BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

  • HOME
  • >
  • 教えて暗号資産
  • >
  • 【2024年版】仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄はこれ! 将来性の有無を見分けるコツも解説
【2024年版】仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄はこれ! 将来性の有無を見分けるコツも解説

【2024年版】仮想通貨(暗号資産)でおすすめの銘柄はこれ! 将来性の有無を見分けるコツも解説

オススメの仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)投資が注目されている昨今、運用を始めてみようと考えている方もいるでしょう。数多くの銘柄があるので、どれに投資するか決めるのは悩ましい問題です。

そこで本記事では、おすすめの仮想通貨(暗号資産)銘柄をご紹介します。銘柄に将来性があるか見分けるコツやおすすめの取引所、運用方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)の現在の価格

仮想通貨(暗号資産)の現在の時価総額ランキングは以下の表のとおりです。時価総額は、発行枚数×1枚あたりの価格で算出されます。

銘柄名時価総額
1.ビットコイン(BTC)約191 兆円
2.イーサリアム(ETH)約56.9 兆円
3.USテザー(USDT)約16.6 兆円
4.バイナンスコイン(BNB)約12.9 兆円
5.ソラナ(SOL)約9.2 兆円
6.リップル(XRP)約4.1 兆円
7.USDコイン(USDコイン)約4.9 兆円
8.ドージコイン(DOGE)約3.4 兆円
9.トンコイン(TON)約3.4 兆円
10.カルダノ(ADA)約2.4 兆円
2024/04/16 13:15 更新

上表から分かるように、ビットコイン(BTC)が時価総額で他の銘柄に大差をつけてトップとなっています。2024/04/16時点の為替レート(1ドル=153.98円)で計算すると、時価総額トップ10に入る銘柄の時価総額は、いずれも3兆円を超えています。仮想通貨(暗号資産)市場の大きさが見て取れるでしょう。

Data by CoinGecko
オススメの仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)で将来性のあるおすすめの銘柄

数ある仮想通貨(暗号資産)の中で、教えて暗号資産編集部が厳選した将来性の高いおすすめの銘柄は以下の20種類です。銘柄の横には今年の騰落率を掲載しています。

各銘柄の特徴を詳しく見ていきましょう。

ビットコイン BTC

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は世界で初めて誕生した仮想通貨(暗号資産)です。中央集権型で管理されている仮想通貨(暗号資産)もありますが、ビットコイン(BTC)はブロックチェーンを基盤とし、分散され管理されています。

法定通貨として採用されていたり、大企業が決済手段に導入していたりと実用化も進んでいるのが特徴です。

ビットコイン(BTC)の時価総額は191 兆円と、数ある仮想通貨(暗号資産)のなかでトップです。将来性にも期待されており、AIや著名人による予測によると、2030年には1億円を超えるとの予想もあります。仮想通貨(暗号資産)投資を始めるなら、まずは持っておきたい仮想通貨(暗号資産)です。

  • 現在価格: 9,644,248 円
  • 時価総額ランキング: 1 位
  • 時価総額: 約 191 兆円
  • 過去24h時価総額の変化: -5,034,236,334,125.90 円
  • 過去24h高値: 10,278,835 円
  • 過去24h高値: 9,657,621 円
  • 過去24h価格の変化: -320,974.22 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

BTC/JPYリアルタイムチャート

深掘りポイント!

なぜ半減期になると価格が上昇する?

マイニングと半減期

ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンは、公開された取引台帳として機能し、取引履歴を一定量のブロックに分けて管理します。この連続したブロックの鎖は、前のブロックから次のブロックへと関連性を持たせることで、不正や改ざんを防ぐ強固なシステムを提供します。ビットコインのブロックは、マイニングと呼ばれるプロセスを通じて約10分ごとに生成され、このプロセスは誰もが参加可能であり、使用されるコンピュータの計算能力に応じて新たに発行されるビットコインを報酬として受け取ることができます。

マイニングと新規通貨発行

現在、1ブロック毎に報酬として発行されるビットコインは約6.25BTC(約万円)で、これは1日に約900BTC(億円)が報酬として分配されることを意味します。この巨額の報酬を巡る競争は激しく、安定して報酬を受け取るためには、個人レベルではなかなか太刀打ちできないレベルの計算力リソースが必要です。またビットコインは、21万ブロックごとに報酬が半減するよう設計されており、このイベントは半減期と呼ばれています。次の半減期は2024年の3月末頃に予定されています。

半減期を迎えると価格が上昇する理屈

半減期が到来すると、1ブロックあたりの報酬は3.125BTC(約万円)になります。過去には、ビットコインが半減期を迎えるたびに価格が大きく上昇してきました。この価格上昇は市場心理によるものであり、今後も同様に価格が上昇する保証はありません。しかし、投資家が価格上昇を期待する主な理由は、新規発行量が半減することにより、期間ごとのインフレ率が大きく低下し、ビットコインの希少価値が高まるという点にあります。このメカニズムは、金融政策における量的引き締めと非常に似ており、新規供給の減少が価値の上昇を引き起こす可能性があると考えられています。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [BTC/JPY] 5,988,701円
現在価格:
 [BTC/JPY] 9,644,248

今年の元旦に1万円分購入すると
0.00166981 BTC

(手数料除く単純計算)

[0.00166981 BTC]

現在価値: 円 | 
騰落率:

ビットコイン(BTC)について もっと詳しく ▼

ビットコイン(BTC)の将来価格 10年後の価格予測 AIや専門家の予測 ▼

ビットコイン(BTC)の歴史 時系列で見る出来事と価格の推移 ▼

ビットコイン(BTC)の仕組みと誕生ストーリー ▼

ビットコイン(BTC)の見通し 週間価格予測 ▼

ビットコイン(BTC)のリアルタイムチャートとトレード関連情報 ▼

ビットコイン BTCを入手できるおすすめの取引所は?

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、ヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたブロックチェーン「イーサリアム」上で利用される独自通貨です。時価総額ランキングはビットコイン(BTC)に次ぐ第2位で、約56.9 兆円となっています。

イーサリアムはワールドコンピューターと呼ばれることもあり、ビットコインのような通貨を送金する機能に加えて、条件に従って預かったり送金したりと資金を管理するプログラムを自由に設計し運用することができます。

このイーサリアムで実行することができる資金管理が可能なプログラムのことをスマートコントラクトといいます。スマートコントラクトで作られたアプリはDApps(分散型アプリ)と呼ばれ、従来のアプリのように決済の為にカード等を登録する必要がなく、直接アプリ内で通貨であるETHをとり扱うことができるため、技術的には全自動で金融機関の役割を果たすプログラムを運用することも可能です。

web上で直接通貨を扱うことができる特性を活かして運用される金融システムはDeFi(分散型金融)と呼ばれ、ユーザーは中央機関の介入なしに貸借、取引、投資、資産管理といったサービスを利用することができます。

現在、イーサリアムブロックチェーン上には3,000以上の分散型アプリ(DApps)が存在し、2024年3月調べで48.5億ドル(7200億円)もの資金が、イーサリアムのブロックチェーン上のスマートコントラクトに預けられて管理されており、(DApps)の中心的インフラとしての機能を果たしています。

  • 現在価格: 470,580 円
  • 時価総額ランキング: 2 位
  • 時価総額: 約 56.9 兆円
  • 過去24h時価総額の変化: -849,918,154,776.49 円
  • 過去24h高値: 502,697 円
  • 過去24h高値: 468,632 円
  • 過去24h価格の変化: -10,594.92 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

ETH/JPYリアルタイムチャート

深掘りポイント!

