BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

2024最新版 ビットコイン(BTC)10年後はどうなる? 将来性を予測!

2024最新版 ビットコイン(BTC)10年後はどうなる? 将来性を予測!

10年後のbitcoin価格

ビットコイン(BTC)運用を始めている、もしくはこれから始めようと考えているなら、やはり気になるのが「10年後の価格」です。ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)市場は近年、成長が著しい業界なので注目を集めています。しかし、10年後に衰退するなら投資する意味はありません。

そこで本記事では、ビットコイン(BTC)が10年後どうなっているのかについて、また、これまでの推移についても、さまざまな意見や視点から解説します。併せてビットコイン(BTC)を効率的に運用する方法もご紹介します。

ビットコイン(BTC)の今 Bitcoin Now

ビットコイン(BTC)の今と2024年の見通し

まずは、現在のビットコイン(BTC)と2024年の見通しについて押さえておきましょう。2024年1月10日にアメリカの証券取引委員会(SEC)によってビットコイン現物ETFが承認されました。これは暗号通貨市場において重要なマイルストーンとなります。この承認により、いくつかの大きな変化が予想されます。

ビットコイン現物ETFとは?

ビットコイン現物ETFは、ビットコインに直接投資する代わりに、ビットコインの価格に連動して取引される一般的な株式市場の投資商品です。これは、暗号資産(仮想通貨)の取り扱いに関連するいくつかの難点を解消してくれます。例えば、直接の暗号資産(仮想通貨)取引は価格の急変動、保管の安全性の問題、複雑な技術的な理解が必要という点で難しい面があります。しかし、ビットコイン現物ETFを利用することで、これらの問題が軽減され、より手軽で安心して投資ができるようになります。

さらに、暗号資産(仮想通貨)が一般的な株式市場で扱われるということは、政府や金融機関による規制と監督のもとで運営されるということでもあり、透明性が高く、投資家保護の観点からも安心して利用できることになります。ビットコイン現物ETFは、このような市場を通じてビットコインへの投資が可能になり、暗号資産(仮想通貨)へのアクセスをより広い層の投資家に提供します。

投資家にとってのビットコイン現物ETF

一般の投資家もそうですが、特に銀行、保険会社、年金基金、ヘッジファンドなどの大量の資金を運用する機関投資家にとって、 現物のビットコインよりもビットコイン現物ETFに投資する方がメリットが大きい理由についてみていきましょう

  • 規制とセキュリティ
  • 流動性とアクセスの容易さ
  • カストディ(保管)サービス
  • 規制準拠とリスク管理
  • 税務と会計処理の簡便化
規制とセキュリティ

ETFは証券取引所で取引され、金融当局によって規制されています。これは、機関投資家にとって安全性と合法性を保証します。一方、ビットコイン現物の取引は規制が緩い場合があり、セキュリティリスクが高いことがあります。

流動性とアクセスの容易さ

ETFは株式市場で取引されるため、機関投資家は既存の取引システムを利用して簡単に取引できます。また、ETFは高い流動性を持ち、大量の資金を迅速に投資・回収することが可能です。

カストディ(保管)サービス

ビットコイン現物の保管は技術的な知識を必要とし、セキュリティリスクが伴います。ETFの場合、保管の問題はETFを管理する会社が担います。

規制準拠とリスク管理

機関投資家は規制遵守が求められます。ETFは規制フレームワークの下で運営されるため、コンプライアンス(法令遵守)とリスク管理がしやすくなります。

税務と会計処理の簡便化

ETFは伝統的な金融商品としての扱いを受けるため、税務や会計処理が簡素化され、管理が容易になります。

このように大量の資金で運用する投資家の立場からすると、ビットコイン現物ETFは圧倒的にメリットがあると言えます。

ビットコイン現物ETF承認によって起こる変化とは?

ビットコイン現物ETF承認によって起こる変化とは?

