BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
ビットレンディングをはじめる

ステーブルコインの運用をお考えの方に
Stablecoins Investing Guide

USDT USDC DAI KinkaCoin

ステーブルコイン投資に注目が集まる理由

ステーブルコイン投資に注目が集まる理由
Reasons Why Stablecoin Investments Are Gaining Attention

ステーブルコインは、仮想通貨(暗号資産)市場でますます注目を集めています。その理由の一つとして、従来の仮想通貨は価格の変動が激しいため、投資家にとってリスクが高いとされていました。しかし、ステーブルコインは法定通貨や金などの安定資産に価値を連動させることで、その価値を安定させる仕組みを持っています。

数ある仮想通貨(暗号資産)の中でもビットコイン・イーサリアムに次いで時価総額ランキングの3位は米ドルと価格が連動するステーブルコインのUSDTです。そして6位のUSDCも同じく米ドルと連動するステーブルコインです。活用の幅は今後ますます広がってくると思われます

安定資産に価値が連動するステーブルコインを活用することで、投資家は価格変動のリスクを軽減することができます。さらに、ステーブルコインはアービトラージ(裁定取引)や他の運用手法を活用することで、高利率での運用も可能となります。これにより、投資家は価値の安定を享受しながらも、魅力的なリターンを期待することが可能となります。

アービトラージ取引

ステーブルコイン投資が注目される3つの理由

  • アービトラージによる価格安定化
  • 高利率での安定運用
  • 専門の金融機関による運用

それぞれ確認していきましょう。

1. アービトラージによる価格安定化

ステーブルコインの価格安定の背景には、アービトラージがあります。アービトラージとは日本語で「裁定取引」と呼ばれ、異なる市場間での価格差を利用して利益を得る手法です。ステーブルコインが異なる取引所で取引される場合、価格にわずかな差異が生じることがあります。トレーダーなどはこの価格差を利用して安く買い、高く売ることで利益を得る一方、価格の安定化を図ります。これにより、ステーブルコインの価格は法定通貨やコモディティに対して安定したペッグ(連動)を維持することができます。

2. 高利率での安定運用

ステーブルコインの魅力の一つは、価格が安定している上で高利率での運用が可能である点です。アービトラージや他の運用手法を活用することで、法定通貨やコモディティを原資産として価値がペッグされているステーブルコインは、通貨価値の安定性を保ちながらも高い運用利回りを出すことができます。これにより、投資家は比較的低リスクで高いリターンを期待することができます。ただし、高利率での運用にはリスクも伴うため、注意が必要です。

3. 専門の金融機関による運用

アービトラージを専門とする金融機関が、ステーブルコインの価格安定と高利率運用を実現しています。これらの機関は、価格の歪みを迅速に察知し、適切なタイミングで取引を行うことで、ステーブルコインの価格を安定させつつ利益を上げています。結果として、投資家はこれらの専門機関を通じて、比較的安定して高い運用利回りを享受することができます。

ビットレンディングをはじめる
ビットレンディングをはじめる ビットレンディングで取り扱っているステーブルコイン

BitLendingで取り扱っているステーブルコイン
List of Available Stablecoins

ステーブルコインは、法定通貨やコモディティと価値を連動させることで安定的な価値を保ちつつ、アービトラージや他の運用手法を活用することで比較的高利率での運用が可能です。このような仕組みにより、ステーブルコインは仮想通貨市場において比較的低リスクかつ高リターンな投資対象銘柄となっています。

BitLendingにステーブルコインをレンディングすることで、以下の貸借料(利息)で運用することが可能です。

USテザー USDT

USテザー

USDT

10%

USDコイン USDC

USDコイン

USDC

10%

ダイ DAI

ダイ

DAI

10%

キンカゴールド xnk

キンカゴールド

XNK

4.5%

USテザー USDT

USDT

 [テザー|Tether]
  • 現在価格:157.95円
  • 時価総額ランキング:第3位
  • 時価総額:約17.7 兆円

USDT(テザー)とは、香港を拠点とするTether Limited社が2015年に発行を開始した世界初のステーブルコインで、イーサリアムベースの仮想通貨(ERC-20)です。米ドルと価値連動するUSDTは、「1USDT = 1ドル」を維持するように設計されています。時価総額はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次いで第3位と、注目度が高い最も活用されているステーブルコインです。

USDコイン USDC

USDC

 [USDコイン]
  • 現在価格:158.00円
  • 時価総額ランキング:第6位
  • 時価総額:約5.1 兆円

USDC(USDコイン)とは、Circle社が発行・運営しているステーブルコインです。USDTと同様に米ドルと連動するイーサリアムベース(ERC-20)の通貨です。特徴としては、ニューヨーク州からBitLicenseと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)事業の許可書を得ています。さらに原資産については大手会計事務所グラントソントン・インターナショナルの監査を受け、資産保有証明書を公開しているため、非常に信頼性が高いステーブルコインであるといえます。

ダイ DAI

DAI

 [ダイ]
  • 現在価格:157.82円
  • 時価総額ランキング:第24位
  • 時価総額:約8293 億円

DAIは、2014年に設立されたイーサリアムチェーンベースのDAO(自律分散型組織)「Makerプロトコル」にて発行される米ドルに連動したステーブルコインで、日本の取引所に上場している数少ないステーブルコインです。DAIでは、仮想通貨を担保にすることで価格の安定を保っています。具体的には、借り入れる金額以上の仮想通貨を担保として預け入れる仕組みを取り入れています。この仕組みにより、担保とする資産の価値が減っても、DAIの価格を安定させることが可能となっています。

