BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

メタマスク(MetaMask)とは?特徴や利便性について徹底解説!

メタマスク(MetaMask)とは?特徴や利便性について徹底解説!

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

仮想通貨(暗号資産)を保有するうえで欠かせない「メタマスク(MetaMask)」についてご存じでしょうか。メタマスクは保有している仮想通貨(暗号資産)を安全かつ便利に管理できるアプリのことです。この記事では、メタマスクについての特徴や利便性、使う上での注意点に至るまで詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

メタマスクとはどんなアプリなのか?

メタマスクのキツネのアイコンとお金が流れる仕組みを説明した様子

図引用元:https://metamask.io/  https://lp.snpit.xyz/

メタマスクの概要

メタマスクとは、仮想通貨(暗号資産)やNFTを安全に管理する財布(ウォレット)代わりとなってくれる便利なアプリです。パソコン・スマートフォンどちらでも使えるようになっており、無料で利用できます。以下のURLからダウンロードしてインストールすれば使うことができます。

https://metamask.io/download/

直感的に操作できるようにアプリが整備されているので、誰でも簡単に使いこなせるようになっています。

メタマスクでできること

メタマスクを使えば、例えば以下のような活用の仕方ができます。

  • 仮想通貨(暗号資産)の購入や送金/受け取りができる
  • ほかの仮想通貨(暗号資産)と両替できる
  • ステーキングができる
  • NFTゲームやNFT購入に使用できる

仮想通貨(暗号資産)の購入や送金/受け取りができる

メタマスクでは、取引所を介さず仮想通貨(暗号資産)を購入することができ、さらにほかの人への仮想通貨(暗号資産)の送付や受け取りもできます。仮想通貨(暗号資産)の購入はクレジットカードやデビットカードを登録して行えます。ただし、取引所と比べて、購入時の手数料が割高となってしまうことには注意が必要です。

ほかの仮想通貨(暗号資産)とスワップできる

メタマスク上で、自分の保有している仮想通貨(暗号資産)をほかの仮想通貨(暗号資産)とスワップ(両替)できます。スワップ先もイーサリアムブロックチェーンを利用している仮想通貨(暗号資産)でさえあれば、すべて対応しているので非常に便利です。

ステーキングやレンディングができる

メタマスクは、ステーキングサービスも提供しており、保有している仮想通貨(暗号資産)を一定期間預けることで増やすことができます。

NFT購入・NFTゲームに利用できる

メタマスクは、保有している仮想通貨(暗号資産)をNFTの購入やNFTゲームに使うことができ、手に入れたNFTもメタマスク上で管理できます。NFTの購入やオークション出品ができるNFTマーケット「OpenSea」や写真を撮影して仮想通貨(暗号資産)を稼ぐことができる「SNPIT」のほか、以下のようなサービスに接続し利用できます。

メタマスクの対応しているNFTサービスの一覧のアイコン

引用元:https://metamask.io/

メタマスクの対応範囲

メタマスクの対応する仮想通貨種類の多さを示すイメージ図

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-z-SJV4ugHU&t=50s

メタマスクが対応している仮想通貨(暗号資産)

メタマスクで取り扱っている仮想通貨(暗号資産)は非常に幅広く、イーサリアムのブロックチェーンを利用する仮想通貨(暗号資産)であれば、すべて取り扱っています。代表的なものをいくつか挙げておきます。

イーサリアムのロゴ イーサリアム(ETH) チェーンリンクのロゴ チェーンリンク(LINK)
テザーのアイコン

テザー(USDT)

シバイヌを表すロゴ シバイヌ(SHIB)
ダイのロゴ ダイ(DAI) 仮想通貨ユニスワップを表すロゴ ユニスワップ(UNI)

アイコン引用元:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/

ただし、最もメジャーな仮想通貨(暗号資産)であるビットコインについては、メタマスクでは対応していないため注意してください。

メタマスクが対応しているブロックチェーン

ブロックチェーンについても、イーサリアムのブロックチェーンだけでなく、取引完了までが速く手数料も安く済むイーサリアムレイヤー2のブロックチェーンも使うことができるので、その時に最も適したブロックチェーンを使い分けることができます。代表的なものをいくつか挙げておきます。

イーサリアムのロゴ Ethereum Polygonのブロックチェーンを表すロゴ Polygon
Avalancheのブロックチェーンを表すロゴ Avalanche Arbirtrumのブロックチェーンを表すロゴ Arbitrum
Optimismのブロックチェーンを表すロゴ Optimism BNB Chainを表すロゴ BNB Chain

アイコン引用元:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/

メタマスクのセキュリティ

南京錠とパスワードのセキュリティのイメージイラスト

引用元:https://learn.metamask.io/overview

メタマスク上で仮想通貨(暗号資産)を管理するうえで最も重要と言っても過言ではない、メタマスクのセキュリティ機能について解説します。メタマスクには以下の優れたセキュリティ機能があります。

