BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

  • HOME
  • >
  • 教えて暗号資産
  • >
  • 仮想通貨(暗号資産)フレア(FLR)を紹介!FLRの買い方や儲け方について解説
仮想通貨(暗号資産)フレア(FLR)を紹介!FLRの買い方や儲け方について解説

仮想通貨(暗号資産)フレア(FLR)を紹介!FLRの買い方や儲け方について解説

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

「フレア(FLR)」は2020年12月にローンチされた、新しい仮想通貨(暗号資産)です。

「フレア(FLR)」はブロックチェーン「Flare Network」の基軸となる通貨で、2023年1月にエアドロップしたことで話題になりました。

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」の発行枚数は1,000億枚とする発行制限を設けています。仮想通貨(暗号資産)の発行枚数に制限がないと、仮想通貨(暗号資産)市場に多く出回り、市場価格が下降することになります。

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」は、発行制限を儲けることで、市場価格の下降を防ぎ、安定した価格を目指しています。

仮想通貨(暗号資産)のFLRとは?

flareのアイコンと仮想通貨のコイン

「フレア(FLR)」はブロックチェーン「Flare Network」の基軸となる通貨で、異なるプロックチェーンの相互運用を実現させるための仮想通貨(暗号資産)です。

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」は、「Flare Network」上で運用するためのネイティブトークンです。

「Flare Network」は、仮想通貨(暗号資産)「リップル(Ripple)」のブロックチェーンシステムの概念とルールに従って開発された仮想通貨(暗号資産)です。

また、「フレア(FLR)」は市場価格の安定を目指した仮想通貨(暗号資産)で、市場での流通枚数が過剰にならないように発行制限を設定しています。

前章で紹介しましたが、市場で発行量が過剰に至ると、市場価値が下降する可能性があります。「フレア(FLR)」の発行枚数を1,000億枚と制限を設けて、価格の安定を目指しています。

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」のコンセンサスアルゴリズムは「Federated Byzantine Agreement」で、高度な分散性と高速トランザクション処理が特徴のプラットフォームです。

ネイティブトークンとは?

ネイティブトークンとは、当該のブロックチェーン独自のトークンです。特定のブロックチェーンで運用することを目的として仮想通貨(暗号資産)です。

今回のブロックチェーン「Flare Network」のネイティブトークンは「フレア(FLR)」になります。他には、「ビットコイン(Bitcoin)」のブロックチェーンのネイティブトークンは「BTC」、「イーサリアム(Ethereum)のネイティブトークンは「ETH」になります。

仮想通貨(暗号資産)のフレア(FLR)の特徴

青く光るチェーン

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」の特徴を紹介します。フレア(FLR)の購入を検討している方は、特徴を参考にして運用を検討してみてください。

異なるブロックチェーンの相互運用を目指している

「ビットコイン(Bitcoin)「リップル(Ripple)」などのブロックチェーンは、他のブロックチェーンと相互運用性を有さないことが多くありますが、相互運用ができるよう目指しています。

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」の開発目的は「すべてをつなぐ」で、異なるブロックチェーンとの相互運用性を実現化させることです。

現在、市場投入されている仮想通貨(暗号資産)は異なるブロックチェーン同士は非互換で相互運用性がありませんでした。異なる仮想通貨を交換するためには仮想通貨(暗号資産)取引所を仲介しています。

暗号資産(仮想通貨「フレア(FLR)」は、異なるブロックチェーンをつなぎ、トークン・情報を交流させることを目指しています。

EVMが搭載されている

ブロックチェーン「Flare Network」に「EVM」が搭載されているので、「イーサリアム(Ethereum)」のDApps(分散型アプリケーション)を、「Flare Network」に移植することができます。言い換えれば、「Flare Network」とイーサリアムのブロックチェーンの開発環境に互換性があることになります。

「フレア(FLR)」は、イーサリアム(Ethereum)仮想マシン機能(EVM/Ethereum Virtual Machine)が搭載されていますので、イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンシステムの概念とルール(スマートコントラスト)で実行可能です。イーサリアム(Ethereum)で開発したツール・DApps(分散型アプリケーション)を「Flare Networks」で稼働させることができます。

イーサリアム(Ethereum)のDAppsを開発した技術者は「Flare Networks」でDAppsの開発が可能です。

独自のコンセンサスアルゴリズムの採用

「Flare Network」は、独自のコンセンサスアルゴリズムに「Federated Byzantine Agreement(FBA)」を採用しています。FBA(Federated Byzantine Agreement)は、高度な分散性と高速トランザクション処理が特徴のプラットフォームです。

仮想通貨(暗号資産)の取引の承認方法は「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」と「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」が主流です。しかし、「PoW」方式で承認するとき、多くのコンピューターを稼動させるため、多大な電力を消費します。「PoS」方式で承認するとき、承認者が多くの資産を有する(インセンティブ)ことが必要でした。

FBAは上記の制約を要せずに、取引トランザクションの承認が可能になります。トランザクションの処理機能を向上させるために、「フレア(FLR)」は並列処理(アバランチプロトコル)を採用して、稼働コスト・処理速度・承認権限の制約を軽減化させています。

FLRは儲かる仮想通貨(暗号資産)なのか?