進化する仮想通貨(暗号資産)イーサリアム

仮想通貨(暗号資産)の世界は常に進化しており、その中心にイーサリアムがあります。イーサリアムがどのように進化してきたのか、そしてこれからどのような展望があるのかに焦点を当てます。

セレニティの始動

2020年12月、イーサリアムはその進化の新たなフェーズへと足を踏み入れました。このアップデートは「セレニティ」と名付けられ、イーサリアム2.0への移行を象徴する重要な一歩となりました。セレニティの目的は、ネットワークの速度、効率、そして取引処理の早さを向上させることにあります。このアップデートにより、イーサリアムは第二世代へと進化し、より多くのタスクを迅速かつ効率的に処理できるようになることが期待されています。

The Mergeの達成

2022年9月には、セレニティにおける最も重要なアップデートの一つ、The Mergeが完了しました。このアップデートでコンセンサスアルゴリズムを移行したことにより、イーサリアムネットワークは電気消費量を99.95%削減し、エネルギー効率を大幅に改善させました。The Mergeによって、イーサリアムは持続可能な未来への道を歩み始めたのです。

今後の展望

イーサリアムの進化はここで止まりません。今後は、大量の取引を効率的に並列処理する仕組みを段階的に実装していく計画があります。この技術により、イーサリアムネットワークは1秒間に最大10万件のトランザクションを処理する能力を持つようになると期待されています。また、イーサリアムの実行エンジンを、よりパワフルで高速なものに置き換えることにより、高速なコード実行とより良い開発者体験を提供することができるようになります。これらの計画が示され、今後順調にアップデートを重ねることで、イーサリアムプラットフォームの長期的な成功と持続可能性を実現していきます。

イーサリアムは、セレニティの開始からThe Mergeの達成に至るまで、目覚ましい進化を遂げてきました。これらのアップデートは、イーサリアムがより速く、よりエコロジカルで、より効率的なプラットフォームへと変貌を遂げることを可能にしました。今後もイーサリアムは進化を続け、ブロックチェーン技術の可能性を広げていくことでしょう。仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーン技術の未来は、イーサリアムのような革新的なプラットフォームによって形作られていきます。

コンセンセサスアルゴリズムとは?

コンセンサスアルゴリズムは、中央機関が存在しない環境で、仮想通貨(暗号資産)ネットワーク内のすべてのユーザーが共有するデータの真正性と一貫性を確保するための仕組みです。

ブロック内の全ての取引に矛盾や不正がなく正しいという合意を多くの参加者で承認する仕組みとなっており、権力の集中を防ぎ、ネットワークの健全性を保ちます。

コンセンサスアルゴリズムには、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)、デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)など、様々な形式があります。各アルゴリズムは、速度、セキュリティ、エネルギー効率などの面で異なる特性を持ち、使用されるネットワークの目的や要件に応じて選択されます。イーサリアムはThe MergeのアップデートによってPoWからPoSへと移行しました。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [ETH/JPY] 323,151円
現在価格:
 [ETH/JPY] 470,580

今年の元旦に1万円分購入すると 0.03094529 ETH

(手数料除く単純計算)

[0.03094529 ETH]

現在価値: 円 | 
騰落率:

イーサリアム ETHを入手できるおすすめの取引所は?

ソラナ(SOL)

ソラナ(SOL)

分散型金融(DeFi)に最適なプラットフォームであることを念頭において設計され、スマートコントラクト機能を実装した高機能な暗号通貨です。

ソラナの最大の特徴は、非常に高速な処理能力にあります。1秒間に数万取引を処理できるとされ、従来の暗号資産と比較して取引とスマートコントラクト実行の検証時間が大幅に短縮されており、処理時間が非常に短いことが特徴です。

また、ソラナが支持される大きな特徴として取引手数料が非常に低いことが挙げられます。ソラナは小規模なユーザーと大口の法人の双方にサービスを提供することをコンセプトとしており、広い拡張性を持ち、高速処理を実現しつつも、取引コストが低く抑えられる設計となっています。

2020年3月に正式にリリースされてから、非常に短期間で人気と支持を集めることに成功しており、現在では、時価総額ランキングで第5位の規模に成長しています。

  • 現在価格: 20,614.00 円
  • 時価総額ランキング: 5 位
  • 時価総額: 約 9.2 兆円
  • 過去24h時価総額の変化: -857,924,821,605.85 円
  • 過去24h高値: 23,990.00 円
  • 過去24h高値: 20,713.00 円
  • 過去24h価格の変化: -1,965.66 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

SOL/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

ソラナ急成長の秘密

非常に高速な取引処理スピードや比較的安価な取引コストで人気を博しているソラナですが、急成長を支えた要素について深掘りしていきます。

強力な開発者コミュニティとエコシステム

ソラナは、DeFi(分散型金融)、NFT(非代替トークン)、Web3アプリケーションなど、幅広い分野でのアプリケーション開発を可能にする豊富なツールキットとサポートを提供しています。これにより、強力な開発者コミュニティが形成され、多くのプロジェクトがソラナ上で構築されています。

強力な出資者とパートナーシップ

ソラナは、多くのベンチャーキャピタルや大手企業からの投資を受けており、これがプロジェクトの信頼性と可視性を高めるのに貢献しました。また、他のブロックチェーンやサービスとのパートナーシップを積極的に行っています。

ソラナ(Solana)に出資している主なファンドや企業
  • Andreessen Horowitz (a16z)
  • テクノロジー分野における最も影響力のあるベンチャーキャピタルの一つ。a16zは、仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーン技術に早期から注目し、ソラナを含む多数のブロックチェーンプロジェクトに投資しています。
  • Multicoin Capital
  • 仮想通貨(暗号資産)に特化した投資ファンドで、早期からソラナのポテンシャルに注目し、その成長をサポートしてきました。
  • Foundation Capital
  • 技術革新を支援するベンチャーキャピタルで、ソラナへの投資を通じてブロックチェーン技術の未来へのコミットメントを示しています。
  • CMCC Global
  • アジアをベースにしたブロックチェーン専門のベンチャーキャピタル。ソラナのような革新的なプロジェクトへの出資を通じて、ブロックチェーンエコシステムの発展に貢献しています。
  • CoinShares
  • ヨーロッパ最大のデジタル資産管理会社の一つで、仮想通貨(暗号資産)市場における重要なプレイヤーです。ソラナへの投資は、同社のポートフォリオの多様化を図る戦略の一環です。
  • Alameda Research
  • トレーディングと投資会社で、特に仮想通貨(暗号資産)市場におけるリキディティプロバイダーとして知られています。ソラナへの早期投資は、その技術的なメリットと市場でのポテンシャルを高く評価してのものです。

これらの出資者は、ソラナの技術革新と市場での成長ポテンシャルを信じて投資を行っており、そのサポートがソラナの急速な発展に貢献しています。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [SOL/JPY] 14,357.36円
現在価格:
 [SOL/JPY] 20,614.00

今年の元旦に1万円分購入すると
0.69650688 SOL

(手数料除く単純計算)

[0.69650688 SOL]

現在価値: 円 | 
騰落率:

ソラナ SOLを入手できるおすすめの取引所は?

アバランチ(AVAX)

アバランチ(AVAX)

アバランチはソラナと同様にスマートコントラクトを実装し、分散アプリのプラットフォームとなる高機能な暗号通貨ネットワークです。

ソラナと技術的なアプローチは異なりますが、高速な取引処理能力と低い取引コストを実現しています。

アバランチが独自に持つ特徴として、開発者が独自のブロックチェーンを容易に作成し、アバランチのエコシステム内で実行できる機能を提供します。

時価総額ランキングで11位にランクされ、時価総額は約 2 兆円となっています。

  • 現在価格: 5,311.63 円
  • 時価総額ランキング: 11 位
  • 時価総額: 約 2 兆円
  • 過去24h時価総額の変化: -50,628,373,967.40 円
  • 過去24h高値: 5,944.55 円
  • 過去24h高値: 5,304.90 円
  • 過去24h価格の変化: -184.85 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

AVAX/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

アバランチ(Avalanche)とソラナ(Solana)の処理能力の比較

アバランチ(Avalanche)

アバランチは、秒間数千のトランザクションを処理する能力を持っていると報告されています。公式なデータによると、アバランチの主要ネットワークは秒間で約4,500トランザクションを処理できます。

ソラナ(Solana)

ソラナは非常に高速なトランザクション処理能力で注目を集めており、理論上のピーク性能では秒間65,000トランザクション以上を処理できるとされています。

比較の要点

ソラナは理論上、アバランチよりも高速なトランザクション処理速度を持っていますが、実際の性能はネットワークの状況や使用されるアプリケーションによって異なります。

結論として、アバランチとソラナはそれぞれ異なる技術的アプローチと独自の特徴を持っており、どちらもブロックチェーンのトランザクション処理能力の向上に貢献しています。選択は、特定の用途や要件に最適なプラットフォームに依存します。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [AVAX/JPY] 5429.85円
現在価格:
 [AVAX/JPY] 5,311.63

今年の元旦に1万円分購入すると:
1.8416715 AVAX

(手数料除く単純計算)

[1.8416715 AVAX]

現在価値: 円 | 
騰落率:

アバランチ AVAXを入手できるおすすめの取引所は?