  • シードフレーズ・秘密鍵による保護
  • ログインパスワードによる保護
  • 定期的なセキュリティ監査

上に挙げた3点について順番に解説していきます。

シークレットリカバリーフレーズ・秘密鍵による保護

メタマスクにおけるシークレットリカバリーフレーズ・秘密鍵の説明イラスト

引用元:https://dadada.blog/metamask-secret-key/

メタマスクには、シークレットリカバリーフレーズと呼ばれるウォレット全体の復元に必要な12個の英単語からなるパスワードが設定されます。それとは別に仮想通貨(暗号資産)を保管する各アカウントの管理に必要な秘密鍵と呼ばれるパスワードが設定され2重に守られます。これらは、インターネット上から見ることはできず、ユーザーのデバイス上でしか確認できないようになっており、ハッキングなどでパスワードを盗み取られるリスクがほとんどなく安心です。

メタマスクにログインする際のパスワードを忘れてしまったときや、ウォレットを新しいデバイスに移行する際に使うことになるため、忘れないようにしましょう。

ログイン時のパスワード・指紋認証による保護

ブラウザーやアプリからメタマスク上の自分のウォレットにログインするためには、ログインパスワードの入力もしくは指紋認証が必要になります。強固なパスワードや指紋認証を設定しておきましょう。またメタマスクには、一定時間操作がされなければ自動でログインパスワードの再入力が必要になる機能も備わっているのでさらに安心です。

定期的なセキュリティ監査

メタマスクは定期的に専門のセキュリティチームによる監査を受けており、常に最新のセキュリティ環境を維持しています。さらに、メタマスク上の脆弱性を見つけた人には報奨金が出る制度も備えており、セキュリティ向上に向けて余念がありません

メタマスクを使う上での注意点

スマートフォン画面への警告マーク表示写真

これからメタマスクを使い始めようとしている方へ向け、メタマスクを使う上で覚えておかなければならない注意点について解説します。主な注意点としては以下の3つがあります。

  • シークレットリカバリーフレーズや秘密鍵の管理は厳重に
  • 仮想通貨(暗号資産)を取引するときの手数料に注意
  • 見知らぬ仮想通貨(暗号資産)・NFTには触らない

上記3つについて順番に解説していきます。

シークレットリカバリーフレーズや秘密鍵の管理は厳重に

メタマスクのセキュリティとして機能するシークレットリカバリーフレーズや秘密鍵・ログインパスワードを絶対に他人に知られてはいけません。これらさえあれば、皆さんのウォレット内の仮想通貨(暗号資産)やNFTは自由に引き出せてしまうためです。これらを狙って巧妙にダイレクトメッセージや偽のサイトを通じて、情報を盗み取る事例が後を絶ちません。

どんな相手やサイトであっても自分のメタマスクのセキュリティ情報は入力せず、常に自分のウォレットが狙われている自覚をもって厳重に保管しましょう。より安全に保管しておくためにハードウエアウォレットを使用したり、用途ごとにウォレットを複数用意しておくことで盗まれた時のリスクを最小化しておくのもおすすめです。

仮想通貨(暗号資産)を取引するときの手数料に注意

メタマスク上で仮想通貨(暗号資産)の購入や両替などの取引を行う際には必ずガス代(手数料)が発生します。このガス代は取引処理が多い時間帯ほど高くなります。そのため、仮想通貨(暗号資産)を取引する際には、必ず取引手数料がいくらかかるか確認したうえで、手数料が安い時間帯を狙って実施するようにしましょう。取引手数料はメタマスクのアプリ上に以下のように表示されます。

メタマスク上での取引手数料の表示例の写真

引用元:https://matsumoto-inc.co.jp/nft-media/metamask/

見知らぬ仮想通貨(暗号資産)・NFTには触らない

メタマスクに保管されている仮想通貨(暗号資産)やNFTは、セキュリティ機能により勝手に引き出されないように守られていますが、他人のメタマスク内に仮想通貨(暗号資産)やNFTを送り付けることは自由にできるようになっています。この方法を悪用し、他人のメタマスク内に悪質な仮想通貨(暗号資産)やNFTを送り付け、それをユーザーに受け取らせることで情報を抜き取る事例が発生しています。くれぐれも自分のウォレット内の見知らぬ仮想通貨(暗号資産)やNFTには触らないようにしましょう。

メタマスクをもっと賢く使う方法

メタマスクを使って仮想通貨(暗号資産)を管理し始めたら、レンディングで利用して効率的に運用することをオススメします。メタマスク上に仮想通貨(暗号資産)をただ寝かせておくよりも、Bitlendingを利用して貸し出すことで、今なら以下の利率で利息を受け取りながら賢く増やすことができます。ぜひ以下のページからチェックしてください。

Bitlendingにおける各種仮想通貨の貸借料一覧

LP

まとめ

メタマスクのスマートフォンアプリのイメージ

引用元:https://play.google.com/store/apps/details?id=io.metamask&referrer=utm_source%3Dmetamask.io

今回の記事ではメタマスクとはどんなアプリなのか、またメタマスクの優秀なセキュリティ機能と使う上での注意点について順番に解説しました。メタマスクは、皆さんの仮想通貨(暗号資産)を安全に、利用しやすく管理するためのアプリです。このアプリを使うことで、仮想通貨(暗号資産)の購入や両替、NFT取引に至るまで実施でき非常に便利です

皆さんの保有資産を守るために、秘密鍵・パスワードによる保護や常時最新のセキュリティ状態を保つ体制が整っているのも魅力です。一方で、パスワード情報を盗み取ろうとする悪質な事例が後を絶たないため、自分の資産を守るためにウォレットを用途別に分けたり、ハードウエアウォレットを活用しより安全に活用するようにしましょう。