BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

【初心者必見】暗号資産(仮想通貨)の始め方を分かりやすく徹底解説

【初心者必見】暗号資産(仮想通貨)の始め方を分かりやすく徹底解説

暗号資産(仮想通貨)を始めたいと思っても、何をどうすれば良いのかわからず、なかなか始められない

暗号資産(仮想通貨)を始めたいと思っても、何をどうすれば良いのかわからず、なかなか始められない方が多いのではないでしょうか。

暗号資産(仮想通貨)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、USDコイン(USDC)など、さまざまな種類が存在するだけでなく、暗号資産(仮想通貨)の取引所も複数存在します。

初心者の方は興味があっても「どのように始めたらいいのかわからない」「買ってみたもののよくわからず放置している」など、結局よくわからず諦めてしまう方が多いでしょう。

そこで、暗号資産(仮想通貨)の始め方を分かりやすく解説するとともに、おすすめの取引所や注意点なども紹介します。

暗号資産(仮想通貨)を始めてみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

暗号資産とは?仮想通貨とは?

暗号資産(仮想通貨)とは

仮想通貨とは、電子データのみでやり取りされる通貨で、暗号資産とも呼ばれます。

日本円をはじめとする法的通貨とは違い、特定の国や中央銀行が発行したものではなく、インターネット上にのみ存在するデジタル通貨です。

また電子マネーと違い、価値が変動するのが特徴です。

電子マネーは、あくまで法的通貨を電子化した決済手段なので価値は一定ですが、暗号資産(仮想通貨)は為替市場や世界の経済状況などで、価値が大きく変動します。

例えば1万円で購入した暗号資産(仮想通貨)が5,000円になったり、10万円になったりと、価値が一定ではありません。

そのため、株取引のように「安く買って高く売る」ことで、売却益を狙う資産運用です。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)が有名ですが、暗号資産(仮想通貨)の種類は膨大にあり、現在も増え続けています。

「交換所」や「取引所」と呼ばれる、金融庁・財務局の登録を受けた事業者から、入手・換金するのが一般的です。

暗号資産(仮想通貨)を始める際に必要な書類

暗号資産(仮想通貨)を始めるには、交換所や取引所で口座を開設する必要があります。

口座開設には、一般的な銀行口座などと同じく、本人確認書類が必須となっています。スムーズに口座を開設するためには、必要書類を事前に準備しておきましょう。

また銀行が複数あるように、交換所や取引所は複数あり、取引所によって本人確認に必要な書類は異なります。

例えば大手取引所である「コインチェック」の場合は、以下いずれかの書類で本人確認ができます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

いずれも「表面」「表面・斜め上から」「裏面」の撮影を行った上で、顔の撮影を行います。

一般的に本人確認に使用される書類が必要ですが、どのような書類が必要なのかは、口座開設を希望する暗号資産(仮想通貨)取引所の公式サイトで確認しましょう。

暗号資産(仮想通貨)投資を具体的に始める

暗号資産(仮想通貨)投資の具体的な始め方

暗号資産(仮想通貨)投資の始め方について、具体的に解説します。

暗号資産(仮想通貨)に興味を持っていても、どのように始めればいいのかわからなかった方もいらっしゃるでしょう。順を追って解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.環境を整える


暗号資産(仮想通貨)取引を始めるにあたって、まずは必要な環境が整っているかチェックしましょう。

最低限必要なものとして、大きく以下の3点が挙げられます。

  • インターネット環境
  • パソコン・スマートフォン・タブレットなどのデバイス
  • 金融機関の口座

暗号資産(仮想通貨)の取引はインターネット上で行われるため、インターネット環境やスマートフォンなどのデバイスは必須です。

多くの暗号資産(仮想通貨)取引所で、専用アプリが用意されているため、スマートフォンから手軽にアクセスできます。

また暗号資産(仮想通貨)取引所の口座へ入金するためには、銀行などの金融機関の口座を用意しておく必要があります。

2. 暗号資産(仮想通貨)取引所に口座を開設する


準備が整ったら、暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を開設しましょう。

口座は公式サイトやアプリなどから、氏名・住所・電話番号などの個人情報を入力し、本人確認書類や顔写真をアップロードすることで開設できます。

本人確認には一定期間かかるので、早めに済ましておくとスムーズです。

ちなみに暗号資産(仮想通貨)取引所によって扱っている暗号資産(仮想通貨)の種類や数は異なるので、興味のある暗号資産(仮想通貨)の取り扱いがあるか、事前に確認しておきましょう。

