそもNFTとは?

黒色の背景にNFTの文字

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略で、日本語に訳すと「非代替性トークン」となります。非代替性とは、”替えのきかない”という意味で、トークンとは、”証拠”と表わせるので、「他に同じものが無い、唯一無二のデジタルデータ」となります。

NFTは、「ブロックチェーン」と呼ばれる、ネット上の暗号技術を利用して、取引履歴を記録するシステムが使われており、NFTには以下の3つの特徴があります。

  • 唯一性
  • 取引可能性
  • 相互運用性

先述したとおり、NFTにはブロックチェーンが利用されており、データ一つ一つに識別IDが割り当てられています。そのため、改ざんやコピーが簡単にはできません。

NFTで稼ぐ仕組み

鉛筆と図面

NFTは唯一無二のデジタルデータなので、その特徴を活かして収益化が可能です。NFTは世界中で同じものが存在しないので、デジタルデータに希少性を持たせられるようになりました。この特性から、NFTはデジタルデータの可能性を広げることに成功しています。

NFTでの稼ぎ方3つ

仮想通貨のコインの上に乗った男女の人形

NFTでの稼ぎ方は、主に3つあります。

  • NFTを転売して稼ぐ
  • NFTアートを自作して稼ぐ
  • NFTゲームをプレイして稼ぐ

NFTを転売して稼ぐ

OpenSeaの取引画面

購入価格より高値で売る、いわゆる「転売」がNFTでは可能です購入した価格より高く転売できれば、その差額が収益となります。NFTはリリース時に格安で購入できる場合があるので、NFTプロジェクトを事前に調査して情報収集しておくと稼ぎやすくなります。

NFTアートを自作して稼ぐ

クリエイターと購入者のやり取りを表したアイコン

NFTは、クリエーターでなくても、NFTアートを自作して販売をすることで収益化ができます。デジタルデータならNFT化できるので、スマホで撮影した写真などでも出品可能で、過去にはこのようなNFTが高額で取引されました。

  • Twitterの創業者の初ツイートが約3億円
  • 日本人小学生が書いたゾンビの絵が約2,800万円

最近では、外注化できるスキルマーケットがあるので、イラスト初心者でもオリジナリティのある作品を出品できます。

NFTゲームをプレイして稼ぐ

NFTゲームをプレイして稼ぐ方法もあります。ゲームのキャラクターなどはNFT化されており、ゲーム外に持ち出して取引ができます。NFTゲームで稼ぐ方法は、主に3つあります。

  • キャラクターなどを転売して稼ぐ
  • キャラクターなどを自作して販売する
  • ゲームをプレイして仮想通貨(暗号資産)を獲得する

獲得したキャラクターなどをNFTマーケットプレイスで販売すれば、仮想通貨(暗号資産)と交換できます。従来のテレビ・スマホゲームでは、ゲーム内で決められたアイテムを使ってプレイしていましたが、NFTゲームでは自作してプレイできるのが特徴です。

STEPN(ステップン)というゲームでは、現実世界でウォーキングやランニングをすればゲームと連動して仮想通貨(暗号資産)を獲得できます。

NFTで稼ぐコツ3つ

青く光るキーボード

NFTで稼ぐコツは、以下の3つです。

  • 売れているNFT作品の特徴を調べる
  • すでに成功している人を手本にする
  • NFTを勉強してトレンドを把握する

売れているNFT作品の特徴を調べる

NFTで稼ぐコツ1つ目は、売れている作品を調べることです。価値が高く人気があるNFTは、共通する特徴があります。具体的には以下の特徴がみられます。

  • 注目度が高い
  • 統一感がある
  • マーケティングが上手い

このような要素を持っているNFTは、必然的に市場価値が高くなり、高値で取引されています。そのため、そのプロジェクトの概要や運営情報を調べて、価値が高まるかどうかを見抜くようにしましょう。

すでに成功している人を手本にする

稼ぐコツ2つ目は、すでに成功している人を手本にすることです。以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 成功しているNFT運営者のSNSをフォローする
  • NFTで稼いでいる人がどんなNFTを購入しているか調査する

NFTを勉強してトレンドを把握する

稼ぐコツ3つ目は、自ら勉強してNFTの理解を深め、NFTの特性を知ることです。NFT関連の書籍を読んでみたり、自分でNFTを実際に購入してみるなどして、実際に体験してみましょう。