チェーンリンク(LINK)

チェーンリンク(LINK)

暗号通貨ネットワークは送金やスマートコントラクトといった全てのタスクがのネットワーク内で矛盾なく完結するように設計されている為、ネットワーク外の情報をとりこむことができないのですが、スマートコントラクトがアクセス可能な情報として異なるブロックチェーン間でデータを共有することを可能にし、さまざまなブロックチェーンシステムの相互運用性を提供しているのがチェーンリンク(LINK)です。

チェーンリンク(LINK)のように様々なデータソースから情報を取得してスマートコントラクトに安全に送信する技術をオラクルと呼びます。

つまり、チェーンリンク(LINK)は、ブロックチェーンと実世界のデータを結びつける分散型オラクルネットワークです。スマートコントラクトがブロックチェーンの外部のデータソースにアクセスできるようにすることで、スマートコントラクトの機能性と応用範囲を大幅に拡張します。

現在チェーンリンク(LINK)の時価総額は約1.2 兆円、時価総額ランキングは17位となっています。

  • 現在価格: 2,045.03 円
  • 時価総額ランキング: 17 位
  • 時価総額: 約 1.2 兆 円
  • 過去24h時価総額の変化: -32,390,609,789.28 円
  • 過去24h高値: 2,260.84 円
  • 過去24h高値: 2,047.41 円
  • 過去24h価格の変化: -70.12 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

LINK/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

分散型オラクルネットワーク

チェーンリンク以外の分散型オラクルネットワーク

チェーンリンクが最も知られている分散型オラクルサービスの一つであるものの、他にも競合他社や代替案がいくつか存在します。

  • Band Protocol (BAND)
  • ブロックチェーン上でデータを接続するためのクロスチェーンデータオラクルプラットフォームです。Band Protocolはスマートコントラクトにリアルタイムのデータフィードを提供し、DeFi、ゲーム、その他の分散型アプリケーションのための信頼性の高いデータソースを提供します。
  • API3
  • 第三者に依存せずに直接APIサービスをブロックチェーンに接続することを可能にするデータオラクルです。API3はエアノードという独自の技術を使用して、APIプロバイダーが自らのサービスを直接スマートコントラクトに提供できるようにします。
  • Tellor (TRB)
  • 分散型ファイナンス(DeFi)アプリケーション向けに設計された分散型オラクルネットワークです。Tellorはセキュリティとデータの信頼性を確保するために、マイニングベースのインセンティブメカニズムを利用しています。
  • DOS Network
  • 分散型オラクルサービスであり、ブロックチェーン上のスマートコントラクトに安全かつ効率的にリアルワールドデータを提供することを目指しています。DOS Networkは、複数のブロックチェーン間での相互運用性をサポートすることにも注力しています。

ブロックチェーンと分散型ファイナンスの領域は非常に動的であり、新しいプロジェクトや技術が継続的に登場していますが、チェーンリンクは広く採用されているため、分散型オラクル市場における主要なプレイヤーの一つと言えます。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [LINK/JPY] 2,106.22円
現在価格:
 [LINK/JPY] 2,045.03

今年の元旦に1万円分購入すると
4.74784957 LINK

(手数料除く単純計算)

[4.74784957 LINK]

現在価値: 円 | 
騰落率:

チェーンリンク LINKを入手できるおすすめの取引所は?

ポリゴン(MATIC)

ポリゴン(MATIC)

ポリゴン(MATIC)は、イーサリアムのネットワーク上で動作し、高速な処理速度と安い処理コストを実現しています。

ポリゴン(MATIC)は処理の高速化にあたり複数の技術を提供しており、さまざまな方法でイーサリアムのトランザクションを高速化しています。これにより、開発者はニーズに合わせて最適な高速化技術を選択でき、DAppsのパフォーマンスを向上させることができます。

また、ポリゴン(MATIC)は非常に活発な開発コミュニティを持っており、多くのプロジェクトがポリゴン上で構築されています。DeFi(分散型金融)、NFT(非代替トークン)、ゲーム、ソーシャルメディアプラットフォームなど、幅広いアプリケーションがポリゴンを利用しています。これにより、ポリゴンのユーティリティが高まり、さらに人気を集めています。

ポリゴン(MATIC)の時価総額は現在、約9949 億兆円、時価総額ランキングは18位となっています。

  • 現在価格: 106.54 円
  • 時価総額ランキング: 18 位
  • 時価総額: 約 9949 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -1,870,584,516.49 円
  • 過去24h高値: 115.72 円
  • 過去24h高値: 105.96 円
  • 過去24h価格の変化: -0.80 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

MATIC/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

レイヤー2ソリューションとは

ポリゴンはイーサリアムのネットワーク上で動作し、トランザクションの速度を向上させ、手数料を削減することを目的としたイーサリアムのレイヤー2ソリューションです。

ポリゴンとイーサリアムの関係性

ポリゴンは独自の通貨MATICと独自のスマートコントラクトを実装した暗号通貨ネットワークです。しかし、一般の仮想通貨(暗号資産)ネットワークと異なるのは、ポリゴンはポリゴンネットワークでの一定量のトランザクションをデータブロックにまとめてイーサリアムのメインチェーンに記録するところにあります。

この機構により、ポリゴンは高速処理と低処理コストを実現しながらも、イーサリアムネットワークが持つ世界で最も規模が大きく、高セキュリティーな分散ネットワークによる承認によって、その処理の正当性が証明されています。

ブリッジと呼ばれるスマートコントラクト

ユーザーは、イーサリアムのメインチェーンとポリゴンの間で資産を移動できます。これは、ブリッジと呼ばれる特別なスマートコントラクトを介して行われ、ユーザーはイーサリアム上のトークンをブリッジにロックし、同等のトークンがポリゴン上に解放される仕組みです。(逆のプロセスも同様)。これにより、イーサリアムのセキュリティとポリゴンの高速・低コストトランザクションの双方の利点を活用できます。

DAppsのクロスチェーンコミュニケーション

上述したブリッジを活用して、ポリゴンで稼働するDAppsとイーサリアムで稼働するDAppsが相互に資産をやりとりすることができます。これは例えば、手数料の安いポリゴン上のアイテムショップでの買い物がイーサリアム上で稼働するゲーム反映されるケースなどです。ユーザーはイーサリアム上のゲームの安全性を損なうことなく、より高速でスムーズに安い手数料でゲーム体験を享受できます。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [MATIC/JPY] 137.72円
現在価格:
 [MATIC/JPY] 106.54

今年の元旦に1万円分購入すると:
72.60850709 MATIC

(手数料除く単純計算)

[72.60850709 MATIC]

現在価値: 円 | 
騰落率:

ポリゴン MATICを入手できるおすすめの取引所は?