投資をするビジネスマン

2024年1月16日に、グーグルクラウドが「フレア(FLR)」のネットワークに参加することになり人気が高まりました。そのため、2024年3月現在、市場価格が上昇傾向です。この時点で投資をすると儲かる可能性があります。

その背景には、2024年1月15日には、ブロックチェーン「Flare Network」の開発プロジェクトが、グーグルクラウドがバリデータ(取引データが正しいかどうか検証する機能)になることを発表したことです。グーグルクラウドが、ネットワークのセキュリティー機能に貢献する方針を示したことで知名度があがりました

「Flare Network」開発プロジェクトは、グーグルクラウドなどのパートナーから、経済的・技術的な支援を受けられるようになり、安定した運用が見込まれるため注目度が増大する可能性もあるといわれています。

また、多くの仮想通貨(暗号資産)取引所に上場していることです。国内の仮想通貨(暗号資産)取引所のなかで、「DMM Bitcoin」「Bitbank」社など8社が、2023年に実施したエアドロップ(指定された条件を満たしたときに無償配賦されるイベント)に対応し、エアドロップ後に暗号資産(仮想通貨「フレア(FLR)」の取り扱いを開始しました。

国内の大手の仮想通貨(暗号資産)取引所が取り扱いを開始することで、他の仮想通貨(暗号資産)取引所が取り扱いをすることで、国内での知名度が上がる可能性があるといわれています。

FLRの買い方

仮想通貨をイメージしたコインとグラフ

DMM Bitcoinでの「フレア(FLR)」の購入方法を紹介します。DMM Bitcoinでの仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」の購入方法を紹介します。「フレア(FLR)」に投資してみたい方は、参考にしてください。

FLRの買い方1:DMM Bitcoinで口座を開設

DMM Bitcoin公式サイト(https://bitcoin.dmm.com/)にアクセスすると、モデルのローラさんがWeb画面に表示されます。画面右上に青いボタン「口座開設」をクリックしましょう。

手順は、第1にメールアドレスを登録します。ここでアカウント作成します。第2に個人情報を登録します。第3に本人確認をおこないます。これで完了です。

FLRの買い方2:開設した口座に購入資金を入金

開設した口座に仮想通貨(暗号資産)の購入資金を入金しましょう。入金方法は日本円の入金方法が2通り、既に他の仮想通貨(暗号資産)取引所で仮想通貨(暗号資産)を預入しているときの仮想通貨(暗号資産)による入金方法があります。

口座へログインする際は、セキュリティー対策強化のため、二段階認証の設定をしましょう。日本円の入金は、「クイック入金」「銀行振込」があります。

クイック入金

  • メニューから「日本円入金(クイック入金)」を選択すると、送金元の金融機関を指定するページに遷移します。
  • 金融機関名と入金額を入力し、「入金手続きを開始する」を選択します。
  • 「金融機関にログインする」を選択し、入金元の金融機関の画面に遷移します。
  • 入金元の入金がすめば、入金手続きが完了します。
  • クイック入金の手数料は無料です。

銀行振込

  • メニューから「日本円入金(銀行振込)」を選択すると、振込先の口座情報が表示されるので振込操作を行います。
  • 振込名義人と、DMM Bitcoinの登録名が非合致のときは、銀行振込が成立しないので、注意しましょう。
  • 出金元の金融機関の振込手数料が発生します。

仮想通貨(暗号資産)の入金方法を紹介

  • メニューから、「BTC入庫」「ETH入庫」「XRP入庫」を選択します。
  • 各通貨の入金先のアドレス(URL・二次元コード)が表示されます。
  • 入金先アドレスを出金元サイト・ウォレットに指定し、入金処理を行います。
  • 仮想通貨(暗号資産)入金の手数料は無料です。

FLRの買い方3:数量を指定して購入

投資資金の入金手続きが完了したら、購入数量を指定します。DMM Bitcoin社から時価で購入する「販売所」と、他のユーザー間で取引する「BitMatch注文」があります。

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」は、どの方法でも購入できますが、「取引所」の購入方法が簡単です。数量入力画面から「買う」をクリックし、数量(枚数)または、円建て購入金額を指定すると取引完了です。

仮想通貨(暗号資産)取引の初心者には、「取引所」から「円建て購入金額」を指定するだけなので、簡単に購入できます。さらに、「円建て購入金額」はワンコイン(500円)から指定できます。

DMM Bitcoin 公式サイト

https://bitlending.jp/crypto-media/dmm-bitcoin/DMMビットコイン|毎月更新|日本の仮想通貨(暗号資産)取引所を徹底分析!|BitLendingbitlending.jp

FLRはどんな人におすすめな仮想通貨(暗号資産)?

flareのアイコン

引用:https://twitter.com/FlareNetworks/status/1417452455227441153

国内の暗号資産(仮想通貨取引所)で取り扱いをしていますので、初心者でも簡単に投資することができます。国内での知名度が上がることで市場価格の上昇が期待できます。

仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」は2023年1月にエアドロップ(条件下での無償配賦)を実施した結果、国内の仮想通貨(暗号資産)取引所大手の「DMM Bitcoin」「bitbank」など8社が取り扱いを開始しました。世界中に6000銘柄の仮想通貨(暗号資産)があるといわれているなかで、国内大手の仮想通貨(暗号資産)取引所が取り扱う銘柄になりました。

そのため、他の国内の仮想通貨(暗号資産)取引所でも取り扱いを開始されると予想されるので、国内の知名度が上昇する可能性があります。

まとめ

積み重なったコイン

2023年1月にエアドロップが実施されたことで、知名度が上がっています。エアドロップの効果で、国内の仮想通貨(暗号資産)取引所が取り扱いを開始しています。

また、エアドロップの恩恵で、2024年1月からグーグルクラウドと「フレア(FLR)」の提携が公式されました。グーグルクラウドが「フレア(FLR)」へ経済的・技術的な支援することで、仮想通貨(暗号資産)市場全体への期待が高くなっています。

グーグルクラウドはブロックチェーン「Flare Network」のネットワークに参加することで実用性を強化していきます。仮想通貨(暗号資産)「フレア(FLR)」はグーグルクラウドとの提携と国内の大手の仮想通貨(暗号資産)取引所が取り扱うことで、知名度を上げていくと予想されます。