安いNFTだと、数千円ほどで購入可能なものもあるので、高額NFTを購入するのが不安な方は、手ごろな作品を探してみると良いかもしれません。

NFTの始め方

机の上に並んだペンやノート

ここからは、NFTの始め方を以下のステップで紹介します。

  • 取引所で仮想通貨(暗号資産)を購入する
  • ウォレットを用意する
  • NFTマーケットプレイスとウォレットを連携する
  • NFTを購入する

取引所で仮想通貨(暗号資産)を購入する

NFTの取引をするには、イーサリアム(ETH)などの仮想通貨(暗号資産)を購入する必要があります。イーサリアム(ETH)は仮想通貨(暗号資産)取引所で購入できるので、まずは国内の取引所に無料登録しましょう。

初心者におすすめの取引所

  • Coincheck・・・アプリが使いやすく初心者におすすめ
  • GMOコイン・・・送金手数料が無料

これからNFTを始める方は、ダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです。Coincheckに登録できたら、仮想通貨(暗号資産)のイーサリアム(ETH)を購入します。

Coincheckについての詳しい記事はこちら ↓

ウォレットを用意する

メタマスクをイメージしたサイトのトップページ

 

イーサリアム(ETH)を購入したら、次にウォレットを用意します。「ウォレット」とは、仮想通貨(暗号資産)専用のお財布のことで、もっともメジャーな「MetaMask(メタマスク)」がおすすめです。

MetaMaskを利用する際は、シークレットリカバリーフレーズを大切に保管する必要があります。「シークレットリカバリーフレーズ」とは、12の英単語からなる秘密鍵のことで、外部に漏れてしまうと仮想通貨(暗号資産)が盗まれてしまいます。そのため、第三者に聞かれても絶対に教えてはいけません。

ウォレットの準備ができたら、取引所からイーサリアム(ETH)をウォレットに送金します。

NFTマーケットプレイスとウォレットを連携する

ウォレットにイーサリアム(ETH)を送金できたら、NFTマーケットプレイスと連携します。世界最大級のNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」の場合、画面右上のアイコンからウォレットの連携が可能です。

OpenSeaトップページ

NFTを購入する

マーケットプレイスとの連携が完了したら、NFTを購入しましょう。OpenSeaでは、以下の3つの購入方法から選べます。

  • 出品者が示した定額での購入
  • こちらから金額を提示するオファー購入
  • オークション入札での購入

NFT初心者の方は、もっとも簡単な定額購入で取引自体を体験してみるのがおすすめです。

NFTを始めるのにおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所

仮想通貨(暗号資産)取引所

ここでは、初心者におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所を紹介します。

  • Coincheck
  • GMOコイン

Coincheck

Coincheckのロゴとスマートフォン

Coincheckは、2012年8月に設立された国内の仮想通貨(暗号資産)取引所です。ビットコインをはじめ、多くの仮想通貨(暗号資産)を取り扱っています。

仮想通貨(暗号資産)の取引以外のサービスでは、Coincheck独自のマーケットプレイスや仮想通貨(暗号資産)の自動積立ができる「Coincheckつみたて」などがあります。

Coincheckについての詳しい記事はこちら ↓

GMOコイン

GMOコインのロゴ

GMOコインは、2017年に設立された国内の仮想通貨(暗号資産)取引所で、GMOインターネット株式会社が運営しています。

GMOコインでは、仮想通貨(暗号資産)の送金時に必要な手数用が無料なので、節約したい方におすすめの取引所です。

GMOコインについての詳しい記事はこちら ↓

NFTで稼ぎたい方におすすめの仮想通貨(暗号資産)

イーサリアムのコイン

NFT取引におすすめの仮想通貨(暗号資産)の銘柄を紹介します。

  • イーサリアム(ETH)
  • ソラナ(SOL)
  • ポリゴン(MATIC)
  • エンジンコイン(ENJ)

イーサリアム(ETH)

仮想通貨(暗号資産)イーサリアム公式ページ

項目 内容
通貨名称 イーサリアム
単位 ETH
現在価格 [2024/05/27更新] 609,268円
時価総額現在価格 [2024/05/27更新] 73,314,763,349,281円
公式サイト https://ethereum.org/ja/

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次ぐ仮想通貨(暗号資産)として人気があります。「スマートコントラクト」という、契約内容において人の管理を必要としない仕組みを利用しているのが特徴です。このシステムにより、取引時間の短縮や人件費の節約に成功しています。

ソラナ(SOL)