トンコイン(TON)

トンコイン(TON)

TON (The Open Network) は、当初、メッセージSNSアプリ「Telegram」によって開発されましたが、その後オープンソースコミュニティによって主導されるようになった分散型ブロックチェーンプロジェクトです。

トンコインは、他の多くのDAppsプラットフォームプロジェクトと同様に高速なトランザクション、低手数料、スケーラビリティ、ユーザーフレンドリーなエコシステムを提供することを目指していますが、特徴的なのはトンコイン(TON)独自の技術的特徴と、幅広い用途に対応する能力にあります。

トンコイン(TON)のブロックチェーンが採用するインフィニットシャーディングという独自技術は、ネットワークの成長に伴って処理能力を増やすことができるのが特徴です。ネットワークの負荷が増加してもトランザクション速度が低下しない構造になっています。

また、トンコイン(TON)のネットワークは独自のルーティング技術を用いてデータの伝送効率を最適化しています。このアプローチにより、ユーザーは短時間でトランザクション処理を確認することができます

トンコイン(TON)の時価総額は現在、約3.4 兆兆円、時価総額ランキングは8位となっています。

  • 現在価格: 992.84 円
  • 時価総額ランキング: 8 位
  • 時価総額: 約 3.4 兆 円
  • 過去24h時価総額の変化: -216,349,843,895.29 円
  • 過去24h高値: 1,109.49 円
  • 過去24h高値: 992.72 円
  • 過去24h価格の変化: -66.27 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

TON/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

強力な技術基盤と継続的なイノベーションへの取り組み

TON OS

TONプロジェクトは、ブロックチェーンアプリケーションの開発と実行を容易にするオペレーティングシステムであるTON OSも提供しています。これは、開発者がDAppsをより簡単に構築できるようにするためのもので、ユーザーフレンドリーなインターフェースと豊富なツールセットを提供します。

分散型ストレージ

TONには、データを分散して保存するためのブロックチェーンベースのストレージシステムが含まれています。これにより、データの耐久性とアクセス性が向上し、ユーザーは安全にデータを保存できます。

オープンソースコミュニティとの協力

当初開発を進めていたTelegramの開発チームは2020年にプロジェクトから撤退しましたが、独立した開発者やエンジニアのグループがプロジェクトを引き継ぎ、オープンソースの精神に基づき、世界中の開発者と協力してプラットフォームを改善し続けています。

開発コミュニティーは誰でもプロジェクトに貢献できる環境を提供しており、コードの提供、バグの報告、新機能の提案、ドキュメントの改善などが世界中の開発者から継続的に寄せられています。これにより、プロジェクトはより速く、より効率的に成長することができます。またTONコミュニティは、分散型ガバナンスを採用しており、コミュニティメンバーはプロジェクトの将来について話し合い、投票を行うことができます。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [TON/JPY] 324.73円
現在価格:
 [TON/JPY] 992.84

今年の元旦に1万円分購入すると:
30.79452136 TON

(手数料除く単純計算)

[30.79452136 TON]

現在価値: 円 | 
騰落率:

トンコイン TONを入手できるおすすめの取引所は?

インターネットコンピューター(ICP)

インターネットコンピューター(ICP)

インターネットコンピューター(ICP)はDFINITY Foundationによって開発された非常に高速な処理能力を備えた革新的なブロックチェーンネットワークです。分散型クラウドサービス、分散型アプリケーション(DApps)、およびスマートコントラクトを実行するための新しいフレームワークを提供することを目的にしています。ICPの人気の秘密は、その独自の技術的特徴と、ブロックチェーン業界におけるいくつかの課題に対する解決策を提供する能力にあります。

ソラナやアバランチは、特に高速なトランザクション処理を重視していますが、ICPの目標は、インターネットの機能を拡張し、再定義することにあります。ICPは、分散型アプリケーションの実行だけでなく、分散型インターネットの基盤を提供することを目指しています。

インターネットコンピューター(ICP)の時価総額は現在、約 8657 億円、時価総額ランキングは20位となっています。

  • 現在価格: 1,856.22 円
  • 時価総額ランキング: 20 位
  • 時価総額: 約 8657 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -34,392,648,094.49 円
  • 過去24h高値: 2,114.56 円
  • 過去24h高値: 1,854.56 円
  • 過去24h価格の変化: -87.50 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

ICP/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

DFINITY Foundation

スイスに拠点を置く非営利団体

DFINITY Foundationは、2016年にドミニク・ウィリアムズによって設立されました。ウィリアムズは、分散型技術によってインターネットの機能性を強化し、その中心的なインフラを再定義するビジョンを持っていました。DFINITYの目的は、分散型クラウドコンピューティングプラットフォームを構築することにより、アプリケーション、ウェブサービス、および企業インフラストラクチャを分散化し、セキュリティを強化し、コストを削減することです。

インターネットコンピューター(ICP)

インターネットコンピューターはDFINITY Foundationの主要プロジェクトであり、ブロックチェーンベースのプロトコルを使用して、分散型アプリケーション(DApps)、スマートコントラクト、および全体のデジタルエコシステムを実行するための新しいフレームワークを提供します。ICPは、開発者が既存のクラウドサービスプロバイダーやサーバーに依存することなく、直接インターネット上でアプリケーションを構築・運用できるようにすることを目指しています。

ブロックチェーン業界での存在感

DFINITY Foundationは大規模な資金調達、国際的な専門家チーム、およびオープンソースコミュニティとの強力な協力関係により、インターネットコンピューター(ICP)を通じて分散型インターネットの構築を目指しています。スケーラビリティ、セキュリティ、およびスピードを維持しながら、ブロックチェーンの基本的な限界を克服するために、新しいコンセンサスアルゴリズムや暗号技術を含む多くのイノベーションを開発しました。インターネットの基本的な構造を変革し、中央集権的なクラウドインフラストラクチャからの独立を実現するという目標はブロックチェーンプロジェクトと比較しても、特にアンビシャスと言えます。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [ICP/JPY] 1,875.06円
現在価格:
 [ICP/JPY] 1,856.22

今年の元旦に1万円分購入すると
5.33316175 ICP

(手数料除く単純計算)

[5.33316175 ICP]

現在価値: 円 | 
騰落率:

インターネットコンピューター ICPを入手できるおすすめの取引所は?

現在、日本の取引所での取り扱いはありません。今後の日本上陸に期待です。
イミュータブル(IMX)

イミュータブル(IMX)

イミュータブルX(IMX)は、ポリゴン(MATIC)と同じようにイーサリアム上に構築されたレイヤー2ソリューションですが、特にNFTの市場に焦点を当てている点が特徴です。

最大の特徴はNFTの作成、取引、転送をガス料金なしで行えるということです。ゼロガス料金、高いスケーラビリティ、環境への配慮、ユーザーフレンドリーな操作性を実現しながらも、最終的にイーサリアムのメインチェーンによって承認されることで高いセキュリティーを実現しており、独自の技術とレイヤー2ソリューションの強みを活かしてNFT市場における主要なプレイヤーとしての地位を確立しています。

イミュータブル(IMX)の時価総額は現在、約 4220 億円、時価総額ランキングは41位となっています。

  • 現在価格: 294.42 円
  • 時価総額ランキング: 41 位
  • 時価総額: 約 4220 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -39,228,487,682.07 円
  • 過去24h高値: 351.35 円
  • 過去24h高値: 294.81 円
  • 過去24h価格の変化: -30.15 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

IMX/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

IMXを使用したプロジェクトを紹介

Gods Unchained

Gods Unchainedは、世界的に人気を博しているNFTトレーディングカードゲームです。プレイヤーは、ゲーム内でカードを集め、戦略的にデッキを構築し、他のプレイヤーと対戦します。

TokenTrove

TokenTroveは、イミュータブルXを利用したマーケットプレイスで、様々なNFTコレクションの購入、販売、取引が可能です。特にゲームアイテムやデジタルアートなど、幅広いカテゴリーのNFTが扱われています。

Guild of Guardians

バイルRPGゲームで、プレイヤーはチームを組んでダンジョンを探索し、報酬としてユニークなNFTアイテムを獲得できます。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [IMX/JPY] 303.88円
現在価格:
 [IMX/JPY] 294.42

今年の元旦に1万円分購入すると
32.90730619 IMX

(手数料除く単純計算)

32.90730619 IMX]

現在価値: 円 | 
騰落率:

イミュータブル IMXを入手できるおすすめの取引所は?

