BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
教えて暗号資産|暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプルに」お届けします。

教えて暗号資産  

暗号資産を理解して活用するための情報をできるだけ「わかりやすくシンプル」にお届けします。暗号資産を一から学びたいという方や、はじめて暗号資産を取り扱うという方などに活用いただけるように暗号資産学習の基礎編を網羅した内容になっています。

ビットコインの世界を覗く:リスクと戦うための知識

ビットコインの世界を覗く:リスクと戦うための知識

ビットコインの取引は、多くの投資家にとって魅力的な選択肢ですが、同時にリスクも伴います。価格が急激に変動することや、セキュリティに関する心配など、投資家が気を付けるべき点があります。この記事では、ビットコイン取引に関するリスクについて説明し、それらに対処する方法を紹介します。

ビットコインって何?初めての方にわかりやすく解説

最近テレビのニュースなどでよく耳にするビットコインについて、どのようなものかご存じでしょうか?

ビットコインは主にインターネット上での取引に使用されます。普段、現金やクレジットカードなどで買い物をするように、ビットコインを使って商品やサービスの支払いができます。

ビットコインの特徴の1つは、中央銀行や政府のような中央機関が存在しないことです。これにより中央機関が故障したり攻撃されたりしても、システム全体が継続して運行できます。

ビットコイン取引の中で起こりうるリスク

たしかに、ビットコインは一般的に安全性が高いと見なされますが、その一方でさまざまなリスクが存在します。まず、価格の大幅な変動が挙げられます。ビットコイン市場は非常に不安定であり、価格が急激に変動します。これにより、投資家や取引参加者は市場の変動によって大きな利益を得ることができる一方で、急激な価格下落によって損失を被る可能性もあります。

さらに、セキュリティ上の懸念も重要です。ビットコインを保管するウォレットや取引所がハッキングされたり、詐欺の被害に遭ったりするリスクが存在します。

また、特定の国でのビットコインの規制が厳しくなる可能性や、新たな法律が導入されることによってビットコインの使用や取引が制限される可能性があります。

これらの要因を踏まえると、ビットコインを取引または投資する際には、慎重なリスク管理が不可欠です。投資家はリスクを十分に理解し、適切な対策を講じた上でビットコイン市場に参加しましょう。

価格の急激な変動

(引用 : https://www.coindeskjapan.com/price/bitcoin)

ビットコイン市場は非常に流動性が高く、需要と供給の変化や市場のニュースに敏感に反応します。そのため、数時間や数日で価格が大幅に上下します。

上記画像は2024年1月1日から2024年3月1日までのグラフです。2024年3月時点では、1月と比較してビットコインの価値が大幅に上昇しているかもしれません。しかし、数週間後には価格が減少する可能性もあります。ビットコイン市場は非常に不安定であり、価格の変動が激しいため、投資や取引を行う際には注意が必要です。

セキュリティリスク

ビットコインはインターネット上で扱われるため、セキュリティリスクの問題が必然的に発生します。ビットコインを保管するためには、オンラインウォレットやハードウェアウォレットなど、複数の種類のウォレットが利用されます。

オンラインウォレットはインターネット上にあり、便利さやアクセスの容易さが特徴です。しかし、オンライン上にデータが保存されているため、ハッキングや不正アクセスのリスクが存在します。セキュリティ対策が不十分な場合、ウォレットの資産が盗まれる可能性があります。

一方、ハードウェアウォレットは物理的なデバイスであり、ビットコインの秘密鍵が保存されます。このため、オンラインウォレットよりもセキュリティが高いとされています。しかし、ハードウェアウォレットは紛失や盗難、破損のリスクがあります。デバイス自体が失われたり、壊れたりすると、保管されているビットコインにアクセスできなくなる可能性があります。

ビットコインを保管する際には、利用目的やセキュリティに対するリスク許容度に応じて適切なウォレットを選択しましょう。また、ウォレットを安全に管理するためのベストプラクティスやセキュリティ対策を実施することも重要です。

規制リスク

ビットコインは現在さまざまな国で取り扱われており、国ごとに異なる法律や規制が存在します。

 

(引用 : Countries Where Bitcoin is Banned or Legal in 2024 (cryptonews.com))

上記の画像ではビットコインを合法にしている国と違法にしている国を表した画像です。一部の国ではビットコインが合法的な支払い手段として認められていますが、他の国では規制が厳しく、ビットコインの使用が禁止されている場合もあります。

国際的な取引やビットコインを用いた事業活動を行う際には、地域ごとの法的要件や規制を事前に確認し、遵守が重要です。法律の変更や規制の明確化に伴い、ビットコインに関する法的な状況は常に変化しているため、注意深い対応が求められます。