また取引所は数多くありますが、全ての暗号資産(仮想通貨)が網羅されているわけではないので、気になる銘柄が複数ある場合は、複数の取引所で口座開設することもあります。

基本的に口座の開設や維持に費用はかからないので、もし複数の取引所で口座を開設しても、金銭的な負担にはなりません。

ただし口座開設には、成人(18歳以上)であることや日本在住であることなど、独自に定める口座開設基準をクリアする必要がある点には注意が必要です。

3.開設した口座に日本円を入金する


審査を通過して口座が開設されたら、日本円を入金しましょう。

入金はブラウザもしくはアプリから行え、銀行振込やコンビニ入金などが利用できます。

初めて利用する場合は少額からの入金が基本ですが、取引所によっては入金手数料がかかる場合もあるため、事前に確認して損のないよう注意しましょう。

4. 暗号資産(仮想通貨)を購入・売買する


口座への入金完了が確認できたら、暗号資産(仮想通貨)を購入・売買できるようになります。

やり方は簡単で、気になる暗号資産(仮想通貨)を選んで、入金した日本円と交換します。まずはビットコイン(BTC)のような、メジャーな通貨から始めるのがおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の売買には、暗号資産(仮想通貨)取引所が公表している手数料がかかる以外にも、場合によってはスプレッドと呼ばれる売値と買値の差額が発生することもあります。スプレッドの開きが広いほど取引するユーザーには不利になります。

こうした手数料、スプレッドは取引所ごとに異なるので、なるべく手数料が少なく、スプレッドが狭い取引所を選ぶのがおすすめです。

5.出金する


暗号資産(仮想通貨)投資で利益が出たら、日本円として出金することが可能です。

暗号資産(仮想通貨)は電子マネーのように決済に使用することは基本的にできないので、お買い物するためには出金する必要があります。

出金には手数料が発生することもあるので、こまめに出金するよりは、まとめて出金するのがお得です。

損がないように、手数料の有無や金額を確認しておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)で利益を得る方法

暗号資産(仮想通貨)で利益を得る方法

暗号資産(仮想通貨)で利益を得る方法はシンプルで、安いときに購入して、高いときに売ることで儲けが発生します。

株取引と同じ要領となっているので、既に株式投資を経験している方であれば、わかりやすい方式です。

また取引所によって暗号資産(仮想通貨)の値段が少しずつ異なるので、安い取引所で購入して、高く売れる取引所で売却する「アービトラージ」という、取引所間の価格差で稼ぐ方法もあります。

ただ暗号資産(仮想通貨)は価値の変動が激しく、株やFXなど数ある金融商品の中でも、特に値動きが大きいのが特徴です。

価値の変動が激しいということは、短期間で大きなリターンを得られる可能性があるということですが、一方で大きな損失を被るリスクもあるといえます。

特に初心者は少額から投資をしたり、しっかりと勉強してから挑戦したりと、堅実な運用が必要となります。

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際のポイント

暗号資産(仮想通貨)での投資を始めるには、どの暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶかが大切。取引所によって手数料や使いやすさなどが異なるので、継続的に投資しやすいところを選ぶ必要があります。

とはいえ、初心者には違いがわかりにくいので、取引所の選び方のポイントを4つ解説します。これから口座を開設される方は、ぜひ参考にしてみてください。

セキュリティの高さを最優先する


セキュリティの高さを最優先して、安心して取引できるところを選びましょう。

暗号資産(仮想通貨)はオンライン上で取引されるため、ハッキングによる流出の危険性は常につきまといます。過去に何件も事件が報告されているので、今後も絶対にないとは言い切れません。

万全のセキュリティ体制を整えている取引所を選ぶのは、最優先したいポイントです。

例えばコインチェックは、過去に流出事件が起きたこともあることから、セキュリティを重視しており、以下のような対策が行われています。

  • 預り金は経営資金とは完全に分離して管理
  • SMS・デバイスによる2段階認証
  • SSL暗号化通信でデータの盗み見防止

経営資金と預り金が分離されていることで、不正使用はもちろん経営破綻が起きた場合でも、投資家の資金は守られます。

悩んだ場合は、コールドウォレットを採用している取引所がおすすめ。コールドウォレットは、オフラインで暗号資産(仮想通貨)を管理するため、ハッキングによる流出を防ぐのに有効な方法の一つです。

