BitLending|最高利率10% 預けて増やす暗号資産レンディング
暗号資産市場は堅調な地合い|ビットコイン予測 今週のポイント2023.10/2 – 8

暗号資産市場は堅調な地合い|ビットコイン予測 今週のポイント2023.10/2 – 8

株式会社J-CAMはWebX2024のプラチナスポンサーです。

今週のビットコイン市場のポイント
2023.10/2 〜 8

暗号資産積立ポートフォリオについて


毎月一度、10万円分の暗号資産を購入し積み立てていきます。

購入する銘柄は「ビットコイン」と「イーサリアム」、そして米ドルペッグ通貨である「ダイ」の中から選択します。積立ポートフォリオはマーケットの動向に対して最適となるよう銘柄の構成比を調整していきます。


暗号資産ポートフォリオの変更

今週のポートフォリオの変更はありません。



先週のビットコイン市場の振り返り

先週の暗号資産市場は、週初小安い状況から始まりましたが、BTCの26,000ドルをはじめとして下値を固め、週末に向けて堅調な地合いとなりました。

米国株式市場は、インフレを意識し上値の重い状況でしたが、暗号資産運用企業であるValkyrie Investmentsが提供する「ETHの先物に投資するETF」をSECが28日に承認したことを受けて、暗号資産市場ではETHが急伸したほか、BTCが27,000ドルを付けるなどとなりました。

今週末は米国雇用統計

今週の注目の経済イベント

先週、米国金融関係者のトップ2人から今後の高金利に関する発言が相次ぎました。 具体的には、JPモルガンのダイモンCEOが「最悪のシナリオなら政策金利は7%台まで達する可能性がある。」とし、ブラックロックのフィンクCEOは「地政学的な変化はかなりの構造的なインフレ圧力になる。現在4.5%台の米国10年債利回りは5%台になる。」とコメントしています。

こうした発言もあり、米国株式市場の上値は重くなりましたが、今週米国では、週前半に景気動向を占う指標発表があり、週末に雇用統計があります。11月のFOMCへ影響があるデータ発表の週となりそうです。

今週のビットコイン・暗号資産マーケットの見通し

米国株式市場は引き続き上値の重い展開が続くと思われますが、暗号資産市場は下値も固まりつつあり、材料への反応も良くなってきていますので、徐々に上値へのトライが見られるようになるかもしれません。