次の2点について考えていきましょう。

  • ビットコインと国際金融市場における変化
  • ビットコイン価格における変化

ビットコインと国際金融市場における変化

信頼性の向上が呼び込む新たな市場参入

ETFの承認は、ビットコインが主流の金融商品として受け入れられることを示す重要な兆候です。これにより、より多くの機関投資家や保守的な投資家がビットコイン市場に参入する可能性があります。

流動性の向上

ETFを通じて、ビットコイン市場へのアクセスが容易になります。これにより取引量が増加し、市場の流動性が向上すると考えられます

長期的な視点での価格の安定性が増す

機関投資家の参入により、ビットコインの価格がより安定する可能性があります。大量の資金が市場に流入することで、価格の急激な変動が抑えられるかもしれません。

ビットコイン価格における変化

短期的な価格上昇

ETFの承認のニュースは、市場の楽観主義を刺激し、短期的に価格が上昇する可能性があります。

機関投資家の市場参入にかかる時間

ただ注意が必要なのは、一般的に、機関投資家は新しい資産クラスに投資する際、慎重なアプローチを取ります。投資決定には時間がかかり、市場への影響も即座には現れないことが多いです。 このため、ビットコイン現物ETFの承認後も、機関投資家の市場への本格的な参入は段階的に進むと予想されます。投資家がこの新しい投資機会を評価し、ポートフォリオに組み入れるための戦略を練るには時間が必要です。機関投資家の本格的な市場参入は2024年Q2以降になりそうです。

長期的な影響

長期的には、市場に様々な、また多くの投資家が参入するにつれて市場の成熟度が高まっていきます、そうなることで価格が安定し、より予測可能になる可能性があります。

2024年3月頃に予定されるビットコインの半減期とその影響

また、2024年の見通しとして、注視が必要なのは2024年3月頃に予定されているビットコインの半減期です。

ビットコインの半減期とは

ビットコインの半減期は、マイナーに支払われる報酬が半分に減るイベントです。これは通常、新しく採掘されるビットコインの供給量が減少することを意味し、半減期が近づくと、ビットコインの供給減少に対する市場の期待が高まり、これが価格上昇につながる可能性があります。

過去の半減期と市場の動き

過去の半減期イベントでは、ビットコインの価格が上昇する傾向にありました。これは、供給の減少が将来の希少性を高め、投資家の間でビットコインの価値が再評価されるためと考えられています。

しかし、過去の動向が未来の市場の動きを保証するものではありません。市場は常に新しい情報、マクロ経済状況、規制の変更など様々な外部要因に影響されます。

総合的に見ると、半減期は市場に重要な影響を与えるイベントであると予想されますが、その具体的な影響を確実に予測することは難しいです。投資家はこれらのイベントを慎重にモニタリングし、市場の動向を注視することが重要です。

現在のビットコインのまとめと注意点

以上に示したようにビットコインは今、大きな節目を迎えようとしています。ビットコインを伝統的な金融資産と同様に扱えるようになることで、投資する上での多くの障壁がなくなります。このことはビットコイン市場への新規参入を促すこととなると予想されます。また、2024年は約4年ごとに訪れる半減期イベントも手伝って大きく価格が動くことが予想されます