ファイルコイン(FIL)

ファイルコイン(FIL)

ファイルコイン(FIL)は、分散型ストレージネットワークを提供するプロジェクトで、ブロックチェーン技術を活用してインターネットのデータストレージを再構築しようとしています。

最大の特徴はIPFS(InterPlanetary File System)というコンテンツの内容に基づいたアドレスでファイルの受け渡しができる仕組みと緊密に連携して、より効率的なデータ配信メカニズムを提供します。ファイルコインとIPFSの組み合わせにより、Webコンテンツの分散型ホスティングや、大規模なデータセットの分散型管理が可能になります。

ファイルコイン(FIL)の時価総額は現在、約 4911 億円、時価総額ランキングは33位となっています。

  • 現在価格: 904.53 円
  • 時価総額ランキング: 33 位
  • 時価総額: 約 4911 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -4,360,046,264.86 円
  • 過去24h高値: 999.05 円
  • 過去24h高値: 882.02 円
  • 過去24h価格の変化: -19.29 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

FIL/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

IPFSとファイルコイン

IPFS(InterPlanetary File System)

IPFSは数あるブロックチェーンネットワーク同様にサーバーを経由せずに端末同士が通信をするピアツーピアという通信方式で使われるコンテンツアドレッシングの分散型ファイルシステムです。コンテンツの内容に応じて1対1で対応するコンテンツアドレスでファイルを交換できるので、コンテンツアドレスの検索でヒットしたデータは不変性が保証されていることになります。もしコンテンツが改ざんされたならばそれに応じてアドレスも変わるからです。これらの特性を活かしてNFTマーケットプレイスのOpenSeaやメタバースプラットフォームのDecentralandほか沢山のDAppsプロジェクトによって活用されています。

IPFSとファイルコイン

IPFSはすでに多くのDAppsプロジェクトに支持されていますが、この仕組みを考案したのはホアン・ベネット (Juan Benet)で同氏が立ち上げたProtocol Labsがオープンソースのコミュニティからの協力を得ながらアップデートを続けています。Protocol LabsがIPFSと連携し理想的な分散型のファイル流通システムを実現する為に設計されたのがファイルコイン(FIL)です。ファイルコインはユーザー間に分散したキャッシュとは別にストレージ契約を通じてコンテンツが確実に指定された期間ハードディスクに保存されていることを保証します。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [FIL/JPY] 975.54円
現在価格:
 [FIL/JPY] 904.53

今年の元旦に1万円分購入すると
10.25074244 FIL

(手数料除く単純計算)

[10.25074244 FIL]

現在価値: 円 | 
騰落率:

ファイルコイン FILを入手できるおすすめの取引所は?

スタックス(STX)

スタックス(STX)

スタックス(STX)はビットコインのレイヤー2ソリューションで、ビットコインのブロックチェーンを直接拡張し、スマートコントラクトの実行とDAppsの構築を可能にする最初のプロジェクトの一つです。これにより、ビットコインの高いセキュリティレベルと広範な採用を利用しつつ、ビットコインエコシステム内でより複雑なアプリケーションを実現できます。

スタックスは、特に分散型ファイナンス(DeFi)と非代替トークン(NFT)の領域でのイノベーションを推進しています。ビットコインエコシステム内でDeFiアプリケーションやNFTマーケットプレイスを構築することで、ユーザーはビットコインを使用してより多様な金融サービスやデジタルアセットの取引に参加できるようになります。

スタックス(STX)の時価総額は現在、約 5566 億円、時価総額ランキングは30位となっています。

  • 現在価格: 380.15 円
  • 時価総額ランキング: 30 位
  • 時価総額: 約 5566 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -31,547,290,345.17 円
  • 過去24h高値: 430.33 円
  • 過去24h高値: 379.79 円
  • 過去24h価格の変化: -26.03 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

STX/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

ビットコインのレイヤー2ソリューションの価値

ビットコインのレイヤー2ソリューションの価値は、仮想通貨(暗号資産)全体の時価総額の約半分を占めるビットコインの基本的な価値を維持しつつ、スケーラビリティ、プライバシー、機能性の面で大幅な改善をもたらすことにあります。ユーザーはビットコインを単なる価値の保存手段としてだけではなく、そのまま幅広くDAppsやサービス利用にも活用することができるようになります。ビットコインレイヤー2ソリューションは、ビットコインが積み上げた価値や強固なセキュリティに加えて、便利に活用できるビットコインの未来を形作る重要な要素となるでしょう。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [STX/JPY] 211.44円
現在価格:
 [STX/JPY] 380.15

今年の元旦に1万円分購入すると
47.29481419 STX

(手数料除く単純計算)

[47.29481419 STX]

現在価値: 円 | 
騰落率:

スタックス STXを入手できるおすすめの取引所は?

現在、日本の取引所での取り扱いはありません。今後の日本上陸に期待です。
アプトス(APT)

アプトス(APT)

アプトス(APT)は、Facebook(現Meta)の元ブロックチェーンプロジェクトであるLibra(後のDiem)から派生したプロジェクトで、高性能とスケーラビリティを目指して設計されました。アプトスブロックチェーンは、新しいコンセンサスアルゴリズム「AptosBFT」を採用しており、これにより、トランザクションの高速処理と低遅延を実現しています。

また、アプトス(APT)はセキュリティを最優先事項としており、ブロックチェーンの設計と開発において、安全性と信頼性を確保するための革新的なアプローチを採用しています。特に、スマートコントラクトの言語である「Move」は、安全性を重視した設計がなされており、デジタル資産の管理とトランザクションのセキュリティを向上させています。

アプトス(APT)の時価総額は現在、約 5868 億円、時価総額ランキングは27位となっています。

  • 現在価格: 1,371.71 円
  • 時価総額ランキング: 27 位
  • 時価総額: 約 5868 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -12,190,845,642.73 円
  • 過去24h高値: 1,530.27 円
  • 過去24h高値: 1,365.15 円
  • 過去24h価格の変化: -35.41 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

APT/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

Libraプロジェクトの開発チーム

Libraプロジェクトの開発チームはMeta社の潤沢な資金を背景に、世界中からトップクラスのエンジニアや研究者が集められ、ブロックチェーン、暗号学、金融技術などの分野で豊富な経験と深い知識を持つ多くの専門家が参加していました。

開発チームは約40億を超えるMeta社のSNSプラットフォームのユーザーに対して金融サービスを提供するという野心的なミッションを推進していましたので、そこで培われた深い知識や洞察は計り知れないものがあります。そしてこれらの経験はアプトス(APT)の高いレベルのセキュリティーを実現したブロックチェーンネットワークの構築や高速なトランザクション処理能力。そして大規模なアプリケーション構築のサポートのなどに活かされているということができます。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [APT/JPY] 1,324.32円
現在価格:
 [APT/JPY] 1,371.71

今年の元旦に1万円分購入すると
7.55105276 APT

(手数料除く単純計算)

[7.55105276 APT]

現在価値: 円 | 
騰落率:

アプトス APTを入手できるおすすめの取引所は?

オプティミズム(OP)

オプティミズム(OP)

オプティミズム(OP)はイーサリアムのレイヤー2ソリューションでトランザクションの処理速度の向上と、手数料を大幅に削減することに成功しています。

同様にイーサリアムのレイヤー2ソリューションであるポリゴン(MATIC)との違いに注目すると、オプティミズム(OP)はイーサリアムとの高い互換性とシンプルな移行を提供することに重点を置いています。開発者はイーサリアム上の既存のスマートコントラクトやDAppsを少ない修正でオプティミズムに移行できます。

一方、ポリゴンは、より広範なアプローチを取り、複数の処理技術を通じてイーサリアムのエコシステムを拡張し、開発者に選択肢を提供しています。

またオプティミズム(OP)の魅力の一つとして、オプティミズムネットワーク独自の流通通貨であるOPのホルダーはオプティミズムエコシステムにおける重要な意思決定プロセスに参加できることが挙げられます。

OPは流通通貨であると同時に、ネットワークの意思決定における投票の為のガバナンストークンとしても機能する設計で、トークンホルダーは提案を行い、投票を通じて意思決定に直接影響を与えることができます。

オプティミズム(OP)の時価総額は現在、約 3556 億円、時価総額ランキングは46位となっています。

  • 現在価格: 339.22 円
  • 時価総額ランキング: 46 位
  • 時価総額: 約 3556 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: 7,328,951,432 円
  • 過去24h高値: 373.49 円
  • 過去24h高値: 338.87 円
  • 過去24h価格の変化: -6.92 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

OP/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

ガバナンストークン

ガバナンストークンは、中央管理機関を持たないブロックチェーンプロジェクトがガバナンスを実現するために使用されるデジタル資産で、ネットワークの重要な意思決定プロセスに参加し、投票する権利を与えます。ガバナンストークンの導入により、プロジェクトはその運営を分散化し、コミュニティ主導の開発を促進することが可能になります。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [OP/JPY] 522.53円
現在価格:
 [OP/JPY] 339.22

今年の元旦に1万円分購入すると
19.13748595 OP

(手数料除く単純計算)

[19.13748595 OP]

現在価値: 円 | 
騰落率:

オプティミズム OPを入手できるおすすめの取引所は?

