BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

NFTと仮想通貨(暗号資産)の関係とは?NFTの将来性や始め方について

NFTと仮想通貨(暗号資産)の関係とは?NFTの将来性や始め方について

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

デジタル世界が急速に進化する中で、NFT(ノンファンジブルトークン)と暗号資産(仮想通貨)が大きな話題を集めています。これらは、アート作品からゲームのアイテム、さらには投資の方法まで、私たちのオンラインでのやり取りを根本から変えています。

この記事では、NFTついて基本から解説し、なぜ注目されているのか、そして、どうやってこの流れに乗れるのかを紹介します。

暗号資産(仮想通貨)とNFTの基本概念

まず、暗号資産(仮想通貨)とNFTの基本的な概念をおさえましょう。

暗号資産(仮想通貨)の定義

暗号資産(仮想通貨)はインターネット上で使われるデジタル通貨で、ブロックチェーン技術によって管理されています。この技術は高いセキュリティと改ざん防止を保証し、ビットコインやイーサリアムなどの有名な暗号資産(仮想通貨)も利用しています。

暗号資産(仮想通貨)はインターネットを介して簡単に送受信でき、オンラインでの取引をより安全かつ効率的にします。

NFTの定義

NFTとは、 Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン) の略で、日本語では「非代替性トークン」と呼ばれます。これは、「改ざんや偽造ができない」という意味を持ち、デジタル上で一点物を証明できる革命的な技術です。

紙幣の場合で考えてみましょう。AさんとBさんがそれぞれ持つ1000円札は、価値が同じであるため互いに交換することが可能です。これは「代替可能」とみなされます。

一方で、有名人のサインが入った特別な本のように、他のものとは異なる独自の価値を持つアイテムは、他のどれとも交換できません。このような唯一無二のアイテムは、代替が不可能であり、その特別性から他に類を見ない価値を持ちます。

NFTは、ゲームや不動産の所有の証明、アートなどさまざまな分野で実用化が進められています。

仮想通貨とNFTの関連性

次に、暗号資産(仮想通貨)とNFTがどのように連携しているかを見ていきましょう。

技術的な結びつき

暗号資産(仮想通貨)とNFTは、ブロックチェーンという同じ土台を共有しており、以下のような特徴があります。

  • 発行数量の限定性

   発行される数量が限定的であるため、希少性を持ちます。

  • データの複製や偽造の難しさ

   ブロックチェーン技術により、データの改ざんや複製を困難にします。

   NFTはデジタルデータに唯一性を持たせることができ、所有権を証明できます。

  • 世界中で利用可能  

   世界中の誰もがサービスの垣根を超えて利用できる点で両者は共通しています。

相互補完性の例

暗号資産(仮想通貨)とNFTの相互補完性は、特にデジタルマーケットプレイスにおいて顕著にみられます。 

消費者は暗号資産(仮想通貨)を使用してNFTを購入し、デジタルアートや限定コレクションなどのアイテムを所有できます。

NFTの取引きが暗号資産(仮想通貨)で行われることで、クリエイターは、直接的な収益を得ることができます。

このようにして、暗号資産(仮想通貨)とNFTは互いに補完し合いながら、デジタル経済の成長と多様化に貢献しています。

項目 暗号資産(仮想通貨) NFT
基盤 ブロックチェーン技術 ブロックチェーン技術
デジタル経済での機能 安全かつ効率的なデジタル通貨の取引を実現 デジタルアイテムの独自性と所有権を証明
利用例 オンラインでの商品やサービスの購入 デジタルアートやコレクションの販売・購入
利点 流動性と決済手段を提供 クリエイターのコンテンツを保護し、価値を守る

NFTを始めるメリット

ここまで、暗号資産(仮想通貨)とNFTの技術的な結びつきと相互補完性について紹介しました。

次に、NFTを始めることのメリットについて解説します。

アート、ゲーム、デジタルコレクティブルにおけるメリット 

NFTにより、アーティストは自分の作品が唯一のものであるということを証明することができ、また、直接的な収益化が可能になりました。

デジタルアートの分野で最も著名な例として、ビープルによる「エブリデイズ:最初の5000日が挙げられます。彼は2021年にその作品を6900万ドル(当時の為替レートで75億)で売却し、NFT市場の潜在力を世界に示しました。

ゲーム業界においても、NFTを使ってゲーム内アイテムの所有権を明確に示すなど、新しい価値を生み出しています。

引用:beeple-first-5000-days

クリエイティブ産業における新たな収益モデル 

NFTは以下のようにクリエイティブ産業で活用されています。

  • ライブチケット×NFT: HYDEのライブツアー

 「HYDE LIVE 2023」で、NFT付きチケットが販売され、ファンには公演日ごとに異なるオリジナルHYDE画像のNFTとライブ参加記念NFTが提供されました。

引用:HYDE LIVE 2023

  • 書籍×NFT

  是枝裕和監督の映画「怪物」のノベライズ版には、NFTデジタル特典が付いた特装版があります。この特典には是枝監督の画コンテや映画の世界観を反映した風景写真が含まれます。

  • 楽曲×NFT

  故坂本龍一氏は、代表的作品の一つ「Merry Christmas Mr. Lawrence」右手メロディー595音を1音ずつデジタル上で分割し、NFT化しました。

引用:Ryuichi Sakamoto NFT

  • アイドル×NFT

暗号資産とWeb3をテーマにしたアジア最大のグローバルカンファレンスでwebX2023で発表されたIDOL3.0プロジェクトは総合プロデューサーに秋元康氏迎え、仮想通貨とNFTを斬新に活用し、アイドル業界と推し活に新たなムーブメントをもたらしています。