しかしながら、金融市場は予測不可能な要素が多く、特に暗号通貨市場は非常に変動しやすいため、上記のシナリオはあくまで一つの可能性に過ぎません。

ETFの承認は、ビットコインと国際金融市場にとって大きなステップとなる可能性がありますが、市場の動向やリスクを常に念頭に置いておくことが重要です。

これまでのビットコインの価格推移と半減期

ビットコイン(BTC)の過去10年の価格推移と半減期

ビットコイン(BTC)の週足チャートから、これまでの価格推移と半減期のタイミングを確認しましょう。

転換点価格
主な出来事
2010123124黎明期
2011611高値2112TIME誌でBTC特集 1次バブル期
2011723安値0.17Mt.Goxハッキング
201211半減期
2013410高値18,919キプロス危機
20131129高値106,5452次バブル期
2015119安値24,841中国で取引禁止 Mt.Gox2回目のハッキングで閉鎖へ
20167半減期
20171218高値2,154,055CMEビットコイン先物取引開始 3次バブル期
201927安値375,451web広告禁止Google facebook twitter
201989高値1,266,155BakktがBTC先物取引開始
2020315安値561,376コロナショック
20205半減期
2021414高値6,915,354米コインベース上場
2021721安値3,274,509強気センチメントの後退
20211021最高値7,547,395先物ETF取引開始 4次バブル期
202311安値2,169,680FTX経営破綻
202411高値6,776,839現物ETF承認
20243半減期

上昇下降を繰り返しながらも、長期的に価格推移をみると、大きく価格が上昇していることが分かります。直近の10年間で3000%以上、5年間で500%以上のパフォーマンスとなっています。

Data by CoinMarketCap 週足チャート

10年後のビットコイン(BTC)の価格はどうなっている?

10年前と比較すると、ビットコイン(BTC)の価格は数百倍と大きく上昇しています。続いて気になるのが、ビットコイン(BTC)の10年後の価格推移です。また、ビットコインは暗号資産(仮想通貨)全体の50%(2024年1月)の価値を占めています。ビットコイン(BTC)の10年後を予測することは、すべて暗号資産(仮想通貨)の10年後の価格推移を予測する上でも基準となります。

ビットコイン(BTC)の10年後の価格は、どう予想されているのでしょうか?AI、有識者、銀行のそれぞれの予想を見ていきましょう。

AIイメージ

AIによる今後10年の長期予測

AI予想モデル①|PricePrediction

PricePrediction最低予想平均予想最高予想
2024¥8,772,233¥9,081,798¥10,547,245
2025¥13,668,115¥14,122,204¥15,685,355
2026¥19,558,650¥20,123,538¥23,959,754
2027¥29,005,783¥29,810,724¥33,779,336
2028¥41,703,041¥42,895,469¥50,048,457
2029¥61,828,922¥63,544,741¥72,048,228
2030¥89,146,766¥92,324,003¥107,676,263
2031¥132,151,270¥136,767,470¥155,558,581
2032¥193,257,167¥198,727,866¥232,235,722
2033¥280,782,133¥288,731,247¥341,260,803

※(2024年1月時点の為替レート(1ドル=145円)で計算)
Data by:PricePrediction|https://priceprediction.net/ja/price-prediction/bitcoin

AI予想モデル②|DigitalCoinPrice

DigitalCoinPrice最低予想平均予想最高予想
2024¥5,551,730¥13,220,604¥13,653,636
2025¥13,343,841¥14,486,566¥15,725,392
2026¥18,304,105¥22,371,622¥22,661,464
2027¥23,903,006¥26,347,202¥28,216,101
2028¥23,903,006¥26,347,202¥28,216,101
2029¥29,509,226¥31,794,872¥34,067,560
2030¥41,872,426¥45,308,444¥46,538,788
2031¥60,565,101¥64,589,392¥65,202,062
2032¥85,390,352¥87,602,023¥89,286,749
2033¥116,454,130¥119,443,158¥121,101,973

※(2024年1月時点の為替レート(1ドル=145円)で計算)
Data by:DigitalCoinPrice|https://digitalcoinprice.com/forecast/bitcoin

月日が経つにつれ、ビットコイン(BTC)の価格は上昇すると予想しています。最高価格の予想はPricePredictionが円換算で1BTC約3.4億円、DigitalCoinPriceが約1.2億円です。

PricePrediction
PricePrediction.netは多くの専門家を抱え、長期・短期共にディープラーニングAIによるビットコイン価格のテクニカル分析を発表している

