BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

ビットコイン(BTC) 、イーサリアム(ETH)買うならどっち?

ビットコイン(BTC) 、イーサリアム(ETH)買うならどっち?

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

ビットコインとイーサリアムのどちらを買うか検討しているなら、両方とも購入するのが理想的です。

仮想通貨(暗号資産)投資では、リスク対策として分散投資が基本のルールといえます。

まずはビットコインとイーサリアムの特徴や違いを知り、正しい投資を始めましょう。

ビットコインとイーサリアムを買うならどっちが良いのか?

コインケースに入った仮想通貨のコイン

ビットコインとイーサリアムを買うならどっちが良いのか?と考えているのであれば、いずれかの一つに絞って購入する必要はありません。

仮想通貨(暗号資産)投資を行う場合は、リスク分散としてビットコインとイーサリアムの両方を購入しておくことをおすすめします。

ビットコインとイーサリアムどっちも買うのが理想的

仮想通貨(暗号資産)を長期保有して投資を行う場合は、ビットコインとイーサリアムのどっちも買うのが理想的です。

仮想通貨(暗号資産)には、ボラティリティが大きいという特性があります。ボラティリティとは、価格変動の度合いを示すもので、大きければ大きいほど相場で価格の急騰と急落を繰り返します。

どちらか一つに絞って集中投資をすると、急激な価格下落が起きた場合の損失に耐え切れず、資産を失うケースも少なくありません。

ビットコインとイーサリアムの両方を購入し、リスクに備える手法として分散投資が理想的であるといえます。

ビットコインを購入するメリット

ビットコインを購入する最大のメリットは、発行上限枚数が2,100万枚に定められていることで希少性が高く価値があるという点です。

資産価格は需要と供給のバランスによって決まり、供給量が限定されるビットコインは価格が上昇しやすいため、投資対象として見たときの価値が高いといえます。

ビットコインの時価総額が常にトップに位置づけしている点からも、資産価値の安定性や人気ぶりがわかります。

ビットコインを法定通貨として利用している国もあり、決済手段として活用できる実用性の高さも魅力の一つです。

イーサリアムを購入するメリット

イーサリアムを購入するメリットは、NFTやブロックチェーンゲーム、メタバースなどのWeb3.0サービスの形成に役立つことから、将来的に高い需要が見込まれている点です。

イーサリアムは本来、開発用のプラットフォームをメインとした仮想通貨(暗号資産)であり、ビットコインとは役割に違いがあります。

アプリケーションプログラムの実行やブロックチェーン上へ情報を記録する機能を持つため、汎用性が高いシステムとして期待されている仮想通貨(暗号資産)の一つです。

ビットコインとイーサリアムの違いを知ろう

2つの仮想通貨のコインとキラキラ輝く光

ビットコインとイーサリアムの違いを、項目ごとに比較してみましょう。

通貨名 ビットコイン イーサリアム
ティッカーシンボル BTC ETH
考案者 サトシ・ナカモト ヴィタリック・ブテリン
発行年月 2009年1月 2015年7月
発行上限枚数 2,100万枚 制限なし
時価総額ランキング 1位 2位
コンセンサスアルゴリズム PoW(Proof of Work) PoS(Proof of Stake)
ブロック生成時間 約10分 約15秒
主な用途

・決算用通貨

・価値の保存媒体

・開発用プラットフォーム

・スマートコントラクト

コンセンサスアルゴリズムとは、取引内容を一つのブロックにまとめて暗号化し、ブロックチェーン上でつなげていく仕組みを指します。

例えば、ビットコインはPoW(Proof of Work)を用いて、およそ10分間でブロックをつなげる作業が行われるということです。

次の章では、それぞれの特徴を具体的に見ていきましょう。

ビットコイン3つの特徴

新聞紙の上に置かれた数枚のコイン

ビットコインの3つの特徴は、以下のとおりです。

  • 2009年に考案者のサトシ・ナカモトによってリリース
  • 通貨としての機能性に特化している
  • 発行上限枚数は2,100万枚

特徴ごとに詳しく解説します。

2009年に考案者のサトシ・ナカモトによってリリース

ビットコインは2009年にサトシ・ナカモト氏による考案のもと開発された、世界で最初の仮想通貨(暗号資産)です。ビットコインのシステムが基盤となり、イーサリアムを含む他の仮想通貨(暗号資産)が作られています。

しかし、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモト氏の正体はわかっておらず、特定する証拠もほとんどありません。サトシ・ナカモトはグループであるとの見解もあり、世界中ではさまざまな憶測が飛び交っています。

通貨としての機能に特化している

ビットコインは決済手段や資産価値などの役割を持ち、通貨としての機能性に特化しています。金融商品のゴールドと似た性質があり、有限で希少性が高いことからデジタルゴールドと呼ばれている点も特徴の一つです。

