BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

  • HOME
  • >
  • 教えて暗号資産
  • >
  • ヴィタリック・ブテリンが生み出したイーサリアム(ETH)とは? 誕生の経緯や特徴を解説
ヴィタリック・ブテリンが生み出したイーサリアム(ETH)とは? 誕生の経緯や特徴を解説

ヴィタリック・ブテリンが生み出したイーサリアム(ETH)とは? 誕生の経緯や特徴を解説

World Computer Ethereum

イーサリアム(ETH)は数ある暗号資産(仮想通貨)の中でも時価総額が高く、運用初心者にもおすすめの銘柄です。

運用にあたって誕生の背景や開発者の思想を押さえておくと、価格に影響を及ぼす可能性のあるニュースを読み解けるようになるため、より効果的な運用ができるでしょう。

そこで本記事では、イーサリアムの開発者の詳細や、イーサリアム自体の特徴などをご紹介します。イーサリアム運用を考えている方はぜひ参考にしてください。

イーサリアム(ETH)の開発者、ヴィタリック・ブテリン

イーサリアム(ETH)の開発者は、ヴィタリック・ブテリン氏です。これまでどのようなトレンドに影響されたのか、そしてどんな経歴でイーサリアム(ETH)の開発に至ったのか見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)との出会い

ヴィタリック・ブテリン氏は17歳のとき、コンピューターアナリストだった父親の影響でビットコイン(BTC)の存在を知りました。

はじめこそ懐疑的だったヴィタリックでしたが、その仕組みの本質的な価値を理解しはじめ、ビットコイン(BTC)の情報が集まる掲示板を読み多くのことを学んでいきました。その後、暗号資産(仮想通貨)の情報をまとめるWebメディア「Bitcoin Magazine」を創設しています。

ヴィタリックを魅了した「分散型」というアイデア

ヴィタリックに大きな影響を与えたのは、今では暗号資産(仮想通貨)では当たり前になりつつある「分散型」というアイデアです。

1つの企業や機関、政府が中央で管理するシステムの場合、利用者の権利がないがしろにされるケースがあります。

一方で、分散型で構築されたシステムなら、取引の透明性が高く誰にとってもフェアな市場を形成できます。イーサリアム(ETH)の開発も、人々が自分の情報を自分で管理できる分散型のシステムを実現すべく行われました。

2014年に行われたイーサリアム(ETH)のプレセール

ビットコイン(BTC)を知り、分散型のシステムに魅了されたヴィタリックは、2014年にイーサリアム(ETH)の概要や仕組みをまとめたホワイトペーパーを発行しました。

同年にイーサリアム(ETH)がローンチされ、プレセールも行われます。このプレセールでは最終的に6,000万枚のイーサリアム(ETH)が販売され、これは当時の約31,500BTCに相当する量でした。

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム(ETH)の特徴を、以下の3つご紹介します。

  • スマートコントラクト
  • Ether
  • 時価総額ランキング2位の人気暗号資産(仮想通貨)

各特徴を詳しく見ていきましょう。

スマートコントラクト

イーサリアム(ETH)には、スマートコントラクトが実装されています。スマートコントラクトとは、あらかじめ決められたプログラムに沿ってブロックチェーン上の取引を自動化する仕組みです。

スマートコントラクトのメリットは、取引記録を改ざんできない点です。これにより、イーサリアム(ETH)上の取引は、中央管理者がいないにも関わらず安全性と信頼性が担保されています。

イーサリアム(ETH)以外にも、DeFi(分散型金融)やWeb3関連のプロジェクトに活用されています。

Ether

イーサリアム(ETH)は、分散型アプリケーション(Dapps)の開発ができるプラットフォーム「イーサリアム」の基軸通貨です。

政府や特定の機関から切り離されて運用されており、透明性が高く、スピーディーな取引を行える点が特徴です。ビットコイン(BTC)は単なる決済ネットワークであるのに対し、金融サービスやDappsの開発、NFT(Non-Fungible Token)の発行など、さまざまな場面で活用されています。

時価総額ランキング2位の人気暗号資産(仮想通貨)

イーサリアム(ETH)は数ある暗号資産(仮想通貨)の中で、時価総額ランキングでビットコイン(BTC)に次ぐ第2位です。2023年7月下旬時点の価格は約26.5万円、時価総額は約31兆円となっています。

暗号資産(仮想通貨)の中には短期的に値上がりし、その後急落するものも珍しくありません。イーサリアム(ETH)は長年、時価総額ランキングで上位に入っているので比較的安心して運用できるでしょう。

Ethereumイーサリアムの効率的運用法

ビットレンディングでイーサリアム(ETH)を積極的に運用してみよう

本記事では、ヴィタリック・ブテリン氏に焦点を当てつつ、彼が開発したイーサリアム(ETH)の特徴や概要を解説しました。イーサリアム(ETH)は、ブロックチェーンにスマートコントラクトを組み込んだ分散管理型のプラットフォームで、そこで使用される暗号資産(仮想通貨)です。

時価総額はビットコイン(BTC)に次ぐ第2位で、注目度の高さがうかがえます。運用する銘柄に迷った際は、イーサリアム(ETH)を運用するのもいいでしょう。

運用方法には現物取引やアービトラージ、レバレッジなどがありますが、運用初心者はリスクを抑えつつ、利益を狙える運用方法がおすすめです。そのうちの一つにレンディングがあります。

レンディングとは、保有する暗号資産(仮想通貨)を第三者に貸し出し、利息を得る運用方法です。自分で運用する必要はなく、難しい知識も不要でありながら高い利率で運用できる点がメリットです。

預けて増やす暗号資産レンディング  最高利率10%「BitLending」ビットレンディング

レンディングサービスを提供するBitLendingでは、以下の銘柄を表記の利率で運用できます。

ビットコインBTC

ビットコイン

BTC

8%

イーサリアム ETH

イーサリアム

ETH

8%

リップル XPP

リップル

XRP

6%

USテザー USDT

USテザー

USDT

10%

USDコイン USDC

USDコイン

USDC

10%

ダイ DAI

ダイ

DAI

10%

今回紹介したイーサリアム(ETH)はもちろん、時価総額ランキングで上位の銘柄であるビットコイン(BTC)・リップル(XRP)に加えて、ステーブルコインを3種類扱っています。

イーサリアム(ETH)をレンディングで運用したい方は、ぜひBitLendingのご利用をご検討ください。