DigitalCoinPrice
DigitalCoinPriceは2017年以来、暗号資産(仮想通貨)情報サイトとして信頼できるブランドなっています。価格予測は様々なインジケータやオシレータをAIを使って分析しています。

その他のAIモデルの予想も見ていきましょう。Coin Price Forecasは少し予想のフォーマットが異なり、各年の6月末と年末の予想価格を公開しています。

AI予想モデル③|Coin Price Forecas

Coin Price Forecas6月末価格年末価格
2024¥9,027,265¥12,617,610
2025¥11,638,860¥12,499,725
2026¥11,947,130¥13,739,185
2027¥15,505,720¥13,761,370
2028¥14,334,700¥15,289,960
2029¥16,444,450¥17,677,820
2030¥18,901,620¥20,116,720
2031¥21,293,540¥22,491,240
2032¥23,681,980¥24,866,050
2033¥26,043,885¥27,215,920

※(2024年1月時点の為替レート(1ドル=145円)で計算)
Data by:Coin Price Forecas|https://coinpriceforecast.com/bitcoin-forecast-2020-2025-2030

AIによるビットコイン予測の特徴と注意点

各社のAIごとに考慮している要素パラメータの数や重みが異なる為に、価格予想に大きな幅はあるものの、現在の価格より大きく上昇しているのがAIによるビットコイン(BTC)予測の特徴です。

AIによるビットコイン予測を活用する上での特徴と注意点

AI予測の最大の特徴は、大量のデータを高速で処理し、複雑なパターンや関係性を把握することができる点です。機械学習モデルは市場のトレンド、取引量、外部イベントなど多岐にわたる要因を考慮し、予測を行います。

しかし、AI予測には注意点も存在します。ビットコイン市場は非常に変動が激しく、予期せぬイベントが価格に大きな影響を与えることがあります。そのため、AIモデルも過去のデータに基づいて予測を行うため、未知のイベントに対しては対応が難しいことがあります。

また、AI予測はあくまで予測であり、100%の確実性を持っているわけではありません。投資家はAIの予測を一つの参考情報として利用し、他の分析手法と併用しながら総合的な判断を下すことが重要です。

投資の世界では、「過去の成績が将来の成績を保証するものではない」とよく言われます。AIによるビットコイン予測も同様に捉えるべきであり、投資判断の一助として利用することが望ましいです。

専門家のイメージ

有識者による予測

以下の、ビットコイン(BTC)の有識者による予測を見ていきましょう。

ビットコインの国際的なカンファレンスにて、マイクロストラテジーの元CEOマイケル・セイラー氏とアーク・インベストメント・マネジメントのキャシー・ウッドが登壇しました。同カンファレンスにおいてウッド氏は、ビットコイン(BTC)の価格は100万ドルに達すると発言しています。

アメリカの投資家、ティム・ドレイパー氏は「半減期を経て、ビットコイン(BTC)の価格が25万ドルに達するだろう」と予想しています。

出典:
ForbesJapan.「「ビットコイン(BTC)の祭典」で大注目、2人の著名投資家の発言」.https://forbesjapan.com/articles/detail/46858
ForbesJapan.「ビットコイン(BTC)は次の半減期までに25万ドルに急騰、著名投資家が予測」.https://forbesjapan.com/articles/detail/53355

銀行のイメージ

銀行による予測

アメリカの大手金融機関「JPモルガン」は、長期的に見て15万ドルに達すると推測しています。日本円にして約2,250万円です。 (※)

しかし、同時にビットコイン(BTC)のボラティリティの大きさにも言及しており、急高騰と急下落の波を抑えるのが課題だとしています。

まだボラティリティが大きい点は否めませんが、過去に比べてボラティリティは減少傾向にあります。今以上に改善されれば、JPモルガンの予想に近づくことも考えられるでしょう。

※(2024年1月時点の為替レート(1ドル=145円)で計算)