インジェクティブ(INJ)

インジェクティブ(INJ)

インジェクティブ(INJ)は、イーサリアム、ソラナ、コスモス、およびその他多くのブロックチェーンとの間で資産とデータを移動できる、数あるブロックチェーンプロジェクトの中で最も相互運用性の高いチェーンの一つです。この相互運用性により、開発者とユーザーは、さまざまなブロックチェーンネットワーク上のアプリケーションをシームレスに活用できます。

インジェクティブ(INJ)は分散金融(Defi)に最適化されたネットワークということができます。完全に分散化された注文簿をはじめとする事前構築された金融アプリを構築するためのツールを提供し、開発者が主流の分散型アプリケーション(DApps)を簡単に作成できるようにしています。これにより、取引所、予測市場、さまざまなオンチェーン戦略などのアプリケーションが実現可能になります

インジェクティブ(INJ)の時価総額は現在、約 3353 億円、時価総額ランキングは49位となっています。

  • 現在価格: 3,694.43 円
  • 時価総額ランキング: 49 位
  • 時価総額: 約 3353 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -7,801,283,688.72 円
  • 過去24h高値: 4,213.77 円
  • 過去24h高値: 3,627.11 円
  • 過去24h価格の変化: -115.02 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

INJ/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

分散型金融(DeFi)に最適化した設計

事前構築された金融ツール

完全に分散化された注文簿: 開発者はこの注文簿を利用して、セキュリティやトークン、その他の金融商品の取引を可能にする取引所を構築できます。これにより、ユーザーは中央集権的な仲介者なしに直接取引を行うことができます。

予測市場:予測市場の構築をするために用意されたツールを通じて、ユーザーは将来の市場の動きを予測してベットすることができます。これは、情報の集約や意思決定のサポートツールとしても機能します。

オンチェーン戦略:スマートコントラクトを使用して実装されたブロックチェーン上で直接実行される自動化された金融戦略やプログラムを構築するための豊富なツールが用意されています。 ユーザーがより効率的に資産を管理し、収益を最大化することを目指します。これには、自動化されたトレーディング戦略やリスク管理ツールが含まれます。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [INJ/JPY] 5,038.05円
現在価格:
 [INJ/JPY] 3,694.43

今年の元旦に1万円分購入すると
1.98489406 INJ

(手数料除く単純計算)

[1.98489406 INJ]

現在価値: 円 | 
騰落率:

インジェクティブ INJを入手できるおすすめの取引所は?

現在、日本の取引所での取り扱いはありません。今後の日本上陸に期待です。
スイ(SUI)

スイ(SUI)

スイ(SUI)は、ゲーミング、DeFi、分散型ソーシャルメディア、NFTプロジェクトなど、さまざまなドメインのアプリケーションをホストしており、人気のあるプラットフォームとなっています。

スイ(SUI)は、特にGameFiプロジェクトとNFTの分野で人気を集めており、dAppsがユーザーに代わってガス料金を支払うことにより、ガスレス取引を可能にする仕組みや、開発者向けに高品質のゲーム開発と仮想体験を構築するための多くのツールとインフラストラクチャを提供しています。このように様々なDAppsに対応できる多様性はそのユースケースの広範囲をサポートできる能力を示しています。

スイ(SUI)の時価総額は現在、約 2280 億円、時価総額ランキングは65位となっています。

  • 現在価格: 175.15 円
  • 時価総額ランキング: 65 位
  • 時価総額: 約 2280 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -2,606,566,494.05 円
  • 過去24h高値: 199.76 円
  • 過去24h高値: 172.63 円
  • 過去24h価格の変化: -2.76 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

SUI/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

Suiブロックチェーンをプラットフォームとする分散型サービス

DeFi・NFT・Game・Metaverse

Turbos Finance|DeFi

ユーザーがプライベートキーを自分で管理するタイプのDEX(分散型取引所)です。ユーザーが様々な資産を取引できるようにすることで、Sui上で金融サービスの分散化を促進しています​

Cetus|DeFi

トレーダーがより効率的に資産を取引し、リスクを管理できるようにするための革新的なメカニズムを提供するDEX(分散型取引所)です。​

BlueMove|NFT

NFTランチパッド、マーケットプレイス、DEXを全て包含する包括的なDappです。NFTとDeFiの機能を統合することで、Suiエコシステム内での新しいユーザーエクスペリエンスを提供しています​

Lucky Kat Studios|Game

クールで洗練されたモバイルゲームを作成することを使命とするオランダの会社です。Suiブロックチェーンを採用することで、PanzerDogs NFTゲームプロジェクトを高度な機能で強化しています。Suiのプログラミングモデルが分散型ゲームに最適であり、ゲーム内アセットのスムーズな運用を可能にしています​

SoWork|Metaverse

仮想共同作業スタートアップで、職場のメタバースを構築することを目指しています。Suiを基盤として選択し、コンポーザブルで変更可能なNFTを迅速かつコスト効率よくミントすることを可能にしています

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [SUI/JPY] 109.22円
現在価格:
 [SUI/JPY] 175.15

今年の元旦に1万円分購入すると
91.56041508 SUI

(手数料除く単純計算)

[91.56041508 SUI]

現在価値: 円 | 
騰落率:

スイ SUIを入手できるおすすめの取引所は?

スタークネット(STRK)

スタークネット(STRK)

スタークネット(STRK)はイーサリアムのレイヤ2ソリューションです。STRKと呼ばれるゼロ知識証明技術を用いた独自の暗号技術によって高い透明性を持って高速なトランザクション処理と低いガス費用を実現しています。

このSTRK技術はデータの完全性と計算の正確性を証明するために使用されます。理論上、量的に上限なくトランザクションを処理することができ、量子コンピュータによる攻撃に対して耐性があるとされています。

スタークネット(STRK)の時価総額は現在、約 1457 億円、時価総額ランキングは95位となっています。

  • 現在価格: 199.56 円
  • 時価総額ランキング: 95 位
  • 時価総額: 約 1457 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -13,906,941,519.08 円
  • 過去24h高値: 232.04 円
  • 過去24h高値: 200.17 円
  • 過去24h価格の変化: -19.44 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

STRK/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

キーワード|ゼロ知識証明技術

ある証明者が検証者に対して、情報自体を明かすことなくその情報を知っていることを証明できる数学的方法のことをいいます。

ゼロ知識証明は、ブロックチェーンや暗号通貨の世界でプライバシーを高める技術として特に注目されています。例えば、ゼロ知識証明を使用することで、トランザクションの当事者がお互いに識別情報を交換することなく、資金の移動や契約の条件が満たされたことを証明できます。これにより、プライバシーを保ちながらデジタル経済での取引の透明性とセキュリティを向上させることができます。

COINBASEに上場した2024年2月21日に1万円分投資したら今いくら?

2024年2月21日始値:
 [STRK/JPY] 285.00円
現在価格:
 [STRK/JPY] 199.56

COINBASEに上場した2024年2月21日に1万円分購入したら
35.08818714 STRK

(手数料除く単純計算)

[35.08818714 STRK]

現在価値: 円 | 
騰落率:

スタークネット STRKを入手できるおすすめの取引所は?