取引所ごとにさまざまな施策が行われているので、どのような対策が講じられているか確認することが大切です。

アプリが見やすいか確認する


アプリが見やすいかどうかも、重要なポイントです。

暗号資産(仮想通貨)は価値の変動が激しく、常に値上がり・値下がりが発生しています。こまめにチェックする必要があるので、手軽に見られるスマートフォンアプリとの相性は抜群です。

アプリの使い勝手が悪かったり、見にくかったりすれば、大きなストレスとなるばかりか、誤操作により損失を生んでしまうことも考えられます。

継続的に暗号資産(仮想通貨)を運用するためには、アプリの見やすさ・使いやすさが重要なので、口座開設の前に、アプリを触ってみるのがおすすめです。

手数料が安い取引所を選ぶ


少しでも、手数料が安い取引所を選びましょう。

暗号資産(仮想通貨)は入金手数料や出金手数料、送金手数料、スプレッドなど、さまざまな手数料がかかります。

たとえ数百円レベルの差であっても、長期的に取引していけば大きな差となります。

事前にどのくらい手数料がかかるのか比較して、少しでも安い取引所を選びましょう。

暗号資産(仮想通貨の)サポート体制を確認する

サポート体制の有無を確認する


サポート体制の有無は、初心者にとって大きなポイントなので、必ずチェックしましょう。

取引所によっては24時間サポートを行っていたり、電話で対応してくれたりと、サポート体制が充実している場合もあります。

特に初めて暗号資産(仮想通貨)に挑戦する方は、口座開設から取引開始、出金など、各タイミングで疑問・不明が生じるでしょう。

サポート体制の充実度を比較して、不安をすぐに解消できる取引所を選ぶことが大切です。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所

暗号資産(仮想通貨)取引所は数多くあるので、特に初心者の方は、どこの取引所を利用すべきかわからず困ってしまうでしょう。

一つひとつ比較するのも大変なので、おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所を紹介します。

取引所ごとの特徴を解説するので、口座の開設を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

bitFlyer

bitFlyerは、ビットコイン(BTC)取引6年連続ナンバー1(※1)を獲得しており、大手企業やメガバンクも出資していることから、信頼性の高い国内屈指の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

bitflyer

ビットコイン(BTC)をはじめとした21種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、いずれの銘柄も 1円から取引がスタートできるので、少額から投資したい初心者でも利用しやすい取引所となっています。

また下記のような、他社では見られないようなサービスがあるのも魅力です。

  • 決済金額に応じてビットコインがキャッシュバックされる「bitFlyerクレカ」
  • Tポイントをビットコインへ交換できるサービス
  • ビックカメラの店頭・オンラインショップでビットコインを利用できる
  • 友達を招待すると、招待者・友達双方がビットコインをもらえるサービス

各種サービスをうまく活用すれば、自己資金を抑えながら暗号資産(仮想通貨)に挑戦できるので、初心者でも気軽に投資を始めやすくなっています。

取引銘柄数21種類
取引手数料無料
入金手数料住信SBIネット銀行(クイック入金):無料
住信SBIネット銀行以外(クイック入金):330円
(銀行振込手数料は必要)
出金手数料220円~770円
セキュリティSSL化、SHA-2(SHA-256)、ファイア・ウォール、アカウントロック、2段階認証、自動タイムアウト、コールドウォレット、顧客資産との分散管理など
サポート体制日本語音声窓口(平日9時30分〜17時30分)
チャットサポートお問い合わせフォーム

※1出典:bitFlyer 「bitFlyer」.https://bitflyer.com/ja-jp/, (2023年4月1日) ※2出典:bitFlyer 「手数料一覧・税」.https://bitflyer.com/ja-jp/s/commission, (2023年4月1日).