出典:
ForbesJapan.「ビットコイン(BTC)は長期的に15万ドルに上昇、JPモルガン予測」

https://forbesjapan.com/articles/detail/45815/page1
ビットコインの将来性

なぜビットコイン(BTC)には伸びしろがあるのか

ビットコイン(BTC)に伸びしろがあるとされる理由を、以下の5点から解説します。

  • 発行枚数に上限がある
  • さまざまな場所で支払いに利用できる
  • 市場参加のハードルが比較的低い
  • 法定通貨として採用され始めている
  • 暗号資産(仮想通貨)の中で基軸通貨になっている

各理由を見ていくと、ビットコイン(BTC)の将来をイメージできるはずです。詳しく解説します。

発行枚数に上限がある

ビットコイン(BTC)の発行枚数上限は、2,100万枚になるようプログラムされており、理論上、2140年に発行済みとなると言われています。ビットコイン(BTC)には価格維持に努める中央管理者がいないため、価格が維持されるのか不安に思われる方もいるかもしれません。しかし発行上限があることで、価格上昇が期待されています。

発行上限枚数が定められていない、もしくは上限が多い暗号資産(仮想通貨)は、需要と供給の関係から、1枚当たりの価値が低くなるのが特徴です。例えば発行枚数が発行枚数の多いリップル(XRP)の価格は、2024年1月現在、80〜90円台と低くなっています。

その点ビットコイン(BTC)は上限が設定されており、かつ暗号資産(仮想通貨)の中では上限が少ない方なので、価値が減少しにくいと考えられます。むしろ発行枚数上限に近づくにつれ、価格が上昇するでしょう。

なおビットコイン(BTC)の新規発行枚数は、4年に1度半分になる半減期が訪れます。過去の価格変動を見ると、ビットコイン(BTC)が半減期を迎えた後は買いの動きが優勢になるため、価格が上がる傾向にあります。半減期が来る前に、ビットコイン(BTC)を保有しておくことを推奨します。ちなみに次の半減期は2024年の3月頃に予定されています。

さまざまな場所で支払いに利用できる

ビットコイン(BTC)はさまざまな場所で、決済手段として利用できます。インターネットはもちろん、実生活での買い物も含まれています。

日本でいち早くビットコイン(BTC)決済を導入した大手家電量販店のビックカメラを筆頭に、日本でもビットコイン(BTC)で支払いができるサービスは増加中です。海外の導入企業の例と合わせて見ていきましょう。

  • 楽天
  • LINE
  • CAMPFIRE
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ビットコイン(BTC)モール
  • パソコンSHOPアーク
  • コカコーラ
  • スターバックス
  • ケンタッキー
  • PayPal
  • バーガーキング

その他、日本では電気やガス代などの公共料金支払いにも利用できる取り組みが進んでいます。ビットコイン(BTC)取引の透明性の高さを活かし、日本赤十字社やユニセフなどの団体への寄付も可能です。

まだ一般的に普及しているとはいえませんが、ビットコイン(BTC)決済は徐々に活用が進んでいます。いずれは電子マネーのようにもっと身近な決済手段になる可能性を秘めているといえるでしょう。

市場参加のハードルが比較的低い

ビットコイン(BTC)は市場参加のハードルが低いため、取引を始めやすい特徴があります。この点も将来性が明るいとされる理由です。以下の表に示すように、多くの取引所で少額から取引できます。

取引所最低購入金額
Coincheck取引所:0.005 BTC以上 かつ 500円以上から
販売所:500円以上または0.001BTCから
bitFlyer取引所:0.001BTC
販売所:0.00000001BTC
GMOコイン取引所:0.0001BTC
販売所:0.00001BTC
DMM Bitcoin販売所:0.0001BTC
BITPOINT取引所:0.0001BTC
販売所:500円

仮にビットコイン(BTC)が1BTCからしか購入できなかったり、購入方法が複雑だったりすると、購入ハードルが一気に高くなります。そのようなケースでは、一部の限られた人しかビットコイン(BTC)取引ができないため、一般に普及することはないでしょう。普及しなければ需要も高まらないため、価格上昇には期待できません。