現在、日本の取引所での取り扱いはありません。今後の日本上陸に期待です。
フレア(FLR)

フレア(FLR)

フレア(FLR)は他のブロックチェーンにスマートコントラクト機能を提供する目的で設計された独立したブロックチェーンです。

フレア(FLR)は外部のブロックチェーンデータをフレアネットワーク上で使用することができ、イーサリアムネットワークにおける演算エンジンであるEthereum Virtual Machine (EVM)を実行しているため、イーサリアム同様のスマートコントラクトをフレア上に構築することができます。

加えて、フレアネットワークではビットコイン、イーサリアム、その他のアセットなど、既存のアセットのラップされたバージョンを使用することができます。主要な仮想通貨(暗号資産)を含む幅広いアセットをサポートすることができることで、新しい金融製品やサービスを提供することが可能になります。

また、フレア・ネットワークはネットワーク外部からのデータを安全かつ信頼性高く取り込み、スマートコントラクトがこれらのデータを利用できるようにするフレア・タイム・シリーズ・オラクル(FTSO)というオラクルサービスを提供しています。これによりフレア・ネットワーク上でスマートコントラクトは通貨価格やその他の時系列データにスムーズにアクセスできるため、多様なDAppsの開発が可能になっています。

フレア・ネットワークはXRPとのパートナーシップを推進しており、XRPはフレア・ネットワーク上でFXRPとして表現され、スマートコントラクトで取り扱うことができます。

フレア(FLR)の時価総額は現在、約 1921 億円、時価総額ランキングは76位となっています。

  • 現在価格: 4.94 円
  • 時価総額ランキング: 76 位
  • 時価総額: 約 1921 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -7,080,977,485.72 円
  • 過去24h高値: 5.42 円
  • 過去24h高値: 4.86 円
  • 過去24h価格の変化: -0.21 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

FLR/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

2024年1月に発表されたグーグルクラウドとの提携

Google Cloudがフレア・ネットワークのバリデータおよびフレア・タイム・シリーズ・オラクル(FTSO)の貢献を発表

Google Cloudはフレア・ネットワークのセキュリティを支援し、分散型価格オラクルであるFTSOへの貢献も行います。これは、フレアのミッションをサポートし、分散型アプリケーションが高品質な分散データにアクセスできるようにするための重要な役割です。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [FLR/JPY] 2.48円
現在価格:
 [FLR/JPY] 4.94

今年の元旦に1万円分購入すると
4030.94857511 FLR

(手数料除く単純計算)

[4030.94857511 FLR]

現在価値: 円 | 
騰落率:

フレア FLRを入手できるおすすめの取引所は?

ワールドコイン(WLD)

ワールドコイン(WLD)

ワールドコイン(WLD)はOpenAIのCEOであるサム・アルトマンが主導するプロジェクトとして有名です。

その特徴は独特なアイディアによるアプローチにあります。具体的には、虹彩スキャンを使用して個人のユニークなデジタルIDを作成し、これを通じてより安全で公平なアクセスをデジタル経済に提供することを目指しています。この技術により、一人一人が確実に一つのアカウントだけを持つことが保証され、金融サービスへのアクセスや新しい形の暗号通貨の公平な配布が可能になります。この革新的なアイデアは、デジタルと金融の包括性を大きく前進させる可能性があるため、多くの関心を集めています。

ワールドコイン(WLD)の時価総額は現在、約 1340 億円、時価総額ランキングは101位となっています。

  • 現在価格: 714.59 円
  • 時価総額ランキング: 101 位
  • 時価総額: 約 1340 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -7,254,289,582.39 円
  • 過去24h高値: 802.91 円
  • 過去24h高値: 691.32 円
  • 過去24h価格の変化: -43.01 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

WLD/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

World ID

「人間であること」を証明するデジタルID

「Orb」という虹彩をスキャンする装置によって取得される「World ID」は、個人を一意に識別するための高度に安全な方法を提供することを目的としています。性、ユニークさ、セキュリティの難しさから、セキュリティが非常に高い認証方法とされています。

World IDの価値や意義

高度なセキュリティ: 虹彩のパターンは個人ごとにユニークで、生涯変わらないため、非常に高いセキュリティレベルを提供します。これにより、World ID は盗まれたり盗用が起こりにくいです。

認証スピード: 虹彩スキャンは数秒で完了し、即座に認証を行うことができます。これは、日常生活での認証の利便性を大きく向上させます。

World IDの評価

虹彩認証は、非常に正確で偽陽性の可能性が低いため、高く評価されています。しかし広範な普及については、装置のコストや社会的受容性、プライバシーに関する懸念など、克服すべき課題もあります。World IDによる虹彩認証の導入は、その高いセキュリティ性能と互換性から、多岐に渡って行われている分野での活用が期待されています。適切な規制が伴う必要があります。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [WLD/JPY] 512.13円
現在価格:
 [WLD/JPY] 714.59

今年の元旦に1万円分購入すると
19.52647203 WLD

(手数料除く単純計算)

[19.52647203 WLD]

現在価値: 円 | 
騰落率:

ワールドコイン WLDを入手できるおすすめの取引所は?

現在、日本の取引所での取り扱いはありません。今後の日本上陸に期待です。
クレイトン(KLAY)

クレイトン(KLAY)

クレイトン(KLAY)は、韓国で最も人気のあるメッセージングアプリ、カカオトークを運営する韓国最大手のIT企業Kakaoによって開発されました。Kakaoは、韓国のデジタルコミュニケーションとソーシャルプラットフォームの領域で広範な経験を持っており、その技術力と市場への影響力をブロックチェーン技術の発展に応用しています。

クレイトン(KLAY)は、Kakaoの強力な企業力を背景に、エンタープライズグレードの信頼性と高い技術基準で韓国で唯一世界的ブロックチェーン市場で競争力持っています。

現在、300を超えるDApps(分散型アプリ)の実行をプラットフォームとしてサポートしています。これらのDAppsは、金融、ゲーム、ソーシャルメディアなど、様々な分野にわたっており、クレイトンの多様性と柔軟性を示しています。この広範なアプリケーションのサポートにより、クレイトンはユーザーにとって魅力的な選択肢となり、開発者にとってはイノベーションの場を提供しています。

クレイトン(KLAY)の時価総額は現在、約 988 億円、時価総額ランキングは129位となっています。

  • 現在価格: 27.17 円
  • 時価総額ランキング: 129 位
  • 時価総額: 約 988 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -4,778,909,143.62 円
  • 過去24h高値: 30.26 円
  • 過去24h高値: 27.13 円
  • 過去24h価格の変化: -1.45 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

KLAY/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

アジア最大のユーザーを持つブロックチェーンエコシステムの誕生

フィンスキアとクレイトンの間の画期的な合併が正式に承認

2024年2月、日本のメッセージング複合企業であるLINEが開発したブロックチェーンプロジェクト「フィンスキア」と韓国IT最大手のKakaoの「クレイトン」の統合合併が投票率100%、支持率95%という驚異的な数字で承認されました。

両社は既にシンガポール、ベトナム、台湾、タイ、アブダビにネットワークを確立しており、この合併により45社を超える企業、420のdAppsとサービス、そして2億5000万人を超えるアジアのウォレットユーザーが参加するアジア最大のブロックチェーンエコシステムが誕生することになります。

早速合併に焦点を当てたタスクフォースの設立が始まり、アブダビに基盤を持つUAEの新しい統一財団の設立の可能性を模索する計画が進められています。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [KLAY/JPY] 32.14円
現在価格:
 [KLAY/JPY] 27.17

今年の元旦に1万円分購入すると
311.15313829 KLAY

(手数料除く単純計算)

[311.15313829 KLAY]

現在価値: 円 | 
騰落率:

クレイトン KLAYを入手できるおすすめの取引所は?

オアシス(OAS)

オアシス(OAS)

オアシス(OAS)プライバシー機能を備え、高速な処理能力を持ったブロックチェーンとして、特にDeFiアプリケーションでの使用に適しています。

特徴はトランザクションの最終性が瞬時に確定すること、そして取引手数料がイーサリアムと比較して99%程度低く抑えられている点です。

実際のユースケースでの使用が既に始まっていおり、Nebula Genomics、Binance CryptoSafe Alliance、およびFortune500のヘルスケアプロバイダーなどのプロジェクトがあります。これらのプロジェクトは、オアシスのフレームワークを使用して、プライバシーを保護しながらデータの共有や分析を行っています

オアシス(OAS)の時価総額は現在、約183 億円、時価総額ランキングは401位となっています。

  • 現在価格: 9.80 円
  • 時価総額ランキング: 401 位
  • 時価総額: 約 183 億 円
  • 過去24h時価総額の変化: -1,000,038,690.09 円
  • 過去24h高値: 10.86 円
  • 過去24h高値: 9.54 円
  • 過去24h価格の変化: -0.59 円
  • 最終更新: 2024/04/16 13:15 Data by Coin Gecko

OAS/USDリアルタイムチャート

深掘りポイント!

フロントランニングの防止

フロントランニングとは?

