BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

  • HOME
  • >
  • 教えて暗号資産
  • >
  • アバランチ(AVAX)とは?わかりやすく初心者に向けて特徴やメリット・デメリットを詳しく解説!
アバランチ(AVAX)とは?わかりやすく初心者に向けて特徴やメリット・デメリットを詳しく解説!

アバランチ(AVAX)とは?わかりやすく初心者に向けて特徴やメリット・デメリットを詳しく解説!

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

この記事では、アバランチ(AVAX)がどのような技術を持ち、どんなメリットを提供するのか、そして考慮すべきデメリットは何か、なぜ投資家や開発者の間で注目されているのかを初心者向けに解説します。

読み終われば、アバランチ(AVAX)の全体像がクリアになり、仮想通貨(暗号資産)投資の選択肢としての可能性を見極めることができるでしょう。

アバランチ(AVAX)とは?

アバランチ(AVAX)のロゴが入った仮想通貨のコイン

アバランチ(AVAX)は、分散型アプリ開発に特化したブロックチェーンプラットフォームです。2020年9月に始動し、通貨AVAXは決済やネットワーク料金、報酬支払いに使用されています。時価総額ランキング上位であり、ブロックチェーン技術において注目の仮想通貨(暗号資産)です。

このプラットフォームは、X-Chain、C-Chain、P-Chainの3つの異なるブロックチェーンで構成され、X-Chainは資産の作成と交換に、C-Chainはスマートコントラクトの実行に、P-Chainはネットワーク監視とバリデーターの管理に使われています。

アバランチ(AVAX)の価格動向

さまざまな仮想通貨が浮かび上がったデジタルな風景

以下がアバランチ(AVAX)の2020年9月〜2024年3月現在の値動きです。

アバランチ(AVAX)のチャート

(引用:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/avalanche/)

2021年にアバランチ(AVAX)の価格は新型コロナウイルスのパンデミックを受けた各国の緩和策により市場に流れた資金の影響で急上昇しましたが、年末には金融緩和の終了とロシア・ウクライナ紛争の影響で資金が流出し価格が下落しました。

2024年に入り、ビットコインの価格回復がアバランチ(AVAX)にも好影響を与え、とくに3月にネクソンがAva Labsと提携し、メイプルストーリーのブロックチェーン版開発を発表したことで約50%価格上昇しました。これにより、アバランチ(AVAX)は仮想通貨(暗号資産)市場で引き続き注目されています。

アバランチ(AVAX)の特徴・仕組み

歯車のイラスト

高速トランザクション、優れたスケーラビリティとカスタマイズ性、そしてイーサリアムとの高度な相互運用性について解説します。これらの情報をもとに、アバランチ(AVAX)がどのような革新をもたらしているかが理解できるでしょう。

高速トランザクション

アバランチ(AVAX)の魅力の一つに、独自に開発されたアバランチ(AVAX)・コンセンサスアルゴリズムによる高速トランザクション処理能力があります。このアルゴリズムは、従来のビットコインのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)やイーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の長所を活かしつつ、安全性と処理速度を大幅に向上させています。この革新により、アバランチ(AVAX)は低コストでの迅速なトランザクションが可能です。

スケーラビリティとカスタマイズ性

アバランチ(AVAX)は、独自のコンセンサスアルゴリズムと並列ブロックチェーン構造によって、業界トップクラスのスケーラビリティとカスタマイズ性を提供しています。この技術は、1秒間に最大4,500トランザクションを処理する能力を実現し、ビットコインやイーサリアム、さらにはVISAの処理能力を上回るものです。これにより、アバランチ(AVAX)は大規模ネットワークの運用を可能にし、ユーザーにブロックチェーンの自由な設計をもたらすでしょう。

他のブロックチェーンとの相互運用性

アバランチ(AVAX)は、イーサリアムとの高度な相互運用性を持つブロックチェーンです。イーサリアム仮想マシン(EVM)の搭載により、イーサリアムで開発されたdAppを簡単に移行可能です。イーサリアムユーザーはメタマスクウォレットや、イーサリアム基盤のプロジェクトが参加するAvalanche Rushプログラムをアバランチ(AVAX)上でも利用でき、Avalanche Bridgeを通じてERC-20トークンの移動も自由自在です。この柔軟な連携能力により、アバランチ(AVAX)は将来的には他のチェーンとも連携を深め、柔軟な連携を促進するキーロールを果たすでしょう。

アバランチ(AVAX)のメリット

表彰台の上で輝く植木鉢

ユーザー自身で構築できるサブネットの柔軟性、価値安定のためのバーンシステムについて、アバランチ(AVAX)のメリットに焦点を当て、その特徴と将来性を解説します。

サブネットの構築

アバランチ(AVAX)は、ユーザーが自分でオリジナルのブロックチェーンを作成できる特徴を持っています。このサブネット機能により、高速で低コストのトランザクションと、ユーザーの要求に応じた高いカスタマイズ性を実現しています。さらに、サブネット間での資産移動もスムーズに行え、イーサリアムのレイヤー2ソリューションのような資産移動の制限を克服しています。

定期的なバーンシステム

アバランチ(AVAX)はエコシステム内で定期的に仮想通貨(暗号資産)をバーン(焼却)し、供給量を意図的に減らして市場の希少性を高める戦略を取っています。この手法はイーサリアムなどの他プラットフォームでも見られ、仮想通貨(暗号資産)の価値安定に貢献しています。また、このような供給減少は価格上昇をもたらす可能性があるでしょう。