ビットコイン(BTC)投資を始めるだけなら、ワンコインからでも可能です。ビットコイン(BTC)市場に参加しやすくなっているため、より一般的に普及すると考えられるでしょう。

法定通貨として採用され始めている

中南米のエルサルバドルは、2021年にビットコイン(BTC)を法定通貨にすると正式に定めました。エルサルバドルの国民の7割は、銀行口座を持っていないというデータがあります。そのため、多くの国民は銀行を起点とした金融サービスを受けられません。

しかし、法定通貨にビットコイン(BTC)を導入すれば、暗号資産(仮想通貨)ウォレットを保有するだけで取引が可能となります。それだけでなく、海外送金も効率化できたり、国際的に取引が進んでいるビットコイン(BTC)市場に参入できたりと、多くのメリットがあります。

今後、エルサルバドルのように、国民が銀行口座を持っていない国では、ビットコイン(BTC)が法定通貨として認められる可能性があるでしょう。

また、スイスの都市ルガーノでは、ステーブルコインのLVGAやテザー(USDT)に加え、ビットコイン(BTC)を事実上の法定通貨としています。商品・サービスの決済だけでなく、公共サービスや授業料の支払いにも利用可能です。

ビットコイン(BTC)に対する信頼性がなければ、法定通貨になることはありません。今後も、国を挙げてビットコイン(BTC)の実用化に取り組む例が出てくるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の中で基軸通貨になっている

暗号資産(仮想通貨)といえばビットコイン(BTC)を思い浮かべる方は、多いのではないでしょうか。それもそのはず、ビットコイン(BTC)は暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキングでトップであり続けています。時価総額は、2位のイーサリアムの約3倍の、123兆円です。(2024年1月現在)

そのため数多くの種類がある暗号資産(仮想通貨)の中で、ビットコイン(BTC)は基軸通貨となっています。ビットコイン(BTC)を軸に、DeFi(分散型金融)での取引や、アルトコインとの交換などを行えます。現実世界で使われている通貨に換金する際も、ビットコイン(BTC)を経由するケースがほとんどです。

基軸通貨になっている分、取引量が多く流動性も高く保たれています。アルトコインの中には、取引量が少なく流動性が低いものも見受けられます。そのような流動性の低い暗号資産(仮想通貨)は「買いたくても買えない」「売りたくても売れない」などの状況が発生しかねません。暗号資産(仮想通貨)取引のハブとして機能するビットコイン(BTC)は、安定的に購入・売却できます。

今後もビットコイン(BTC)は暗号資産(仮想通貨)の中の基軸通貨となると考えられ、一定の需要が見込めます。

ビットコインの問題点

一方で「ビットコイン(BTC)に将来性は無い」とする声も

ここまで、ビットコイン(BTC)の将来性が明るいとする意見を見てきました。どれも納得できる内容なので、早速ビットコイン(BTC)投資を始めてみようと考える方もいるでしょう。

しかし、実際に運用を始める前に「ビットコイン(BTC)に将来性は無い」とする意見も見て、メリット・デメリットを天秤にかけて判断するべきです。ビットコイン(BTC)の先行きが暗いとされる理由は、以下の3つです。各項目を詳しく解説します。

  • スケーラビリティ問題を抱えている
  • 脆弱性が指摘されている
  • 各国の規制に影響される

1つ目は、ビットコイン(BTC)がスケーラビリティ問題を抱えている点です。スケーラビリティ問題とは、取引量の増加により、データ処理が追いつかなくなることです。処理速度が遅くなる他、マイニングにかかる手数料が増えます。

ビットコイン(BTC)のスケーラビリティ問題は、ブロックサイズが1MBに制限されている点に起因します。処理速度を上げるライトニングネットワークやサイドチェーンの実装により、スケーラビリティ問題を解決に導ければ、将来性はより明るくなると考えられるでしょう。