過去にビットコイン関係で起きた事件

ビットコインが誕生してから十数年が経ちましたが、その間にはさまざまな出来事が起こりました。ここでは、特に注目される二つの事件を紹介し、ビットコインにどのような影響を与えたのかを紹介します。

マウントゴックス事件

マウントゴックス事件は、2014年に発覚したビットコイン取引所マウントゴックスの破綻事件です。マウントゴックスは、世界最大のビットコイン取引所として知られていましたが、2014年2月に約8億ドル相当のビットコインが不正に盗まれたことが明らかになり、同社は破綻しました。

事件の原因の一部として、システムにおけるセキュリティの脆弱性が指摘されました。また、不正行為や経営の不正に関与した疑惑もありました。

この事件以降、ビットコイン取引やサービス提供業者は、セキュリティの強化、透明性と信頼性の確保、規制とコンプライアンスへの適合を重視するようになりました。これにより、ビットコイン市場全体の信頼性と安定性が向上し、ユーザーの保護が確保されるようになりました。

ビットフィニックス事件

ビットフィニックス事件は、2016年に発生したビットコイン取引所のハッキング事件です。ビットフィニックスは、かつて世界最大のビットコイン取引所の一つであり、多くのビットコイン取引が行われていました。しかし、2016年8月、同社はハッキングにより約12万ビットコインが盗まれたことを発表しました。

結果ビットフィニックス事件は、ビットコイン取引所のセキュリティの脆弱性を浮き彫りにし、取引所の顧客に対する信頼を損ないました。

ビットフィニックス事件の後、ビットコイン取引所や関連サービスプロバイダーは、セキュリティ対策を強化し、サーバーの防御力を向上させました。これには、二要素認証マルチシグネチャーウォレットの導入などにより対策を行いました。

ビットコイン取引でのリスクを最小化するためには

ここまでビットコイン取引におけるリスクや事件について説明しましたが、我々には何ができるでしょうか?リスクを完全に排除できませんが、最小限に抑えることは可能です。ここではリスクを最小化する方法を2つ紹介します。

情報収集とリサーチ

ビットコイン市場の動向やトレンドを把握するためには、価格チャート市場分析ツールを積極的に活用しましょう。過去の価格変動や取引量の推移などを分析し、市場の動向を理解することで今後の市場遷移を予測できる可能性があります。

また、メディアやオンラインコミュニティに参加し、情報収集を行うことが有益です。ただし、コミュニティにある情報がすべて正しいとは限らないため、情報の信頼性を確認しましょう

さらに異なる国との取引を行うケースもあります。その場合、取引相手の国の法規制やルールを遵守して取引を行っているかを確認する必要があります。必ず取引相手の国のルールを確認し、法的な規制を遵守するよう努めましょう。

レンディング利用し運用を行う

レンディング(Lending)は、ビットコインを貸し出し、その対価として利息を受け取る取引のことを指します。

レンディングプラットフォームは、この資金を必要とするユーザーに貸し出し、貸し出されたものに対して利息を支払います。 ビットコインを保有しているが直接取引を行わないユーザーや、短期間の間保有するだけでなく、その資産を活用して利益を得たいと考えているユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。レンディングを利用することで、ビットコインを保有することによる収益を最大化できます。

自分で取引を行うのが怖い方にレンディングがおすすめ

自分で取引を行うのが怖いという方や取引の経験がない初心者の方には、レンディングを利用するのをおすすめします。レンディングを利用すれば、面倒な取引手続きを自分で行う必要もなく、ビットコインを預けるだけで取引を自動で行ってくれるので手間をかけずに済みます。

レンディングを行う企業は多数ありますが、その中でもおすすめする企業が「BitLending」です。

BitLendingでは途中解約手数料が無料のため、運用の手間もなく初心者の方でも気軽に始めることができます。また、ほかの企業と比較しても年利が高いという点があります。一般的な金利が約1%程度である中、BitLendingは約10%の金利を提供しているため、他社と比較してリターンが高いと言えます。

また、セキュリティとマネジメントに対して力を入れており、多要素認証送金アドレスリスト登録など、複合的な要素による認証を行い、不正利用やハッキングによるリスクを軽減する取り組みを行っています。

まとめ

本記事ではビットコインを取り扱う上でのリスクについて紹介しました。取引を行うという段階でどうしてもリスクはついてきます。しかし、どのようなリスクがあり、どう対応すればよいかという知識を身につけておけば、それが「怖い」ものから「魅力的」なものへと変化します。

しかし、さまざまなリスクある点や知識があっても経験がない場合は、最初の一歩を踏み出すことは容易ではありません。そのような方は、先述しましたレンディングを活用して取引を行うという手段もありますので、ぜひ活用してみてください。