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、26種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、DMMグループの暗号資産(仮想通貨)取引所です。

DMM Bitcoin

手数料の大半が無料となっているので、入出金時などに手数料を気にせず利用できるのが、うれしいポイントです。

また下記のような、特徴が魅力です。

  • レバレッジ取引と呼ばれる、少ない資金で大きな取引を行える方法に特化しており、ハイリスクハイリターンな取引も行えます。
  • 取引スタイルごとに2つのモードを選べるスマートフォンアプリが使いやすく、シンプルな取引画面を表示してくれるSTモードは、初心者でも扱いやすくなっています。
  • またサポート体制が充実しており、LINEもしくはお問い合わせフォームから、365日いつでも対応してもらうことが可能です。

わからないこと・不安なことがあれば、すぐに問い合わせできるので、初めてでも取引しやすくなっています。

取引銘柄数26種類
取引手数料無料 ※BitMatch取引手数料を除く、レバレッジ手数料0.04%
入金手数料無料
出金手数料無料
セキュリティ顧客資産との分別、コールドウォレット、2段階認証、生体認証、不正アクセスの監視、マルチシグ対応、SSL化
サポート体制365日対応(LINE&お問い合わせフォーム)

Coincheck

Coincheckは、国内ナンバー1のアプリダウンロード数を誇る取引所で、見やすいシンプルな取引画面になっているのが特徴です。 ※1

Coincheck

暗号資産(仮想通貨)に慣れていない初心者でも、直感的に操作できるように工夫されています。ダウンロードして、手触りを確かめてみましょう。

わからないこと・不安なことがあれば、すぐに問い合わせできるので、初めてでも取引しやすくなっています。暗号資産(仮想通貨)に慣れていない初心者でも、直感的に操作できるように工夫されています。ダウンロードして、手触りを確かめてみましょう。

取引手数料は無料なものの、出金には手数料がかかるため、一度にまとめて出金するなど、コストを抑える工夫が必要です。

また、下記のようなサービスも用意されており、うまく活用できれば効率よく資産運用できるのも魅力です。

  • Coincheckつみたて:一定期間、決まった金額の暗号資産を自動で積み立ててくれる
  • Coincheckでんき:電気料金の支払いにビットコインが使える・貰える
  • Coincheckガス:ガス料金の支払いにビットコインが使える・貰える

光熱費と暗号資産(仮想通貨)を結びつけられるので、毎日の生活も投資の一部となります。

取引銘柄数19種類
取引手数料無料
入金手数料銀行振込無料 ※銀行への振込手数料は必要 コンビニ入金・クイック入金:770円~1,018円 ※50万円以上の入金は、入金金額×0.11%+495円
出金手数料407円
暗号資産取引の注意点

暗号資産(仮想通貨)を始める際の注意点

暗号資産(仮想通貨)の取引を始めるにあたって、いくつか注意点を押さえておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)の運用は利益だけでなく、損失も伴うものです。事前に注意点を知っておくことで、リスクを抑えながら運用しましょう。

生活に支障がない範囲で投資する


暗号資産(仮想通貨)に限らず投資を行う際は、生活に支障がない範囲の金額で行いましょう。

株やFXなどと比べても価格の変動が大きいので、暗号資産(仮想通貨)はハイリスク・ハイリターンな投資です。

無理な投資を行うと、大きな損失が出た場合に、生活できなくなるかもしれません。

食費や光熱費など、日常生活に必要な資金は確保しつつ、余剰資金を投資に使うようにしましょう。

また慣れないうちは、少額からスタートして、大きな損失が出ないよう注意するのも大切です。

高額な取引に挑戦するのは、暗号資産(仮想通貨)の運用に慣れてきて、ある程度知識・経験を蓄えてからにしましょう。

よく勉強してから始める


しっかりと勉強して、暗号資産(仮想通貨)について理解を深めてから取引を始めましょう。

暗号資産(仮想通貨)の投資で利益を得るには、相場を予測する分析力が大切。ギャンブルとは違い運では稼げないので、しっかりと知識を付けていく必要があります。

例えば暗号資産(仮想通貨)の取引の種類や、取引所ごとの違い、取引の形式など、まずは基本的な知識から学び、知識を深めていきましょう。

右も左もわからない状態で始めるのはリスキーなので、暗号資産(仮想通貨)の基礎知識は必ず押さえておきましょう。

慌てて売買しない


慌てて買ったり売ったりしないで、落ち着いて運用することが大切です。

暗号資産(仮想通貨)は価値の変動が激しいため、つい「今売らなきゃ」「早く買わないと」と慌ててしまいがちですが、価格が急上昇しても、すぐさま急激に下降することも珍しくありません。