フロントランニングは、特に金融市場やブロックチェーン技術の文脈で使用される用語で、市場参加者が公になる前の情報を利用して取引を行う不公正な行為を指します。トランザクションがブロックチェーンに追加される前に、そのトランザクションに関する情報を得て、先回りして自分のトランザクションを送信する行為を指します。例えば、特定のトークンの大量購入が未確認のトランザクションプール(mempool)にあることを知ったトレーダーが、高いガス料金を支払って自分の購入トランザクションを先にブロックに含めさせ、価格上昇から利益を得ることができます。

フロントランニングの防止

オアシスネットワーク(OAS)は、複数の並行実行環境をサポートしており、異なるトランザクションを同時に処理することができます​​。更にトランザクションがほぼ瞬時に確定するので、未確認トランザクションプールの情報を利用して不公平な利益を得る余地が大幅に減少します。オアシスネットワーク(OAS)はこれらの技術により、トランザクション処理の効率を大幅に向上させると同時に、フロントランニングのような問題を軽減する可能性があります。

今年の元旦に1万円分投資したら今いくら?

2024年1月1日始値:
 [OAS/JPY] 13.38円
現在価格:
 [OAS/JPY] 9.80

今年の元旦に1万円分購入すると
747.47923671 OAS

(手数料除く単純計算)

747.47923671 OAS]

現在価値: 円 | 
騰落率:

オアシス OASを入手できるおすすめの取引所は?

将来性

将来性のある仮想通貨(暗号資産)を選択するコツ

仮想通貨(暗号資産)には数多くの種類があります。闇雲に投資する通貨を選択すると、利益を出すのが難しいだけでなく、大きく損失を出す可能性もあります。長期的に値上がりする銘柄を見つけ、適切なタイミングで参入することが欠かせません。

仮想通貨(暗号資産)を選ぶ際、その銘柄に将来性があるかを見極めるために、以下の項目を確認してください。

  • 時価総額が高いか確認する
  • 相場に関わらず競争が起こっているか確認する
  • 1日の売買金額を確認する
  • 大企業が出資しているかを確認する
  • 開発状況を確認する
  • ボラティリティを確認する

各項目の内容を詳しく見ていきましょう。

時価総額が高いか確認する

仮想通貨(暗号資産)を選ぶ際にまず見るべきは、時価総額です。時価総額の多い銘柄は、投資家からの注目度が高いと判断できます。

仮想通貨(暗号資産)は、プロジェクトの実行に必要となる資金調達の手段として発行されるケースもあります。時価総額が高ければ、それだけ豊富な資金があると判断できるでしょう。反対に時価総額が低いと、資金が集まらず、プロジェクトが頓挫する可能性があります。

また時価総額が高いということは、市場での取引量も多いということです。流動性が高くなるので、購入・売却も希望する金額でスムーズに行いやすくなります。

時価総額の明確な基準はありませんが、トップ10の時価総額から大きくかけ離れていない仮想通貨(暗号資産)を選びましょう。

相場に関わらず競争が起こっているか確認する

仮想通貨(暗号資産)市場は、取引が活発に行われる時期と、反対に冷え込む冬の時期に分けられます。冬の時期は全体的に取引が滞りますが、注目度の高い仮想通貨(暗号資産)は取引量が高く保たれています。

ビットコイン(BTC)は仮想通貨(暗号資産)市場が低迷しているときでも、常に時価総額ランキングのトップであり続けていました。

一方でトレンド性の強いアルトコイン(ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨(暗号資産)は、市場低迷に伴い価格が下落する傾向にあります。そのような銘柄は、将来性が高いとはいえないでしょう。

1日の売買金額を確認する

時価総額とあわせて1日の売買金額も確認しておきましょう。1日の売買金額が少ないと、なかなか注文が通りづらいといった現象が起きてしまうためです。

2024年3月時点で、24時間取引高トップ5は以下の表のとおりです。

銘柄名24時間取引高
1.USテザー(USDT)約14.4兆円
2.ビットコイン(BTC)約8.2兆円
3.イーサリアム(ETH)約3.6兆円
4.First Digital USD (FDUSD)約2兆円
5.USDコイン(USDC)約1.4兆円
※2024年3月1日時点

いずれも何千億、何兆単位で取引されています。24時間取引量がこのくらいあれば、希望する注文が通りやすくなるでしょう

大企業が出資しているかを確認する

仮想通貨(暗号資産)市場の拡大に伴い、大企業が資本を出してプロジェクトを支援する動きも見られます。大企業が出資しているかどうかも、仮想通貨(暗号資産)を選ぶ際に見るべきポイントです。

時価総額第6位のリップル(XRP)の開発元であるリップル社は、SBIホールディングスやGoogleVenturesなどの名だたる大企業から出資を受けています。大企業からの出資を元に、リップルのネットワークは徐々に拡大中です。

大企業から出資を受けている仮想通貨(暗号資産)は、将来性が高いと考えられます。気になる銘柄があれば、大企業から出資を受けていないかも合わせて確認しておきましょう。

開発状況を確認する

仮想通貨(暗号資産)の母体となるプロジェクトの開発状況を確認するのも重要です。

開発状況と合わせて、プロジェクトのジャンルも確認しましょう。トレンドになっている、または今後の発展が期待できる領域なら、将来性に期待できます。大きな利益を狙うなら、以下のジャンルに着目してみましょう。

  • AI
  • NFT
  • DeFi
  • メタバース
  • GameFi

ボラティリティを確認する

ボラティリティとは、価格変動の大きさのことです。一般的に仮想通貨(暗号資産)はボラティリティの大きい金融商品ですが、銘柄によってばらつきがあります。

短期間で大きな利益を狙うなら、ボラティリティの大きなアルトコインがおすすめです。しかし、大きな損失を出すリスクもあり、運用が難しくなります。

預けて増やす暗号資産レンディング  最高利率10%「BitLending」ビットレンディング

自力の運用に不安が残るならレンディングという手も

仮想通貨(暗号資産)運用は、最初に運用する銘柄を選ぶ必要があります。数多くの銘柄がありますが、ここまでの内容を理解していれば、適切なものを選択できるでしょう。

しかし、仮想通貨(暗号資産)運用で決めるべきは銘柄だけではありません。名柄を選んだ後は、どのように運用するのかを選択する必要があります。運用方法は現物取引やレバレッジ取引、アービトラージ取引など多岐にわたります。そのため、どれが自身に合った運用方法なのか悩まれる方もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、レンディングと呼ばれる運用方法です。レンディングとは、自身の保有する仮想通貨(暗号資産)を第三者に貸し出し、利息を得る運用方法です。

レンディングのメリットを、詳しく見ていきましょう。

レンディングのメリット

レンディングのメリットは、以下の3つです。

  • 難しい知識が必要ない
  • 自分で取引せずに仮想通貨(暗号資産)を増やせる
  • 銀行預金よりも金利が高い

レンディングは難しい知識は不要です。銘柄や取引量、貸出期間を設定すれば、取引を始められます。運用に手間がかからない点もメリットです。

これらのメリットに加えて、銀行預金よりも金利が高い点が魅力です。大手銀行の年利は一般的に0.002%ほどですが、レンディングなら数%以上を狙えます。

BitLendingでは、以下のような高い利率を実現しています。

ビットコインBTC

ビットコイン

BTC

8%

イーサリアム ETH

イーサリアム

ETH

8%

リップル XPP

リップル

XRP

6%

USテザー USDT

USテザー

USDT

10%

USDコイン USDC

USDコイン

USDC

10%

ダイ DAI

ダイ

DAI

10%

仮想通貨(暗号資産)運用を始めてみたいが不安が残る方は、ぜひプロの手によるレンディングもご検討ください。

まとめ

今回は、おすすめの仮想通貨(暗号資産)や将来性のある仮想通貨(暗号資産)の見分け方をご紹介しました。

将来性を見極めるには、時価総額や大企業からの出資の有無、ホワイトリスト入りしているかを確認しましょう。

運用する銘柄を決めた後は、運用方法を決める必要があります。いくつかの運用方法がありますが、自力の運用に不安が残る方は、レンディングがおすすめです。難しい知識は不要ながら、銀行預金よりも効果的に資産運用できます。

BitLendingはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのメジャーな仮想通貨(暗号資産)に加えて、価格の安定しているステーブルコインでのレンディングも可能です。ぜひご利用をご検討ください。