アバランチ(AVAX)のデメリット

山に向かって障害をハードルで表したイラスト

アバランチ(AVAX)が直面する主なデメリットには、市場での激しい競争とネットワーク効果の遅延があります。これらの要因は、短長期的な視点で見ると、これらの課題を乗り越えることでアバランチ(AVAX)のエコシステムはより強固なものになるでしょう。

市場競争が激しい

アバランチ(AVAX)は、イーサリアムやビットコインなど既存の大手ブロックチェーンと市場でシェアを争う激しい競争に直面しています。また、そのほかにも続々と新しい仮想通貨(暗号資産)が出てきています。独自性と革新性を持ちながらも、これらを市場に広く認知させ、他のプラットフォームと差別化することは簡単ではありません。

技術開発とマーケティング戦略の両方をさらに推進し、ユーザーベースの拡大に努めることで、アバランチ(AVAX)は競争の中で生き残り、成長できるでしょう。

ネットワーク効果の遅延

アバランチ(AVAX)は新参のブロックチェーンプラットフォームであり、既存のものと比べて、ネットワーク効果が発展途上にあります。ネットワーク効果とは、プラットフォームのユーザー数が増えるほど価値が高まる現象です。

この効果を最大化するために、より多くの開発者とユーザーの支持を集め、エコシステムを拡大する必要があります。この遅延は短期的にはデメリットとなりうる一方で、継続的な開発とコミュニティのサポートがあれば、長期的には大きな成長を遂げる可能性も秘めています

アバランチ(AVAX)の将来性

中心に光が集まっていくイラスト

大企業との連携、イーサリアムキラーとしての位置づけについて、アバランチ(AVAX)が市場でどのように注目されているか、市場での将来性を紹介します。

多くの大企業との連携

アバランチ(AVAX)は、NFTゲームを含む約100のプロジェクトで採用されているなど、多数の大企業やプロジェクトと連携を深めています。とくに目を引くのは、開発元であるAva Labsがアマゾンウェブサービス(AWS)と手を組んだことです。

この提携は、アバランチ(AVAX)の価格を大きく押し上げました。また、国内のソーシャルゲーム大手グリーとの戦略的パートナーシップや、中国のアリババグループのAlibaba Cloudによる支持も、アバランチ(AVAX)の将来性を大いに示しています。これらの動きはアバランチ(AVAX)の価値を高め、今後も投資家や開発者からの注目を集めるでしょう。

イーサリアムキラー

アバランチ(AVAX)は、イーサリアムの高手数料と処理速度の遅さという課題を解決することが期待されており、その高速な処理能力と低手数料により、イーサリアムキラーとしての名声を得ています

今後、より多くのプロジェクトがアバランチ(AVAX)プラットフォームを採用することで、イーサリアムの市場を脅かす可能性を持っています。アバランチ(AVAX)の進化は、ブロックチェーン技術の将来において重要な役割を果たすことが予想されるでしょう。

アバランチ(AVAX)に関するFAQ

クエッションをイメージしたイラスト

このFAQでは、アバランチ(AVAX)の発行上限、どこでアバランチ(AVAX)を購入できるか、そしてアバランチ(AVAX)上でどんなアプリケーションが開発できるかについて解説しています。

アバランチ(AVAX)の発行上限は?

最大供給量は7.2億枚に設定されています。現在、このうち2.8億枚、つまり全供給量の約39%が市場に流通している状態です。さらに、供給量を意図的に減らす仕組みを導入しています。これにより、今後、流通している通貨量がさらに減少し、希少性が高まることでしょう。

アバランチ(AVAX)はどこで買える?

SVI VCトレードCoincheckDMM Bitcoinなどの国内の取引所で購入できます。各取引所についての詳細は以下の記事を参考にしてください。

https://bitlending.jp/crypto-media/sbi-vc-trade/

https://bitlending.jp/crypto-media/coincheck/

https://bitlending.jp/crypto-media/dmm-bitcoin/

仮想通貨(暗号資産)を購入するためには、まず取引所の公式サイトで口座を開設します。手順としては、メールアドレスの登録、基本情報の入力、本人確認書類の提出が必要です。審査を通過すれば、口座開設が完了し、取引が開始できます。

次に、取引所に日本円を入金し、その資金を使ってアバランチ(AVAX)を購入します。アバランチ(AVAX)の購入には、現物取引とレバレッジ取引がありますが、初心者には現物取引の利用が推奨されます。

アバランチ(AVAX)でどのようなアプリケーションが開発できる?

アバランチ(AVAX)のプラットフォームは、分散型金融(DeFi)や非代替トークン(NFT)マーケットプレイス、ゲーム、ソーシャルネットワーク、分散型取引所(DEX)など、さまざまなアプリケーションの開発に適しています。高速で低コストのトランザクション処理能力を生かし、ユーザーエクスペリエンスが重視されるアプリケーション開発に最適です。

まとめ

太陽の光がビル群に降り注ぐイラスト

この記事では、アバランチ(AVAX)の基本的な情報から、その独自性や提供するメリット・デメリット、その将来性について初心者向けに詳しく解説しています。とくにアバランチ(AVAX)の核となる高速トランザクションと独自のコンセンサスアルゴリズムは、他のブロックチェーン技術と比較してもその競争力とカスタマイズ性の高さを際立たせています

アバランチ(AVAX)のように魅力的な機能を持つ仮想通貨(暗号資産)は他にも存在します。そして、投資前にはそれぞれの特性をよく理解することが重要です。さまざまな仮想通貨(暗号資産)についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も参照してみてください。

https://bitlending.jp/crypto-media/recommend-coins/

また、イーサリアムやビットコインに関する記事はこちらも参考にしてみください。

https://bitlending.jp/crypto-media/about-eth/

https://bitlending.jp/crypto-media/about-btc/