一部の国では、既に法定通貨として使われているため、さらなる普及が期待されています。

発行上限枚数は2,100万枚

ビットコインの発行上限枚数は2,100万枚と決まっています。仮想通貨(暗号資産)の発行枚数とは、市場に流通する通貨量を意味します。

2024年4月現在では、90%以上のビットコインがすでに発行されていて、2033年ごろには99%まで発行される見込みです。

発行枚数に上限が設定された理由は、資産としての希少性を保つためであり、供給量が減ることで将来的な価格上昇を予期しています。

イーサリアム3つの特徴

テーブル上に並ぶ二枚のコインと積み上げられたコイン

イーサリアムの3つの特徴は、以下のとおりです。

  • 2015年に考案者のヴィタリック・ブテリンによってリリース
  • プラットフォームとして利用できる
  • 発行上限枚数の制限がない

それぞれの特徴を詳しくご紹介します。

2015年に考案者のヴィタリック・ブテリンによってリリース

イーサリアムは2015年に起業家兼プログラマーであるヴィタリック・ブテリン氏によって開発された仮想通貨(暗号資産)です。

ブテリン氏は、わずか19歳でイーサリアムを生みだしたことから、業界でも影響力のある人物として存在感を放っています。

イーサリアムを開発した狙いはビットコインに足りないものを埋めるためであり、イーサリアムの課題と向き合いながらシステムの改良へ取り組んでいます。

プラットフォームとして利用できる

イーサリアムは、ブロックチェーン上のアプリケーションやプログラムを稼働するためのプラットフォームとして利用ができます。

イーサリアムのネットワークを通して情報の記録や管理、取引の実行ができることにより、企業間の契約やサービスの売買に役立つシステムとして期待されています。

通貨価値としてだけでなく、Web3.0サービスで活用できる仮想通貨(暗号資産)としてビットコインとの違いを明確にする特徴の一つです。

発行上限枚数の制限がない

イーサリアムは発行上限枚数の制限がない仮想通貨(暗号資産)です。マイニングを行うごとに新規のコインが発行されるため、安定した供給が見込まれています。

発行上限が設定されていないことから、バーンと呼ばれる流通枚数を減らす機能を取り入れて、供給量を調整します。

バーンによって枚数が減少することでイーサリアムの資産価値を保ち、価格が上昇する仕組みが成り立っているのです。

ビットコインの将来性と期待

青い背景をバックにランダムに浮かんだコイン

ビットコインの将来性と今後が期待される重要なポイントを押さえておきましょう。

  • ビットコインETFの承認で知名度がアップ
  • 半減期の影響による価格高騰への期待
  • 決済手段としての普及で価値が上がる

ビットコインはアメリカで現物ETFが承認されたため、投資家の参入や資金の流入が増加すると予想されています。

半減期による供給量の減少や、世界各国で決済手段としての普及が進めば、より価格の高騰が期待できるでしょう。

イーサリアムの将来性と期待

世界地図をバックに浮かび上がるコインのマーク

イーサリアムの将来性と今後に期待ができる重要なポイントは、以下のとおりです。

  • イーサリアムETFの承認への期待
  • EEA(イーサリアム企業連合)からのサポート
  • NFT市場の拡大による需要の増加

ビットコインと同様に、イーサリアムの現物ETFが承認される見込みがあり注目を集めています。

EEA(イーサリアム企業連合)と呼ばれる組織では、イーサリアムを企業向けに開発するための活動があり、世界的な企業が多く参加しています。

NFT市場の拡大に欠かせない点でも、イーサリアムの技術は世界中から高く評価されているのです。

ビットコインとイーサリアムに関するよくある質問

ギターの上に乱雑に置かれた複数のコイン

ビットコインとイーサリアムに関するよくある質問をまとめています。

ビットコインとイーサリアムの買い時は?

ビットコインとイーサリアムの買い時は、価格が暴落したタイミングや仮想通貨(暗号資産)に関する良いニュースが報道されたタイミングを狙うのが良いでしょう。

チャートの確認や関連する情報を毎日チェックして、状況を見極めながら購入を決めることが重要です。

ビットコインとイーサリアムを買うと税金がかかる?

ビットコインやイーサリアムを含む仮想通貨(暗号資産)は、購入するだけでは税金はかかりません

原則として、保有している仮想通貨(暗号資産)を売却した場合や他の通貨に交換したタイミングで課税対象となります。

年間に発生した収益額によって確定申告が必要になるケースもあるため、取引の際は十分注意しましょう。

イーサリアムはビットコインを超える日が来る?

イーサリアムは今後の発展次第では、ビットコインを超える日が来ると予測される意見もしばしば見受けられます。

イーサリアムに注目が集まる理由は、大幅なアップグレードを控えている点や現物ETFの承認が期待される点から、さらに需要が拡大する可能性を秘めているためです。

ビットコインとあわせて動向を注視するべき仮想通貨(暗号資産)といえるでしょう。

まとめ

緑をバックに集まった輝くコイン

仮想通貨(暗号資産)投資をするなら、ビットコインとイーサリアムは両方購入するのが理想的です。

どちらか一つに集中するのではなく、分散投資でリスク抑えることが望ましいといえます。

いずれも将来性が期待できる仮想通貨(暗号資産)であるため、まずは少額での購入を始めてみるとよいでしょう。