IDOL3.0プロジェクトは日本で4例目のIEOとして仮想通貨「NIDT」をローンチし、1万人の応募者の中から公開オーディションを行い11人組のアイドルグループ「WHITE SCORPION」をデビューさせました。

ファンはこの通貨を使って公式グッズの購入や特別イベントへのアクセス、さらには限定コンテンツの入手が可能です。

さらに、独自のNFTコレクションもリリースしており、これによりファンはデジタルコレクタブルとしてアイドルのアートワークを所有することができます。これらのデジタルアセットはファンの間で取引され、新しい形のファンダムとコミュニティ参加を促進しています。

whitescorpion NFTコレクション
WHITE SCORPION |NFTコレクション DISTAアプリ

NFTの将来性

   

NFTが社会に与える影響とその将来性について、三つの観点からみていきましょう。

市場の成長見通し

NFTの市場規模は、2018年から2021年の間に約26.9億ドル(約2900億円)に達し、目覚ましい成長を遂げてきました。

最新の予測によると、現在30億ドルのこの市場は、2027年までには136億ドルへと拡大する見込みです。この予測の背景には、インフルエンサーやゲームコミュニティの関与が増加していることがあります。

しかし、市場の過熱や投機的な動きにも注意が必要で、持続可能な成長には、安定した需要と供給のバランスが重要です。

技術的進歩の影響

ブロックチェーン技術の進化は、NFTの機能性と利便性をさらに高めるでしょう。例えば、トランザクションの速度と効率の向上、ガス代(=手数料)の削減などが挙げられます。これらの進歩によって、多くのユーザーが市場に参入しやすくなるでしょう。

社会への影響

NFTは、アート所有権の証明、クリエイティブコンテンツの収益化、取引きの信頼性向上など、社会に大きな影響を与えます。

NFTの未来は確かに明るいものですが、成長を持続可能にするためには潜在的なリスクや課題への対応が重要です。

NFTの始め方

NFTをはじめるには、事前に準備することがあります。ここでは、NFTの基本的な始め方について紹介します。

ウォレットの設定 

まず、デジタルウォレットの設定をしましょう。デジタルウォレットは、暗号資産(仮想通貨)の保管やNFTの取引に使用します。

人気のウォレットには、MetamaskCoinbase Walletなどがあります。これらのウォレットはブラウザ拡張機能モバイルアプリとして提供されており、簡単に設定できます。設定時には、秘密鍵や回復フレーズを安全な場所に保管しておくことが重要です。

 NFTマーケットプレイスの選び方

次に、NFTを購入、販売するためのマーケットプレイスを選びます。

NFTマーケットプレイスを選ぶ際には、自分の目的や好みに合ったプラットフォームを見つけることが大切です。以下に、マーケットプレイスの紹介をします。

  • OpenSea

  取り扱いNFTの種類が豊富で、使いやすさが魅力。

  さまざまなデジタルアセットを購入、販売が可能。

  • CoincheckNFT

  Coincheckの提供するサービスで、日本語サポートが充実している。

  デジタルアートやトレーディングカードなどが取り扱われている。

各プラットフォームによって、手数料、使いやすさ、取り扱っているNFTの種類など異なる特徴を持っています。

実際に訪れてみて、自分に合った環境を探ることをお勧めします。

 NFTの購入、作成、販売

ウォレットの設定とマーケットプレイスの選定が完了したら、NFTの購入、作成、販売に挑戦しましょう。

購入する際は、気に入ったNFTを選び、その価格を確認し、ウォレットを使って支払いを行います。

自身でNFTを作成する場合は、マーケットプレイスに自身のデジタル作品をアップロードし、販売価格やオークションの設定を行います。販売時には、作品の説明文や価格設定に注意し、魅力的にプレゼンテーションすることが成功の鍵です。

NFTの世界への参入は、これらのステップを踏むことで、誰でも簡単に始めることができます。是非、挑戦してみてください。

NFTを始める上での注意点

最後に、NFTを始める上でいくつかの注意点を解説します。

市場の変動性

NFT市場は、価格が大きく変動することがあります。一夜にして価値が跳ね上がることもあれば、逆に価値が著しく下落することもあります。そのため、投資を検討する際は、自分が失っても良いと思える範囲の金額にとどめ、リスク管理を徹底することが重要です。

 詐欺のリスク

NFT市場の急成長に伴い、詐欺的な取引や不正行為も増加しています。偽のアーティスト名義での販売や、存在しない作品の販売など、さまざまな詐欺が報告されています。これを回避するためには、購入前に作品や販売者の信頼性をしっかりと調査し、可能であれば販売者と直接コミュニケーションを取ることが推奨されます。

技術的な障壁 

NFTには、ブロックチェーン技術やデジタルウォレットの使用など、一定の技術的な知識が必要です。技術的な障壁を感じる場合は、まずは基礎から学び、理解を深めることが大切です。また、セキュリティ対策をしっかりと行い、秘密鍵の管理には特に注意しましょう。安全なウォレットの選択や、二段階認証の設定など、自己防衛のための措置を講じることが重要です。

まとめ

この記事では、暗号資産(仮想通貨)とNFTの関連性、NFTの特徴、そしてNFTの始め方について解説しました。

暗号資産(仮想通貨)はデジタル上の通貨として、NFTは唯一無二の存在を証明するものとして活用されます。

今後、NFTは、アート、ゲーム、クリエイティブ産業にますます影響を与え、私たちの生活に不可欠のものになるでしょう。

さらに深い知識を求める方は、暗号資産(仮想通貨)に関するその他の記事もぜひチェックしてください。