仮想通貨(暗号資産)ソラナ Solana ページ

項目 内容
通貨名称 ソラナ
単位 SOL
現在価格 [2024/05/27更新] 26,719.00円
時価総額 [2024/05/27更新] 11,990,001,608,445円
公式サイト https://solana.com/ja

ソラナ(SOL)は高速で低コストのトランザクションを特徴とするブロックチェーン技術で、分散型アプリケーション(DApps)、非代替性トークン(NFT)、Web3のイノベーションにおいて重要な役割を果たしています。その高速な処理能力と低手数料のメリットにより、ソラナは「Metaplex」などのデジタルアートの販売、「Star Atlas」などの大規模マルチプレイヤーオンラインゲーム(MMO)のプラットフォームや、分散型金融(DeFi)サービスなど、様々なNFTとWeb3プロジェクトの基盤として選ばれています。

ポリゴン(Polygon)

仮想通貨(暗号資産)ポリゴン(Polygon) ページ

項目 内容
通貨名称 ポリゴン
単位 MATIC
現在価格 [2024/05/27更新] 116.93円
時価総額 [2024/05/27更新] 1,087,300,356,769円
公式サイト https://polygon.technology/matic-token

ポリゴン(Polygon)は、Ethereumのスケーラビリティと相互運用性の問題を解決するために開発されたレイヤー2のスケーリングソリューションです。世界最大のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」はポリゴンを採用しています。また、DeFiとNFTを組み合わせたユニークなゲームである「Aavegotchi」はポリゴン上に構築されています。ポリゴンはNFTとWeb3プロジェクトの発展において重要な役割を担っており、開発者やユーザーに新たな可能性を広げています。

エンジンコイン(ENJ)

仮想通貨(暗号資産)エンジンコイン公式ページ

項目 内容
通貨名称 エンジンコイン
単位 ENJ
現在価格 [2024/05/27更新] 59.74円
時価総額 [2024/05/27更新] 87,254,032,256円
公式サイト https://enjin.io/

エンジンコイン(ENJ)は、「エンジンプラットフォーム(Enjin Platform)」と呼ばれる独自のプラットフォームで利用できる仮想通貨(暗号資産)です。エンジンコイン(ENJ)は、オンラインゲームで利用できる仮想通貨(暗号資産)で、2,000万人以上のユーザーに利用されています。

サンドボックスゲームとして有名な、「マインクラフト」がエンジンコイン(ENJ)を利用したゲームを展開しています。

NFTを始めるときに知っておくべき注意点

ノートパソコンのキーボードの上に乗ったコーン

NFTを始めるときに知っておくべき注意点は、以下の3つです。

  • NFT取引にはガス代が必要
  • NFT詐欺がある
  • 価格の変動により稼げない場合がある

NFT取引にはガス代が必要

NFTの取引には、ガス代という手数料が必要になります。ガス代は、そのときのブロックチェーンの混雑具合によって価格が変動するという特徴があります。取引をしている人が多ければガス代が高くなり、取引量が少なければガス代は安くなります。

そのため、ガス代を少しでも抑えたい場合は、混雑時を避けるなどの対策を取ると良いでしょう。

NFT詐欺がある

NFTの売買で稼げる一方、詐欺によって損害を受けるケースも報告されています。具体的には、以下のような事例・手口があります。

  • ウォレットからNFTを盗まれる
  • ウォレットに詐欺NFTを送りつけられる

SNSに表示された詐欺用のURLにウォレットを接続してしまったために、ウォレット内のNFTや仮想通貨(暗号資産)が盗まれたケースがあります。購入した覚えのないNFTは触らない、などの対策をして未然に詐欺を防ぐ必要があります。

価格の変動により稼げない場合がある

NFTは、注目度や将来性により価値が変動するので、株などの投資と同様、場合によっては稼げない可能性があります。リリース前は高く評価されていたが、実際に販売されてみると思ったように価値が上がらなかったケースもあります。

そのため、購入したNFTの人気が無くなってしまった場合は、購入時より価値が下がって損失となる場合もあります。NFTを購入する際は、将来性があるかどうかを事前にチェックするようにしましょう。

まとめ

さまざまな仮想通貨のコイン

当記事では、NFTの始め方や稼ぎ方のコツを初心者向けに解説しました。次世代技術のブロックチェーンはこれから利用されるシーンが多くなり、それにつれてNFTの活用事例も増えてくると期待されています。

稼げるチャンスはまだあるので、今からでもNFTに触れておきましょう。