2つ目は、51%攻撃という脆弱性が指摘されている点です。ビットコイン(BTC)の取引はブロックチェーン上に記録され、ユーザー同士で取引が正しく行われているかをチェックします。このとき51%以上の人が不正な取引を正しいと認めると、承認されてしまいます。これほどの脆弱性があると、ビットコイン(BTC)の将来性を不安視する声も理解できるでしょう。

とはいえ、51%攻撃を行うコストがリターンを遥かに上回っているため、現実的には起き得ないと言われています。仮に起きたとしても、過去の記録は改ざんできないため、個人のウォレットに入っている暗号資産(仮想通貨)に被害はおよびません。

3つ目は、各国の規制に影響される点です。日本においては、暗号資産(仮想通貨)取引事業者は金融庁から認可を受けなければなりません。韓国では過去に、暗号資産(仮想通貨)に関わる規制により約40ものの取引所が、運営を停止させられています。国の方針により、暗号資産(仮想通貨)取引ができない可能性があります。そうなると、暗号資産(仮想通貨)への不信感から価格が低迷するでしょう。

しかし、アメリカでビットコイン(BTC)ETFが承認されたり、ビットコイン(BTC)が法定通貨として採用されたりと、国を挙げてビットコイン(BTC)の普及を推進する事例もあります。安全性や実用性が認められれば、今以上にこの流れが促進される可能性もあります。

ビットコイン(BTC)は長期的な視点で運用すべき

ビットコイン(BTC)は暗号資産(仮想通貨)の「ボラティリティが大きい」という側面もあるため、価格が急激に変動するケースもあります。実際、2021年11月に過去最高額770万円超えを記録した後、わずか半年ほどで260万円にまで下がりました。短期で見るとかなり不安定な動きをするため、ビットコイン(BTC)運用に不安を覚える方もいるでしょう。

しかし、先述したように過去10年単位で見ると大きく価格が上昇しています。今後10年間でさらに上昇するとの声も多数です。

ビットコイン(BTC)を運用するなら、長期的な視点を持つことが欠かせません。目先の短期的な変動に気を取られるのではなく、長期で保有して利益を狙いましょう。

bitlending

自力での運用が不安な場合はレンディングという手も

ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)投資は、一般的に現物取引やレバレッジ取引など売買で利益を上げますが、安定的に暗号資産の数量を増やせる運用の手法もいくつかあります。数ある運用手法の中でも特に初心者におすすめなのがレンディングです。

レンディングは、難しい知識は不要ながら、銀行預金よりも高い利率で運用できます。

BitLendingで取り扱っている銘柄と、年利は以下のとおりです。

ビットコインBTC

ビットコイン

BTC

8%

イーサリアム ETH

イーサリアム

ETH

8%

リップル XPP

リップル

XRP

6%

USテザー USDT

USテザー

USDT

10%

USDコイン USDC

USDコイン

USDC

10%

ダイ DAI

ダイ

DAI

10%

自力での運用が不安な方は、ぜひプロの手によるレンディングをご検討ください。

まとめ

今回は、ビットコイン(BTC)の過去10年間の価格推移や今後10年の価格予想を見てきました。ビットコイン(BTC)は10年前と比較して、最高で数百倍になっており、大きく価格が上昇しています。

AIや著名人、銀行の予想では、将来的に価格が上昇するとの意見も多くなっています。あくまでも予想ですが、10年以内に1億円以上になるとの声もあるほどです。長期視点をもって保有すれば、利益を見込めるでしょう。

運用方法にはいくつかありますが、自力での運用に不安が残る方は、プロの手によるレンディングがおすすめです。運用する手間はかかりませんが、銀行預金よりも高利率で運用できます。

BitLendingは年利6〜10%と、高利率な点が特徴です。レンディングによる運用を考えている方は、ぜひご利用をご検討ください。