反対に価格が急激に下がっても、慌てて売らずに、落ち着いて冷静に考えましょう。

慌てて売買してしまうと、大きな損失につながる可能性も。常に冷静な対応が求められます。

虚偽の情報に気を付ける


虚偽の情報に振り回されないように、十分気を付けましょう。

暗号資産(仮想通貨)の世界では、価格を思い通りに動かすために、わざと誤情報を流すこともあります。デマやネガティブ・キャンペーンに惑わされないよう、気を付ける必要があります。

暗号資産(仮想通貨)で利益を出すためには情報収集が必要不可欠ですが、情報の真偽を精査することも同じくらい大切です。

特に初心者のうちは真偽の判断が難しいものの、信用できる情報源からの情報なのか、チェックするよう心掛けましょう。

またSNSなどを通じて「代わりに運用してあげる」など、詐欺に騙される可能性もあります。

甘い言葉やデマに惑わされず、信用できる情報か見極めるよう努めましょう。

レバレッジ取引は慣れるまで手を出さない


暗号資産(仮想通貨)の運用に慣れるまでは、レバレッジ取引には手を出さず、現物取引を行うようにしましょう。

レバレッジ取引とは、元手よりも大きな金額を投資できる取引方法のこと。証拠金取引とも呼ばれます。

証拠金を取引所に預けて、これを担保にすることで、実際の資金よりも大きな資金を運用できる仕組みで、レバレッジを2倍にすれば2倍の資金が、4倍にすれば4倍の資金を扱えます。

少額の資金でも大きな利益を狙える取引方法ですが、損失が大きくなってしまう可能性も高いハイリスクな方法です。

場合によっては、大きな借金を抱えることになるかもしれません。

暗号資産(仮想通貨)の運用に慣れるまでは、現物取引と呼ばれる通常の取引に徹するのが賢明です。

運用に不安が残るならプロに任せる


運用に不安が残るなら、プロに任せるのがおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の運用に関する知識は、一朝一夕で得られるものではなく、初心者がいきなり利益を出すのは難しい世界です。損失が出てしまうリスクもあります。

「自分でできる自信がない」と少しでも思われる方は、運用のプロにお任せできる「暗号資産(仮想通貨)レンディング」というサービスを利用してみましょう。

暗号資産(仮想通貨)レンディングとは、暗号資産(仮想通貨)を第三者に貸し付けて、利子や貸借料を得る仕組みです。

一定期間、暗号資産(仮想通貨)を預けるだけで、期間と暗号資産(仮想通貨)の数量に応じた「利息」を受け取れるのが魅力です。運用に知識がいらないのはもちろん、手間もかかりません。

初心者でも気軽に利用でき、一定の利益を出せるサービスです。

しかし万が一レンディングサービス事業者が、破産・倒産した場合、貸し付けた暗号資産(仮想通貨)が返還されないリスクがあることには注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)を自分で運用するのは不安だが、投資に興味はあって始めたいと思っている方は、暗号資産(仮想通貨)レンディングの利用も検討してみてください。

 BitLending ビットレンディング

暗号資産(仮想通貨)の運用が不安ならBitLendingにお任せ

暗号資産(仮想通貨)は価値の変動が大きいため、大きな利益を狙える一方で、大きな損失を被る可能性があります。

少しでもリスクを軽減できるように、しっかりと知識を蓄えた上で、暗号資産(仮想通貨)の運用をスタートするのがおすすめです。

少しずつ暗号資産(仮想通貨)について学びながら、まずは生活に支障が出ない範囲の少額から、運用していきましょう。

とはいえ暗号資産(仮想通貨)の知識を一朝一夕で蓄えるのは難しく、デマや誤情報が出回っているのも事実です。

自分で運用するのが苦手な方や不安な初心者は、より堅実にプロの手で資産を増やせる「BitLending」を利用してみませんか?

BitLendingにお持ちの暗号資産(仮想通貨)を預けることで、年利6%~10%の利益が受け取れます。

途中解約も無料となっているので、お試しでスタートしやすくなっています。興味のある方は、ぜひお気軽にお申し込みください。

ビットコインBTC

ビットコイン

BTC

8%

イーサリアム ETH

イーサリアム

ETH

8%

リップル XPP

リップル

XRP

6%

USテザー USDT

USテザー

USDT

10%

USDコイン USDC

USDコイン

USDC

10%

ダイ DAI

ダイ

DAI

10%