キンカゴールド XNK

XNK

 [キンカゴールド]
  • 現在価格:368,304円

2024年6月10日より取扱い開始

XNK(キンカゴールド)は金の価格と連動し、交換最低量に制限はあるものの、金といつでも交換可能なステーブルコインです。その価値の裏付けとなっているのは、厚いコンクリート壁や防弾ガラスなどで物理的に強固な保護が施され、厳重に警備されたルーミス・インターナショナルの高セキュリティ倉庫に保管されている金地金です。1XNKは1トロイオンスの金地金に相当し、金価格に1:1で連動しています。

ビットレンディングをはじめる
BitLending XNK取扱い開始

BitLendingではXNK(キンカゴールド)の新規取扱いを開始いたしました

金地金とペッグしたキンカゴールドをレンディングすることの革新性

ゴールド(金)は歴史的に価値の保存手段として評価されてきましたが、配当や利子を生まないため、直接運用益を生むことがないというデメリットがあります。しかし、金地金とペッグしたキンカゴールドをレンディングすることで、このデメリットを克服することが可能です。

  • 運用益の創出: キンカゴールドをレンディングすることで、貸借料(利息)をキンカゴールドで受け取ることができます。これにより、ゴールドの保有だけでは得られない運用益を生み出すことができます。
  • 持続的な収益源: ゴールドの価格変動に関わらず、レンディングによって定期的な収益を得ることが可能です。これにより、ゴールド投資のメリットを享受しつつ、持続的な収益源を確保することができます。
  • デジタル資産の利便性: キンカゴールドはブロックチェーン技術を活用したデジタル資産であり、取引や保管が容易です。また、スマートコントラクトによって透明性と信頼性が確保されます。

金地金とペッグしたキンカゴールドをレンディングすることで、伝統的なゴールド投資のメリットに加え、定期的な貸借料という形で運用益を得ることが可能となります。これにより、ゴールド投資の収益性が向上し、投資家にとって非常に魅力的な革新的商品となることでしょう。

[貸借料率:4.50%]

キンカゴールド XNK

XNK|キンカゴールド Kinka Gold

金地金に連動するステーブルコイン

XNK(キンカゴールド)は、金の価格に連動し、金といつでも交換可能なステーブルコインです。1XNKは1トロイオンス(約31.1035グラム)の金地金に相当し、金価格と1:1で連動します。

イーサリアムERC-20トークン

イーサリアムのERC-20規格に準拠し、DeFiやWeb3プロジェクトと高い互換性を持っており、高機能で拡張性を備えています。

発行を管理するスマートコントラクトは、ブロックチェーン監査のパイオニアである「CertiK」の監査を受けており、高いセキュリティ性能を持ち、コンプライアンス要件も業界標準に準拠しています。

裏付けとなる金地金は東証プライム上場企業の第一商品株式会社が提供

XNK(キンカゴールド)は、第一商品株式会社の子会社であるKinka(BVI)Ltd.によって発行されています。第一商品株式会社は1981年以来、日本の投資家に金地金の販売と資産管理サービスを提供してきており、豊富な取り扱い実績とともに金現物市場において確固たる地位を確立しています。

第一商品株式会社は1996年に東京証券取引所に上場し、現在は東京証券取引所スタンダード市場に上場している金取引に強みを持つ国内有数の金融サービス企業です。

XNK(キンカゴールド)を裏付ける金地金の品質は第一商品株式会社によって担保され、英国ロンドン貴金属市場協会(LBMA)のグッド・デリバリー・スタンダードを満たしています。

MEXC

MEXC

XNK(キンカゴールド)は2024年3月にはCoinW、4月にはグローバルで革新的な仮想通貨取引所MEXCに上場しました。

MEXCの特徴

MEXCは、その高い取扱高、ユーザーフレンドリーな特徴、強力なセキュリティ対策などにより、国際的に高く評価されています。新しい仮想通貨の上場や多様な取引オプション、高度なトレーディングツールを提供することで、幅広いユーザー層に対応しています。今後も成長を続けると期待されるMEXCは、仮想通貨取引所として非常に有望なプラットフォームと言えるでしょう。

MEXCの取扱高は非常に高く、日々の取引量は数十億ドルに達することも珍しくありません。これにより、MEXCは世界でもトップクラスの仮想通貨取引所の一つとして位置づけられています。取引ペアの数も豊富で、主流の仮想通貨から新興のトークンまで幅広く取り扱っています。さらに、現物取引だけでなく、先物取引やマージン取引など多様な取引オプションを提供しており、トレーダーのニーズに応えています。

※MEXCは、日本の金融庁から暗号資産交換業者として認可されている取引所ではありません(2024年6月現在)。
※当記事はXNK(キンカゴールド)を取り扱っている取引所の一例としてMEXCを紹介しているものであり、同取引所の利用を推奨するものではありません。

金投資について再確認

  • インフレーションヘッジ: ゴールドは通貨の価値が下がるインフレーション時でも価値を保つ傾向があります。紙幣の価値が下がっても、ゴールドの価値は比較的安定しているため、インフレーションに対する防衛策となります。
  • 安全資産: 経済的不安や政治的な混乱時にゴールドは「安全資産」として評価されます。投資家がリスクの高い市場から資金を移動させるため、ゴールドの需要が増加し、価格が上昇するケースが多々見受けられます。
  • ポートフォリオの分散: ゴールドは株式や債券と異なる動きをするため、投資ポートフォリオの分散効果を高めることができます。これにより、全体的なリスクを低減することが可能です。
  • 流動性: ゴールドは世界中で取引されており、比較的簡単に売買ができます。そのため、必要なときに現金化しやすい資産です。
ビットレンディングをはじめる